※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【マスター】
白レン@MELTY BLOOD Actress Again

【サーヴァント】
キャスター

【マスターとしての願い】
不明。

【能力・技能】
夢魔の力と同時に、タタリの能力も併せ持っている。
ワラキアの夜が使っていた場合の固有結界「タタリ」とは性質こそ同じだが、心象風景が「真夏の雪原」へと変わっている。
現在はキャスターの宝具によってタタリに影響が出ており、自分の世界にいなければまともに存在を保てない状況にある。
他者を取り込む事、心象風景内部での戦闘は可能だが、タタリとしての能力の行使は大きく制限されている。

【weapon】
主に氷や雪、謎の光る球体を実体化させて戦闘を行う。

【人物背景】
真祖の姫の使い魔であるレンの普段使われていない側面である“能動的な人格”が、
蒼崎青子に方向性を与えられて埋め込まれたタタリの残滓によりレンと分かれて具現化したレンの影のような存在。
レンでありながらタタリでもあり、人の夢を操る夢魔であるレンとしての知識と力と、人の心を具現化させるタタリとしての知識と力も有している。

『Re・ACT』アーケードモードの結末ではレンに吸収され消滅するが、『Act Cadenza』ではレンと和解。
『ver.B』以降ではアルクェイド・ブリュンスタッドの誓約を破り、七夜志貴をマスターにした使い魔となって現在に至る。
ツンデレ。