《確固》桐ヶ谷直葉&セイバー ◆arYKZxlFnw


 銀の鍵の存在など、最初は信じてはいなかった。
 いかなる扉の鍵にも合い、普通では行けない場所にも行ける。
 そんなオカルトじみた与太話を、信じようとは思えなかった。

 それでも、いざその鍵を手に入れた時、私はこう思ったのだ。
 ひょっとしたらこの鍵が、私を兄の世界へと、誘ってくれるのではないかと。
 人がデータの世界に閉じ込められる――そんな冗談じみた事件が、現実に起きているのなら。
 あるいはこの鍵の力も、現実に存在するのではないかと。
 私は家の鍵穴に鍵を通し、玄関扉を開いてみた。
 もしかしたらその先に、ゲームの世界が広がっていて、そこから兄を連れ出せるのではないか。
 ひょっとしたらという軽い気持ちで、私は銀の鍵を使い、その扉を開け放っていた。

 結果的に私の願いは、違った形で叶えられた。
 兄の世界には行けなかったものの、兄を救える可能性は、確かに見つけることができた。

 それは願ったものよりも、遥かに過酷な道だったけれど。


「はぁっ、はぁっ……!」
 無計画に逃げたのはまずかった。
 生い茂る木々の合間を縫って、息を切らせて走りながら、桐ヶ谷直葉は後悔する。
 夜の住宅地から一歩離れ、こんな所に逃げ込んでしまった。
 木が多く生えているといっても、森と呼べるほどの規模ではない。
 追っ手を撒けるほどの広さはあるまい。であれば、逃げるのに邪魔なだけだ。
「ひひっ!」
 下衆な笑い声が横から聞こえた。
 左方からの追っ手をかわすため、直葉は反対の右を向く。
 しかし駄目だ。そちら側にも回りこまれた。
 障害物の多く、逃げ場の制限された林の中で、案の定直葉は道を失い、暴漢に取り囲まれてしまった。
「あんまつれなくすんなよ嬢ちゃん」
「そうそう、悪いようにはしねぇからさ」
 舌なめずりをする男達が、じわじわと歩み寄ってくる。
 狙いは金か、それとも身体か。どちらにしても、無事では済むまい。
 既に逃げ道は塞がれた。ならば戦うしかないか。
「くっ……!」
 足元に転がっていた枝を拾い、苦し紛れに構えを取った。
「おうおう、威勢がいいじゃねーの!」
 もちろん気休めにもならない得物だ。剣道の心得があるといっても、枝は竹刀の代わりにはならない。
 詰め寄る男達も本気にはせず、げらげらと笑い声を上げている。
(それでも……!)
 だとしても、そうせずにはいられないのだ。
 こんな連中に嬲られて、終わるわけにはいかないのだ。
 アーカムの地で始まる戦い――聖杯戦争と呼ばれる儀式。
 その戦いに勝利して、あらゆる願いを叶えるという、聖杯を手に入れるためにも。
(お兄ちゃんを助けるためにも……っ!)
 ゲームの世界に囚われた、桐ヶ谷和人を救うためにも、こんなところでは終われないのだ。
 戦いが始まるその前から、何の関係もない連中に襲われ、脱落していては意味がないのだ。
(そのためにも、やるしかないんだ!)
 棒を握る手が痛い。強く力を入れすぎているからかもしれない。
 じわりと手汗を感じながら、直葉は男達を睨む。
 状況を打開する可能性が、1%でもあるとするなら、前に進むこと以外にはない。
 であれば、覚悟を決めるべきだ。
 太い棒をきつく握りしめ、一歩を踏みだそうとした瞬間。

「――そこまでにしておけ」

 低く、されどよく通る男の声が、不意に暴漢達の奥から聞こえた。


「あぁん? 何だテメェは」
 男達が振り返る。かけられた声の主を見やる。
 いつからそこに立っていたのか。
 林に姿を現したのは、赤いジャケットを羽織った青年だ。
 色の濃い顔に生えている髪は、明るい茶色というよりは、オレンジだろうか。
 木々の隙間から差し込む月光を受け、鋭い眼光を光らせる若い男が、そこに静かに佇んでいた。
「その娘には用がある……それも大切な用事だ。手を出すというのなら、容赦はしないぞ」
「寝言抜かしてんじゃねえよ!」
 暴漢の1人が叫びを上げて、青年目掛けて襲いかかった。
「危ないっ!」
 自分が狙われているという事実も忘れ、直葉は咄嗟に声を上げる。
 しかし、それも杞憂に終わった。
「げっ!」
 すぐさま悪漢は弾き飛ばされ、あっけなく地面に倒れたからだ。
 素早い身のこなしは、拳法だろうか。
 ほとんど身動ぎすることもなく、最小限の手さばきで、青年は男を返り討ちにしていた。
 一瞬、男達は驚愕する。ぎょっと目を丸く見開いて、身体をびくりと震わせる。
「んの、野郎っ!」
 しかしそれも一瞬だけだ。
 怒りに燃える男達は、それぞれにナイフやメリケンを手に取り、闘争心を露わにした。
 1人で敵わないなら頼るのは数だ。次は一斉攻撃で来るだろう。
「本意ではないが……やむを得んか」
 それでも青年は気にも留めずに、涼しい顔でそう呟いた。
 そして懐を探ると、何やら小さな物を取り出す。緑色に光るそれは、どうやら宝石のようだった。
 取るに足らない石ころだ。本来ならばこの状況で、わざわざ取り出すようなものではない。
 にもかかわらず、桐ヶ谷直葉は、何故か宝石を注視していた。
 ただの石ころであるはずなのに、何かを感じずにはいられなかった。
 そこに込められた特別な意味を、感じ取らずにはいられなかったのだ。

「この身を纏え――『天秤座の黄金聖衣(ライブラクロス)』ッ!!!」

 鋭い叫びが木霊する。
 裂帛の気合を雄叫びに込め、青年が宝石を光らせる。
 瞬間、林に満ち溢れたのは、太陽のようなまばゆい光だ。
 黄金色の日光が、日のとっぷりと沈んだ街に、突如として広がったのを感じた。
 たまらず、直葉は顔を覆う。文字通り目も眩むような光を、左手をかざして塞ごうとする。
 眩しい光ではあったものの、ただそれだけのはずだった。
「ぎゃあああああっ!」
「目が! 目がぁぁっ!」
 しかし何故か、周囲からは、ただならぬ悲鳴が上がっていた。
 暴漢達の何人かが、顔面を強く抑えながら、苦しみのたうち回っているのだ。
 そんな馬鹿な。何だそれは。
 まるで目を潰されたような、そのリアクションは何なのだ。
 いくらなんでもそれほどまでに、強い光ではなかったはずだ。
「おっ、おい何だよ!? どうした!?」
 無事だった男達もそれに気づき、不安げな声を上げている。
 しかし彼らは――そして直葉は、すぐさま思い知ることになる。
 彼らの悲鳴も反応も、決して大げさなものではなかったのだと。

「俺の名は天秤座(ライブラ)の玄武――調和と均衡を司る、天秤座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)」
 がちゃり、がちゃりと音が鳴る。
 硬い足音が聞こえている。
 そこに姿を現したのは、文字通り太陽の鎧だった。
 暁の後光を身に背負い、燦然と黄金の輝きを放つ、豪華絢爛な甲冑だった。
 一瞬の光に包まれた青年が、どこからともなく現れた鎧を、瞬きの間に装着したのだ。
「この名と姿を知ってなお、俺に挑むというのなら、相応の覚悟を決めてもらうぞ」
 天秤座。
 そして黄金聖闘士。
 未知の単語に込められた意味は、直葉には知るよしもない。
 しかし玄武なる青年の、揺るぎない言葉から感じられるのは、その名に対する確かな自信だ。
 堂々とした佇まいからも、苛烈なまでの存在感が、ありありと感じられていた。
「あわ、あわわわっわわ……!」
「ひ、ひぇへええええっ!」
 その姿を目の当たりにした男達は、糸が切れたように怯えだし、次々と逃げ出してしまった。
 その反応は様々だ。ある者は震える足を引きずり、ある者は涎をまき散らし、ある者は失禁すらしていた。
 現れた黄金の鎧は、それほどの気配を放っていたのだ。
 調和を名乗ったその意識――禍々しいまでの正義感が、光輝と共に滲み出て、男達を狂わせていたのだ。
 正直、自分が無事なことが、直葉は未だに信じられなかった。
 尋常ならざる光景を前に、しかし冷静さを保っている自分自身が、不思議でならないと思えていた。
「こういうことは、性に合わんのだがな……」
 玄武はそう呟くと、再びその身を光らせた。
 絢爛なる鎧は瞬時に立ち消え、その手には先ほどの宝石が残る。
 オンラインゲームのアイテムのように、瞬時に出し入れできるということか。
「さて……見苦しい姿を見せたな、マスター」
 主君(マスター)。
 不可解な単語で直葉を呼びながら、玄武が傍に歩み寄る。
 いいや、その名は知っていた。心当たりは既にあったのだ。
「マスターって……それじゃあひょっとして、貴方が」
「そう。俺はセイバーの玄武。桐ヶ谷直葉のサーヴァントとして、呼びかけに従い参上した身だ」
 英霊の映し身、サーヴァント。
 聖杯戦争の参加者に、戦う術として与えられる使い魔。
 直葉の前に現れた男は、自らをそう名乗ったのだった。
 気づけば直葉の左手には、使い魔のマスターの証である、赤い紋様が刻まれていた。


「ここまで来ればいいだろう」
 林からイーストタウンへ南下し、そこを横切ってダウンタウンへ。
 寂れた街並みを通り抜け、整った建物が目立ってきたところで、玄武が傍らの直葉へと言った。
 彼女の住まいがあるのはこの地区だ。
 安全地帯へと辿り着くまで、玄武は彼女の隣に立って、身を守ってくれていたのだった。
「ここからは俺は姿を消す……他のマスターに見つかっては、何かと厄介なことになるからな」
「うん、ありがとうセイバー」
 感謝の言葉を聞き届けると、玄武は自らを霊体とし、夜の闇へと姿を消した。
 一度死んだ身であるサーヴァントは、自身の姿を消すことで、見ることも触れることもできない存在へと変えられるらしい。
 それでも、確かにそこにはいる。マスターである直葉には、微かに気配が感じられる。
 奇妙な感覚ではあったものの、直葉ほそういうものとして納得し、帰り道を急ぐことにした。
(聖杯戦争……か)
 先ほどの光景を反芻する。
 暴漢共を狂わせた、黄金の威容を回想する。
 とうとう始まってしまった。
 サーヴァントを手に入れた自分は、本当に聖杯戦争の参加者になってしまった。
(ああいうことを、しなくちゃいけないのか)
 戦ったわけではない。しかし玄武のあの姿は、多くの人間を狂わせた。傷つけたも同然の行為だ。
 これから自分は、あれと同じことを、他のマスターにしなければならないのだ。
 場合によっては、その生命を、この手で奪わなければならないのだ。
『気乗りしないか』
 その不安を見透かされたのか、玄武が念話で語りかけてくる。
 ごまかしても意味はないだろう。直葉は無言で肯定した。
『見たところ、最初から望んで参加したわけではないらしいな……
 俺は聖杯にかける願いなどない身だ。だから嫌なら、身を引いてもいいんだぞ』
 他のマスターからは自分が守ると、玄武はそう語ってくれた。
 その心遣いはありがたいと思う。殺し合わずに済むのなら、それに越したことはない。
『ありがとう……でも私、戦うよ』
 それでも、その提案は聞き入れられない。
 殺し合いを肯定はできなくても、聖杯にかけるべき願いはあるのだから。
『絶対に助けたい人がいるから……そのために、聖杯が必要だから』
 ソードアート・オンライン事件で、ゲームの世界に囚われた兄。
 彼を電子の檻から解放し、失われた意識を肉体へと戻す。
 そのためには聖杯が必要なのだ。彼を取り戻すことを願って、直葉は銀の鍵を使ったのだ。
 だからこそ、逃げるわけにはいかなかった。
 たとえどれほどの試練が立ちはだかろうと、戦わなければならないのだ。
『そうか』
 ふっ、と。
 真面目な顔をしていた玄武の声が、微かに笑ったような気がした。
『ならばその心、いつまでも持ち続けていてくれ。マスターの真っ直ぐな想いを、俺は尊重して戦う』
 桐ヶ谷直葉の名の通りのな、と。
 剣騎士のサーヴァント・玄武は、守るべき主君に対して、忠誠の意を示したのだった。


 異様な気配を感じてはいる。
 此度の聖杯戦争が、本来あるべきものとは違う、ただならぬ何かを孕んでいることは、当の昔に理解している。
 でなければ、わざわざ『天秤座の黄金聖衣(ライブラクロス)』 を開放し、あの連中に見せることもなかった。
 あのような不可解な現象は、本来の聖杯戦争であれば、起こりえないはずなのだから。

 油断はできない。
 今は無事な様子を見せているマスターにも、いつ危機が振りかかるか分からない。
 大切な者を救いたい――その願いが砕かれ捻じ曲げられ、黒く犯される時が来るかもしれない。

 それでも、そんなことはさせないつもりだ。
 俺は天秤座(ライブラ)の聖闘士(セイント)なのだ。
 死して現世に聖衣(クロス)を遺し、黄泉路の住人となったとしても、この魂は変わらない。
 地上の愛と平和を守り、人間達の営みを守る――聖闘士が背負うべき使命を、永劫に忘れるつもりはない。

 揺れる天秤のその支柱は、決して折れることはない。
 人間であるマスターの心は、この身の力の全てを尽くし、俺の手で守り抜いてみせる。
 天秤座の黄金聖闘士・玄武が――この俺が、守らねばならぬ。

【クラス】セイバー
【真名】玄武
【出典】聖闘士星矢Ω
【性別】男性
【属性】秩序・中庸

【パラメーター】
筋力B 耐久C 敏捷B 魔力A+ 幸運C 宝具A

【クラススキル】
対魔力:C
 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。

【保有スキル】
セブンセンシズ:A+
 人間の六感を超えた第七感。
 聖闘士(セイント)の持つ力・小宇宙(コスモ)の頂点とも言われており、爆発的な力を発揮することができる。
 その感覚に目覚めることは困難を極めており、聖闘士の中でも、限られた者しか目覚めていない。
 玄武の持つ莫大な魔力の裏付けとなっているスキル。

戦闘続行:A
 往生際が悪い。
 瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。

直感:C
 戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を”感じ取る”能力。
 敵の攻撃を初見でもある程度は予見することができる。

専科百般:C
 類いまれなる多芸の才能。
 槍・双節棍・剣・三節棍・トンファー・盾を自在に使いこなす。

【宝具】
『天秤座の黄金聖衣(ライブラクロス)』
ランク:A 種別:対人宝具(自身) レンジ:- 最大補足:-
 黄金聖闘士(ゴールドセイント)の1人・天秤座(ライブラ)の聖闘士に与えられる黄金聖衣(ゴールドクロス)。
 黄金に光り輝く鎧は、太陽の力を蓄積しており、他の聖衣とは一線を画する強度を誇る。
 この聖衣を然るべき者が装着することにより、装着者の筋力・耐久・敏捷・幸運のパラメーターが1ランクずつアップする。
 本来のランクはA+なのだが、アテナとアプスの小宇宙が衝突した際の影響で、
 聖衣石(クロストーン)と呼ばれる形態に変質してしまっており、若干のランク低下が見られる。

『天秤座の武具(ライブラウェポン)』
ランク:A 種別:対界宝具 レンジ:1~5 最大補足:5人
 槍・双節棍・剣・三節棍・トンファー・円盾。
 『天秤座の黄金聖衣(ライブラクロス)』に備えられた、6対12個の武具である。
 1つ1つが星をも砕くと言われており、それ故にアテナと天秤座の聖闘士、双方の許可が下りなければ、使用することはできないとされている。
 そして玄武自身もまた、決して自分から先に武器を取ることはない。
 それは強すぎる力を封じるためでもあり、また玄武が己自身に課した戒めでもある。

【weapon】
『天秤座の武具(ライブラウェポン)』

【人物背景】
88の聖闘士の中でも、最高位に位置する黄金聖闘士の1人。
幼少期は先代天秤座・童虎に師事していたものの、根気のなさから逃げ出してしまった。
しかしその後、火星の神・マルスの起こした一連の騒乱に呼応し、次代の黄金聖闘士として立ち上がった。
いかなる経緯で鍛えたのかは不明だが、既に怠け者の少年時代の面影はなく、立派な聖闘士として大成している。

一見冷静に振る舞いながらも、その裏では熱く闘志をたぎらせる熱血漢。
童虎の期待に添えず、死に目にも立ち会えなかった負い目からか、現在は非常に生真面目な振る舞いを見せている。
マルス戦役後の黄金聖闘士の中では、仕切り屋を務める場面が多く、若き聖闘士達に聖闘士としての心構えを示した。

小宇宙の属性は水。
縦横無尽に戦場を駆け巡り、拳法のような挙動で敵を圧倒する。
反面、「過度に武器へ依存することは、己を弱くすることに繋がる」と考えており、セイバーでありながら武器を使用する機会は少ない。
必殺技は小宇宙を纏った拳で殴りつける「廬山真武拳」、両手を前に突き出すと共に、より強力な小宇宙の衝撃波を放つ「廬山上帝覇」。
天秤座の剣を用いた際には、切っ先から龍を象った小宇宙を放つ「廬山昇天覇」を発動した。

【サーヴァントとしての願い】
特にない

【方針】
マスターの真っ直ぐな願いを尊重し、マスターのために戦う


【マスター】桐ヶ谷直葉
【出典】ソードアート・オンライン
【性別】女性

【マスターとしての願い】
兄を救いたい

【能力・技能】
ゲーマー
 オンラインゲーム「アルヴヘイム・オンライン」のプレイスキル。

剣道
 幼い頃から続けている、剣道の技術。学生剣道においては全国トップクラスの腕前。

【weapon】
なし

【人物背景】
主人公・桐ヶ谷和人の血の繋がらない妹。本来は従兄妹に当たる。15歳。
義理の兄妹であることは認識しており、無自覚ながらも、淡い恋心を抱いている。

歳相応の活発な性格。
一方で兄に関しては、その複雑な事情から負い目を感じており、ナイーブな一面を見せることも。
兄を閉じ込めたネットゲームには、当初憎しみを抱いていたものの、
彼がゲームの世界で活躍していることを知って以降は、その世界に興味を持ち、
一年ほど前から「アルヴヘイム・オンライン」をプレイしている。

今回は原作第一章・アインクラッド編の終了直前から参戦している。

【方針】
聖杯狙い。人を傷つけることには若干のためらい