※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【マスター】
亜門 鋼太朗@東京喰種

【サーヴァント】
ランサー

【マスターとしての願い】
元の世界、元の時間軸に戻る。

【weapon】
タラと呼ばれる重量級大剣。
大剣の形状から刃を二枚に分離させて二刀流に変形させることが可能。
さらに投擲して手放しても手元に戻すことが可能である。

【能力・技能】
 人間離れした身体能力を持ち、人間の4~7倍の力を発揮できる喰種、
 それも上位クラスの者達を屠れる。
 また精神力も並はずれており、「手足がもがれても戦え」が信条。

【人物背景】
 東京喰種における第二の主人公。
 喰種に育てられた過去があり、それが発覚後は孤児院を出てアカデミーを首席で卒業し喰種捜査官となる。
 愚直な正義感を持ち、前述の過去や尊敬していた上司、同僚の死を通して喰種を憎んでいる。
 反面、自分を喰わなかった『神父』、『眼帯の喰種』について興味があり、その理由を知りたがっている。
 バトルスタイルは重量級武器の『クラ』を振り回すパワータイプ。
 一撃に重きを置く故に鈍重に見られがちだが、俊敏な喰種の兄弟2人の連携による即殺を逃れる身のこなしを見れば回避技術も高いことがわかる。

【方針】
魂喰らいをやる主従の殲滅