※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【クラス】アサシン
【真名】八雲紫@東方Project
【パラメーター】
筋力D 耐久C 敏捷D 魔力A 幸運D 宝具?
【属性】
混沌・中庸
【クラススキル】
気配遮断:A++
 『神隠し』。
 自身の気配を消す。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
 ただしスキル『神隠しの主犯』との組み合わせで、特定の行動に限り気配遮断のランクを保ったまま行動できる。
【保有スキル】
神隠しの主犯:A++
 幻想郷で神隠しと呼ばれる現象を境界を操作して起こす犯人。
 神ではなく、妖怪少女の仕業。
 宝具である『境界を操る程度の能力』を使用する時に限って、気配遮断の効果を持続させたまま行動する事ができる。
妖怪:A
 人間に畏れられ、人間に退治される存在。
 与えられる物理ダメージを低減し、その代わり精神干渉を受けた場合ダメージ化する。
 また、ある種の信仰を集める存在である事から、Eランク相当の『神性』スキルの効果を内包する。
 更に『畏れられる』存在である事から、敵マスターが正気度喪失の判定を行う際の達成値にマイナス補正をかける。
飛行:C
 空を飛ぶ能力。
 ふわふわと浮遊するように飛翔する。
【宝具】
『境界を操る程度の能力』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~99 最大補足:?人
 八雲紫の持つ、『「境界」と名の付くものならほぼ何でも支配下に置く事が出来る』程度の能力。
 本来は『全ての事象を根底から覆す能力』、『論理的創造と破壊の能力』であるらしいが、アサシンはマスターにより『神隠し』の面を強く現界させられているため、『空間の境界を操ってスキマを作る』という用途にしか使用できない。

 このスキマの中は一種の亜空間のようになっており、多数の目が見える。これは外の世界の「欲望が渦巻いている様子」と言うイメージの表れ。また道路標識などの漂流物が漂っている事もあるが、これも「外の世界の役に立たない物」としてのイメージから来るもの。
 これにより離れた空間を繋げる事が可能。

 また、何故かこの聖杯戦争においては『90度以下の鋭角』がないと、空間を繋げる事ができない。

 ――隙間によって繋がれた『異常な角度を持つ空間』を目撃した者は、その精神にダメージを受ける。

『神隠奇譚(ネクロ・ファンタジア)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:? 最大補足:?人
 アサシンの持つ『神隠し』という特性が、マスターである『神隠しの被害者』空目恭一により偏向され、希釈され、そして尖鋭化した事により発生した宝具。
 特定の条件を満たした犠牲者を、『異界』へと連れ去る。
 条件は三つ。

  • アサシンに対する正気度喪失の判定に一度でも失敗している
  • 宝具発動時の幸運での判定に失敗する
  • アサシンの真名を知っている

 マスターが異界送りにされた場合、そのサーヴァントも同時に異界へと送られる。

『真名を知っている者に害を与える』という、聖杯戦争の常識の逆を行く宝具。
『異界』はアサシンによって作成される限定的な陣地であり、『赤い空』をした現世と同じ場所に同じ状態で重なり合って存在している。
 脱出はアサシンと同じように空間を操る術を持っている者か、あるいは結界破りの術を持った者でもない限り不可能。(あくまでもアサシンの作った陣地のため、アサシンが消滅する事でも解除はされる)
『異界』の内部そのものには(おそらく陣地効果によって強化されたアサシンが冒涜的な角度から襲いかかってくるだろう事を除いて)危険はないが――
 常人が現世から遠く離れた異界に長く留まる事は、当然ながらその正気を大きく損なう結果となるだろう。

【weapon】
『なし』
 ただし、前述したスキマの中に漂う物体を武器として扱う事ができる。
【人物背景】
 神隠しの主犯。スキマ妖怪。

 本来のクラスはキャスター。このため式神や自在に扱える結界のスキルを失っている。

【サーヴァントとしての願い】
 女性には秘密があるものですわ。