対戦相手ごとの考察、対処法


シモン・ムーラン


最初だけあって弱い。初期デッキでもテキトーにカードを出すだけで、まず負けないだろう。

たまに、融合で攻撃力2000前後のモンスターを作り出すことがあるが
手札内での融合はしてこないので、フィールド上にモンスターを溜まらせないようにしておけば大丈夫である。

アンズ


おそらく すべてのデュエリストの中で最弱
モンスターの強さは最高で「ラーバモス」の500、ほとんど融合してこないので負けるほうが難しいレベル。

村人1&村人2&村人3

カードの強さはアンズと変わらない
攻撃力2200の「地雷蜘蛛」を出してくる  もしかするとセトより強いかもしれない
基本的に村人2と大差ないが、極稀に融合で「双頭の雷龍」を出してくる

ジョーノ


強さはアンズに近い、村人2に勝てたらまず負けないだろう。
たまに攻撃力1000以上のモンスターを出してくるので注意。

セト


このあたりから、融合で攻撃力1500以上の中級モンスターを生み出せないと厳しくなってくる。
たまに攻撃力2300の「暗黒騎士ガイア」を使用してくるので注意。

ヘイシーン


「メテオ・ブラック・ドラゴン」「完全究極態・グレート・モス」「ブラック・デーモンズ・ドラゴン」といった
攻撃力3000を超える最強クラスのモンスターを最大で3種類も使用してくる。
(1度のデュエルで3種類とも、下手すると各1~2体ずつ使用することもあれば、1体も出てこないこともある。)

COMには元々の攻撃力が3000以上のモンスターは、どんな状況でも攻撃表示でステイしてくる性質があり、恐らくそれを初めてお目にかかるのがこのヘイシーン戦。
ヘイシーン1戦目の場合、裏側攻撃表示ステイは、「火星」はメテオブラック、「木星」は完全究極態、「月」はブラックデーモンズで確定となる。
これは守備力に関しても同じであり、直接攻撃できる状況で攻撃してこない裏側の「月」は「ウォール・シャドウ」で確定。
元々の攻撃力が基準なので、フィールドや強化魔法でステータスがアップまたはダウンしていても同じように行動する。

本筋では「闇」でのデュエルなので、上記の3体に加え「コスモクィーン」「ゼラ」「スカルビショップ」「デビルゾア」も攻撃力3000を超えてくる。
他にも「トライホーンドラゴン」「双頭の雷龍」「千年原人」「グレートモス」「竜騎士ガイア」「雷魔神-サンガ」などの攻撃力2600超えが大量に襲ってくる。

魔法・罠カードも「サンダーボルト」「巨大化」「万能地雷グレイモヤ」などの超強力カードが目白押し。
さらに、こちらが裏側でも、攻撃して勝てないモンスターには絶対攻撃してこない透視能力まで身につけている。
(ペガサス、ヘイシーン1・2戦目、セト3戦目、カード魔神と真の姿がこの性質を持っている)

融合で「双頭の雷龍」を作り出し、海や強化カードで2段階強化できれば初期デッキでも倒せないこともないが
仮に奇跡を起こして倒せたとしても、主人公が負けるまで無限に戦うことになる。
すなわち 強制敗北イベント である。


かなりの強敵だが、剛SAで取れる強力モンスター、柔SAで取れる強力魔法・罠カード共に、そのほとんどはこのヘイシーン1戦目からゲットできる。
特に剛SAでもらえるモンスターには、メテオブラック、双頭の雷龍、スカルビショップ、デビルゾア、三魔神、ブラックマジシャン、迷宮の魔戦車
暗黒騎士ガイア、ランチャースパイダー、ハーピィズペット竜、封印されしエクゾディアなどレアカードのほとんどが揃っている。
草原神官兵やペガサス(瀬人、石津)とのデュエルで十分デッキが強化できたら、ヘイシーンとのデュエルに勤しもう。


ダイナソー竜崎


デッキのモンスターの単体攻撃力は「ワイルド・ラプター」の1500が最高で、他はほとんどがが攻撃力1000前後。
「荒野」「体温の上昇」を使用し、原作通りの恐竜族デッキと思いきや恐竜族はそんなに使用していこない。
それどころか「荒野」によって強化されない種族のモンスターが大半を占める。

しかし、頻繁に2~4体の融合召喚を行い、攻撃力1800~2300のモンスターを次々出してくる侮れない相手。
「紅葉鳥」「牛鬼」「密林の黒竜王」「フレイム・ケルベロス」「砂の魔女」など、様々な融合が可能なデッキ構築になっている。
さらに「双頭の雷龍」もしっかり融合召喚できるようになっており、運が悪いと1ターン目からいきなり「双頭の雷龍」を融合によって出されてしまうことも。

インセクター羽蛾


注意すべきカードは攻撃力2200の「地雷蜘蛛」と守備力2000の「進化の繭」。
「森」や「火器付インセクトアーマー」「レーザーキャノンアーマー」といった強化魔法も使用してくるため
これらによって「地雷蜘蛛」が攻撃力3000を超えてくると、無強化の双頭の雷龍では対処できなくなってしまう。

他にはこれといった強力なモンスターは存在せず、単体の主力は攻撃力1000~1500前後。
竜崎と同様に融合も多用してくるが、雷族をほとんど使わないため竜崎ほど強力なモンスターを融合で出してくることは少ない。
それでも「転職の魔鏡」+悪魔族で「デーモンの召喚」や、獣族+天使族で「森」補正を受けられる「ガルヴァス」などを出してくるので油断できない。

孔雀舞


攻撃力2300以上を出せるなら高確率で勝てるだろうが

たまに、守備力2500の「ハーピィズペット竜」や「ハーピィレディ三姉妹」を強化して攻撃力2400にしてくるので注意。

バンデット・キース


機械族を中心としたデッキ
ここから、攻撃力2000以上をいつでも出せることがほぼ必須になってくる

たまに攻撃力2600の「デビルゾア」や デビルゾアをメタル化で強化して攻撃力3000の「メタル・デビルゾア」を使ってくる。
また「双頭の雷龍」を頻繁に融合召喚してくるパターンにあたることもあるので要注意。

シャーディー


この後戦う石津ナオミと同じ「海」デッキを使用するが、石津に比べればかなりぬるい構築。
キースより明らかに弱いのでまず負けることはないだろう。

闇獏良


攻撃力は「ダーク・エルフ」の2000が最大だが、守備力3000 「千年の盾」「迷宮壁-ラビリンス・ウォール-」を出してくる。
「双頭の雷龍」の守護星を「月」にしておかないと、上記の2匹を突破するのに2段階強化しなければならないので注意。

下手すると、この守備力を突破できなくなり山札がなくなり敗北ということも・・・

ペガサス・J・クロフォード


攻撃力2300の「デビル・ボックス」が鬼門で、「シャイン・キャッスル」で強化されるとかなり厄介。
しかも「サンダー・ボルト」を最大で3枚も使ってくるので攻撃力2200以上を常に出せるようにしておこう。

たまに攻撃力3500の「メテオ・ブラック・ドラゴン」を出してくる。

石津ナオミ


GBの前作では隠しキャラクターだった。ちなみに、首にあるのは「千年タウク」ではなく「千年ネックレス」

フィールドを「海」に変えられると攻撃力2000以上のモンスターばかりを出してくるので双頭の雷龍デッキでないとキツくなる。
たまに攻撃力3200の「ブラック・デーモンズ・ドラゴン」や攻撃力2800の「双頭の雷龍」を出してくる。
「六芒星の呪縛」「光の護封剣」なども使い、不純物こそ多いが「海」デッキとしての強さは海神官兵を遥かに凌ぐ。

海馬瀬人


注意すべきは海馬の代名詞でもある「青眼の白龍」。
ただ強化カードを使ってこないので「双頭の雷龍」を1段階強化して攻撃力3300にすれば問題ない。

しかし「ウィルスカード」「ブラック・ホール」「闇の呪縛」「光の護封剣」などの魔法カードを使ってくるので油断は禁物。
そのほか「ラビリンス・ウォール」や「千年の盾」を初手から出してくる可能性が高い。

極稀に「青眼の白龍」がフィールドに3枚集まると「究極竜の儀式」を使用して「青眼の究極竜」を召喚する。


神官兵


ただの雑魚。瀬人やペガサスに勝てるならまず負けないだろう。

アンズ:2戦目&ジョーノ:2戦目

使用するカードや枚数は毎回ランダムではあるが、このゲームに収録されている天使族モンスターをあますところなく投入した天使族デッキ(出てくるモンスターの守護星はほぼ太陽)を使用する。
1戦目よりも格段に強くなってはいるが、最高攻撃力は、当時の天使族最強モンスターである「逆転の女神」「ヴァルキリー」「戦いの神 オリオン」の1800止まり。
天使族ではないモンスターも少しだけ使用するが、それらは「ワイト」「異国の剣士」「ゾーンイーター」など、融合素材としても役立つかどうか怪しい最弱カードばかり。
もはやそこまでする必要があるかすら怪しいが、フィールドを天使族が軒並み弱体化する「闇」にするか、太陽に強い守護星が水星のモンスターで戦えば楽々勝てるだろう。
天使族は女性モンスターが多いので、頻繁に「ヴァルキリー」を融合召喚するほか、「ウィング・エッグ・エルフ」から「ダークエルフ」や「ホーリーエルフ」を融合召喚することもある。
また強化魔法として、「悪魔のくちづけ」「天使のトランペット」「銀の弓矢」がランダムで何枚か投入されている。
そしてアンズのデッキの最大の謎は、フィールドで強化されない天使族デッキであるにも関わらず、何故か6種のフィールド魔法が毎回ランダムで何枚も投入されている点である。
苦手な「闇」を打ち消す目的での投入ならまだしも、酷い時は自らフィールドを「闇」に変えるというでたらめなプレイングを披露してくれる。
「真紅眼の黒竜」が最強カード。強化はしてこないので「双頭の雷龍」を出せるならまず負けないだろう



海神官兵&大神官セクメトン

フィールドが最初から海になっている。
「海」で強化される3つの種族、水族・魚族・海竜族と、強化対象外の爬虫類族で構成されたデッキで、単体で使用するモンスターの攻撃力は2100が最大である。
それらの種族以外で使用するモンスターは、「要塞クジラ」の儀式召喚に必要な「サイボーグ・バス」(「海」で弱体化してしまう)のみである。
単体では海補正で攻撃力2600の「轟きの大海蛇」と「黒き人食い鮫」が最高攻撃力だが、海竜族+雷族で「双頭の雷龍」を比較的よく出してくる。
海竜族は種類数が少ないので、山神官兵ほどの頻度ではないが、両方の素材になれる「サンダー・ドラゴン」がデッキに入っているので油断は禁物。
他にも、海竜族+亀で「海の竜王」などを出してくるが、いずれにしてもこちらも「双頭の雷龍」を出して1段階強化すれば勝ったも同然である。
「タートル・バード」「岩石カメッター」以外の主力は全て「海王星」と「冥王星」なので、「双頭の雷龍」と「ラビリンスウォール」が思いっきり突き刺さる。
魔法カードに関しても、全ての神官兵が共通して使う「光の護封剣」と、特定種族抹殺カードの「永遠の渇水」のみである。
海神官兵が使わなかった「海」対応のモンスターでは、高い攻撃力を持つ「クラブ・タートル」「水魔神-スーガ」「アクア・ドラゴン」を新たに使用してくる。
海補正で強化された攻撃力3050の「クラブ・タートル」が単独最強カードで、メテオ・ブラック・ドラゴン(無強化・火星)さえも無強化で倒してしまう。
強化魔法も「ポセイドンの力」「ブラック・ペンダント」「ドラゴンの秘宝」などを使用し、「サンダーボルト」や「ハーピィの羽根帚」といった強力な魔法も使うので侮れない。
しかし海神官兵に比べると海非対応の不純物が多く、「ブラック・マジシャン」「風魔神-ヒューガ」など魔法使い系や、戦士族・天使族、海で弱体化してしまう機械族もかなりデッキに入っている。
またフィールドが海なので、こちらも「双頭の雷龍」を冥王星で1体でも出せれば、たとえ単独最強の「クラブ・タートル」を1強化されても勝てるので楽勝と言える。
ただし、相手も海竜族+雷族や「サンダー・ドラゴン」「地を這うドラゴン」などを素材に「双頭の雷龍」を融合で出してくる上に、強化魔法をつけてくることがあるので、そこだけは注意しよう。
なお「ラビリンスウォール」「千年の盾」も使うので、1強化「クラブ・タートル」は怖いが、「双頭の雷龍」は無闇に冥王星に出さずに月で出しておけばこの2体も海補正で無強化で突破できる。

砂漠神官兵&大神官マアティス

フィールドが最初から荒野になっている。
「荒野」で強化される3つの種族、アンデット族・岩石族・恐竜族で構成されたデッキで、単体で使用するモンスターの攻撃力は2200が最大である。
それらの種族以外で使用するモンスターは、「スカルライダー」の儀式召喚に必要な「コカローチ・ナイト」と「ゴキボール」と間違えたのか何故か「コロガーシ」を使用する。
荒野補正で攻撃力2700の「ブラキオレイドス」「金色の魔象」を使用し、「砂の魔女」「ラビリンスウォール」も使うので主力単体のパワーは神官兵の中では最も強い。
また、岩石族+恐竜族や「スケルゴン」で「ストーン・ドラゴン」を、アンデット族+恐竜族で「スケルゴン」や「カース・オブ・ドラゴン」を頻繁に融合召喚してくる。
ただし守護星は、種族の性質上そのほとんどが「月」と「天王星」なので、相性対策をしておけば強いモンスターを使わなくても倒すのは難しくない。
「光の護封剣」を使うのは他の神官兵達と同じだが、こちらは「偽物のわな」「シモッチによる副作用」などの罠カードも使ってくるので注意しよう。
また、他の神官兵と同様に単体で強化魔法は使わないが、稀に「プリズマン」と「神の息吹」の融合で「紫水晶」を作り出してモンスターを強化してくる。
砂漠=荒野だが、デッキには「荒野」に対応するモンスターだけでなく、「闇」に対応するモンスターが大量に投入されている。
「ブラックマジシャン」「デーモンの召喚」「風魔神-ヒューガ」「デビルゾア」など荒野の影響下でなければ主力級は軒並み「闇」側のモンスターである。
単独最強は「デビルゾア」だが、「荒野」による強化分込みなら、攻撃力2700の「金色の魔象」と「ブラキオレイドス」が最強カードとなる。
「荒野」側は砂漠神官兵が使用したモンスター以外にも、「ストーンドラゴン」「千年ゴーレム」「スカルライダー」を単独で使用してくる。
「デーモンの召喚」や「ストーンドラゴン」は融合でも頻繁に出してくるほか、もちろん守備力3000の「ラビリンスウォール」も使用してくる。
「覚醒」「体温の上昇」「紫水晶」による3種の強化カードや「荒野」「ハーピィの羽根帚」を使うこともある。
極稀に「治療の神 ディアンケト」を2枚融合させて「巨大化」を使用してくることもあるが、罠カードは1枚も使用しない。

森神官兵&大神官アヌビシウス

フィールドが最初から森になっている。
「森」で強化される4つの種族、昆虫族・獣族・獣戦士族・植物族と、強化対象外の炎族で構成されたデッキで、単体で使用するモンスターの攻撃力は「地雷蜘蛛」の2200が最大である。
それらの種族以外で使用するモンスターとして、ワニなので「森」で強化されると製作側に勘違いされたのか、何故か爬虫類族の「クロコダイラス」がデッキに入っている。
最大値こそ森補正で攻撃力2700の「地雷蜘蛛」がいるが、それ以外は「ガルヴァス」「ミノケンタウロス」などの攻撃力2000(補正で2500)止まりである。
「木星」が多く、草原・砂漠神官兵のように強固な壁も使わないため、「双頭の雷龍」はもちろん、無強化の「デビルゾア」や火星の「紅陽鳥」「機械王」でも大抵のモンスターは倒せる。
融合で作り出すモンスターも、補正を受けない「フレイム・ケルベロス」か、普通にも使ってくる木星で攻撃力2000以下のものばかりなので、5人の神官兵の中では最弱と言えるだろう。
ただし「偽物のわな」のほか、5人の中で唯一「あまのじゃくの呪い」を使用するため、相手フィールドに罠カードがある時は、無闇に強化魔法を使わないほうが良いだろう。
「森」のフィールド補正で強化された 攻撃力4000 の「完全究極態グレートモス」がとにかく脅威。
1ターン目から出してくる可能性が非常に高く、運が悪いと2ターン連続完全態が出てくる&強化カードまでつけてくることもある。
他にも、森補正で攻撃力3100の「グレートモス」、攻撃力2950の「ジャベリンビートル」のどちらかor両方ともでてくる可能性がかなり高い。
しかし上記の3体を除けば、他は攻撃力1900~2000台(森補正で攻撃力2500前後)の比較的楽に倒せるモンスターがほとんどである。
「地雷蜘蛛」「ガルヴァス」「ミノケンタウロス」「バラに棲む悪霊」「クワガーヘラクレス」「キャットレディ」などが中盤の主力であり、これらは融合で出してくることもある。
運が良ければ、初手から森補正を受けられない「千年ゴーレム」(「千年原人」用の素材)や「フレイム・ケルベロス」(「猛獣の歯」対応)を出してくるパターンに当たる場合もある。
ただし「火器付きインセクトアーマー」をはじめとする森で強化される4つの種族に対応する5種類の強化魔法が、ぞれぞれランダムで何枚も入っているので油断は禁物。
強化魔法以外の魔法は「森」「光の護封剣」「トゲトゲ神の殺虫剤」などを使うが、罠カードを使用してくるパターンはない。

ちなみに、クーデターを起こす前は他の大神官に敬語で話しかけていた。

山神官兵&大神官アテンツァ

フィールドが最初から山になっている。
「山」で強化される3つの種族、ドラゴン族・鳥獣族・雷族で構成されたデッキで、単体で使用するモンスターの攻撃力は全て2100以下となっている。
それらの種族以外で使用するモンスターは、「エビルナイト・ドラゴン」の儀式召喚に必要な「魔装騎士ドラゴネス」と「イビル・ラット」の2体のみである。
単体での最高攻撃力は「山」で強化された「密林の黒竜王」「裁きの鷹」の2600だが、ドラゴン族と雷族が大量投入されていてかつ「サンダー・ドラゴン」も使用するので
「双頭の雷龍」の融合ルートが非常に多く、序盤・終盤問わずにかなり頻繁に「双頭の雷龍」を融合召喚してくる上に、「山」補正で攻撃力は3300にもなる。
他にも「マブラス」+鳥獣族・火星や、火星+攻撃力1300以上の鳥獣族で「紅陽鳥」を、「ハーピィ・レディ」+ドラゴン族で「ハーピィズペット竜」などを出してくる。
神官の中ではかなりの強敵だが、強化・除去魔法や罠カードを使用しないので、こちらも「双頭の雷龍」を出して1段階強化すれば勝ちは確定すると言って良い。
「メテオ・ブラック・ドラゴン」がいればなお楽勝だが、「ドラゴン族・封印の壺」を高い確率で毎回デッキに入れているのでそこだけは注意しよう。
ちなみに神官兵は、儀式の生け贄以外には合計ステータスが1600未満のモンスターを使用しないが、山神官兵だけは「ヤマタノドラゴン絵巻」や「エレキッズ」を使ってくる。
切り札として「メテオ・ブラック・ドラゴン」「ブラック・デーモンズ・ドラゴン」を使用し、特に「メテオ・ブラック・ドラゴン」は山補正で攻撃力4000という驚異の攻撃力になる。
大神官の中では切り札以外の質も随一であり、他に「双頭の雷龍」「雷魔神―サンガ」「竜騎士ガイア」「ホーリーナイト・ドラゴン」など、山補正で攻撃力3000以上になるモンスターを多数使用してくる。
ただし、アヌビシウスやケプリアに比べて切り札の2体を出してくる可能性はあまり高くなく、特に「メテオ・ブラック・ドラゴン」は滅多に使ってこない。
こちらも「双頭の雷龍」を融合なりで出して1段階強化すれば、「メテオ・ブラック・ドラゴン」以外の全てのモンスターに対処できるため、意外と楽に勝てることも。
他の大神官と同様に、フィールド補正を受けない不純物も多く、水族や魚族などの「海」の種族や、悪魔族・戦士族・機械族・昆虫族モンスターなどが多くデッキに入っている。
ただし、攻略本で大神官最強を謳っているだけあって、使用する魔法は「闇の呪縛」「光の護封剣」「サンダーボルト」などのかなり強力なものが揃っている。
元々強いドラゴン族を「ドラゴンの秘宝」や「フォローウィンド」でどんどん強化してくるので、早め早めに対処していきたい。

草原神官兵&大神官ケプリア

フィールドが最初から草原になっている。
「草原」で強化される戦士・獣戦士族で構成されたデッキで、単体で使用するモンスターの最大攻撃力は「ジャッジ・マン」の2200となっている。
それら以外の種族で使用するモンスターは、「ハングリーバーガー」の儀式召喚に必要な「B・プラント」と「グリグル」の2体のみである。
攻撃力こそ「ジャッジ・マン」「裁きを下す女帝」「ミノケンタウロス」「キャット・レディ」など、攻撃力2200以下(補正で最大2700)に収まっているが
守備力3000の「千年の盾」(「草原」の補正により守備力3500)をデュエル序盤から1~2体ほど出してくる可能性がかなり高く
双頭の雷龍をメインにして挑む場合、守護星を冥王星で出してしまうと2段階強化しても突破できないのでくれぐれも注意しよう。
「草原」の影響下では、「裁きを下す女帝」は冥王星の双頭に、「ジャッジ・マン」は月の双頭に強いので、このデュエルでは双頭の雷龍デッキは苦労する。
また「地獄の魔物使い」や「美しき魔物使い」+「戦士抹殺」の融合で「電撃鞭」を作り出し、「裁きを下す女帝」や「戦場の死装束」を強化してくることがある。
フィールド補正で強化された 攻撃力4250 の「ゲート・ガーディアン」が驚異的な強さで、大神官中最大であるこの数値は、太陽のメテオブラックすらも無強化では歯が立たない。
ケプリアは強化魔法として「伝説の剣」「闇の破神剣」「デーモンの斧」を使うが、「ゲート・ガーディアン」は「闇の破神剣」に対応しているため、さらなる強化をされる場合も少なくない。
他にも、草原神官兵が使わなかった「草原」対応のモンスターでは、「暗黒騎士ガイア」「ダンシング・ソルジャー」「ウォール・シャドウ」を使用してくる。
また戦士・獣戦士族には強いモンスターが少ないためか、デッキにはかなりの数の強力なドラゴン族が投入されており、特に攻撃力3200の「ブラック・デーモンズ・ドラゴン」が脅威である。
それ以外にも「竜騎士ガイア」「ホーリー・ナイト・ドラゴン」「真紅眼の黒竜」「千年竜」「カイザードラゴン」「密林の黒竜王」「ハーピィズペット竜」など、攻撃力2000以上のドラゴン族が多く見られる。
運が悪いと「ゲート・ガーディアン」と「ブラック・デーモンズ・ドラゴン」を合わせて4体以上相手にしなければならない場合もあり、アテンツァよりも毎回高確率で何体も切り札が出てくるのもこいつの強みと言える。
反面、魔法は「光の護封剣」「ハーピィの羽根帚」、罠は「偽物のわな」「見えないピアノ線」を使う程度で、モンスターを弱体化させたり、どんなモンスターでも除去できる魔法・罠カードは使ってこない。

大神官を3人以上を倒した状態で、カード屋に入るとアンズが誘拐され救出イベントが発生する。

迷路神官兵


迷宮兄弟を彷彿とさせる神官兵で、原作で迷宮兄弟の使用したモンスターを余すところなく使用する。
初手のモンスターで出てくる可能性が高いのは「ゲート・ガーディアン」及び三魔神、「ウォールシャドウ」「ラビリンスウォール」「双頭の雷龍」など。
稀に「迷宮の魔戦車」や「千年ゴーレム」などが初手からくる「アタリ」もあるが、基本的にはゲート・ガーディアンが出てくることを覚悟しておこう。

罠カードは「偽物のわな」「硫酸の溜まった落とし穴」「あまのじゃくの呪い」と、こちらの行動次第で結果が変わるなかなか厄介な組み合わせ。
魔法カードはラビリンスウォールを強化する「迷宮変化」や、何故か「酸の嵐」なども使用する。

ちなみに迷路は
 大神官全員を倒した状態ならば  「 →右→ 」と進めば、一回の対戦で済む。
 大神官全員を倒してない状態ならば「 →右→ 」と進めば、一回の対戦で済む。

セト:2戦目


「ゲートガーディアン」「青眼の白龍」「ウィルスカード」を使ってくるが、「青眼の究極竜」は使ってこないので
そこまで脅威ではない。

ちなみに、大神官5人を倒した状態でアンズ救出イベントにやってくるとセト2戦目イベントは発生しないうえ
ノーセーブで、 迷宮神官からラスボスまで7連戦 しなければならなくなる。


近衛神官セベクアル & ネクベトス

フィールドが最初から闇になっている。
ヘイシーンの親衛隊達のコイツらに苦戦するようでは、この先の4連戦を勝ち抜くことはできない。

セベクアルは機械族デッキ。
「メタル・デビルゾア」を切り札に据え、「迷宮の魔戦車」「TM-1ランチャースパイダー」「機械王」など、ステータス合計値2500以上の機械族をランダムで使用してくる。
機械族以外の高ステータスモンスターでは、「デビルゾア」「迷宮壁-ラビリンス・ウォール-」「千年の盾」「スーパー・ウォー・ライオン」「金色の魔象」などを使用する。
また攻撃力2000以下では、戦士族・アンデット族・鳥獣族や、「闇」に対応する魔法使い族、機械族の苦手な「海」で強化される3つの種族が多くデッキに入っている。
本筋では「闇」でのデュエルなので、実は切り札の「メタル・デビルゾア」よりも「闇」で強化された「デビルゾア」の方がステータスが高くなる。
魔法は「闇の呪縛」「機械改造工場」や「デビルゾア」用の「メタル化」、罠は「偽物のわな」や「硫酸の溜まった落とし穴」「天狗のうちわ」を使用する。

セベクアルは「メタル・デビルゾア」をくれる唯一の相手なので、フリーデュエルでは彼を効率良く倒しまくるデッキで臨みたい。
主力の多くが「月」なので、「青眼の白龍」の入手を後回しにするなら、「メテオ・ブラック・ドラゴン」「ホーリー・ナイト・ドラゴン」はデッキに入れておこう。
迷宮壁、盾を意識して「双頭の雷龍」を使うなら守護星は「月」で、場合によっては「酸の嵐」まで入れて「メタル・デビルゾア」ゲットに勤しもう。

ネクベトスは闇デッキ。
最高打点は「闇」補正を受けた「スカルビショップ」の3150となっている。
他にも「デビルゾア」「ブラック・マジシャン」「デーモンの召喚」「風魔神-ヒューガ」などが「闇」補正で3000近い攻撃力になる。
稀に「闇」2枚を融合して「闇・エネルギー」を作り出してモンスターを強化するプレイングを披露する。
セベクアルにも言えることだが、「メテオ・ブラック・ドラゴン」がいれば無強化でも大抵楽々勝てる。

ヘイシーン:2戦目


フィールドが最初から闇になっている。
「青眼の究極竜」は使ってこないが、サンダーボルトと巨大化があるので油断は禁物。

1戦目との主な違いは「ゲートガーディアン」「青眼の白龍」「メタル・デビルゾア」が追加され、「究極完全態」がいなくなっていること。
また1戦目に比べると、攻撃力2500~2800帯のモンスターは、その数が減りかなり弱体化している。

セト:3戦目


このゲーム最強のデュエリスト。 明らかにラスボスより強い
攻撃力4500 の「青眼の究極竜」をデュエル序盤から、しかも最大で3体まで使ってくる。

さらに、「サンダー・ボルト」「万能地雷グレイモヤ」「ハーピィの羽箒」も使ってくる。

攻撃力4500の「青眼の究極竜」への対抗手段は主に5つ
 ①「メテオ・ブラック・ドラゴン」を2段階強化
 ②「双頭の雷龍」を4段階強化
 ③「スカルビショップ」「デビルゾア」「ブラックマジシャン」を3段階強化 (守護星:水星) 
 ④「サンダーボルト」「ドラゴン族封印の壺」で破壊
 ⑤ 出される前に倒す

究極竜超えのモンスターを作り出す工程は 2ターン以内に 行いたい。4500拮抗(①、③のブラック・マジシャン)の場合はできるだけ 1ターン目で
これ以上遅れると、どれだけ強力なモンスターを呼び出してもサンダー・ボルトや万能地雷で軽くいなされてしまう。

カード魔神


「青眼の究極竜」はおろか 「ゲートガーディアン」すら使ってこないので、セトより弱い。

ただ、魔法カードや罠カードを豊富に持っているくらいので油断は禁物
「サンダーボルト」「ウイルスカード」「闇の呪縛」「あまのじゃくの呪い」「万能地雷グレイモヤ」には注意。

カード魔神-真の姿-


ラスボス

「青眼の究極竜」をはじめとする、元々の攻撃力が3000を超える5体のモンスターを全て使用する。
しかし モンスターカードしか入っていないデッキ なので攻撃力4500以上を1体でも作れれば、勝ったも同然。

しかも5体全てが投入されている可能性は非常に低く、その場合でもそれぞれ3枚ずつ投入されている可能性は0と言っていい。
(究極竜2~3連発もあれば、ゲートガーディアン→メテオブラックという流れの場合もあるということ)

明らかにセト3戦目より弱い 下手すると前の姿よりも・・・

ちなみにここまできても「メテオブラック」「双頭の雷龍」「紅葉鳥」など、相手が融合召喚してくる可能性があるモンスターは普通にいるのでデッキ切れによる柔Sも可能である。

デュエルマスターK


プレイヤーとまったく同じデッキを使う。ストーリーモードには登場しないフリーデュエル限定の対戦相手。

初心者のころは手札融合の参考になったりする。


デッキ構成などさらに詳しい情報はこちら
★___クリック___★