368karasu @Wiki メニュー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



中村建日(なかむらたけにち)さんのHP(これからの時代に必要な方)
http://www.geocities.jp/sizen_junnosuke/index.html
天照大日霎尊(あまてらすオほヒルメムチノミコト)11113十216267239十=16
天1=5、2=3,3=2,123=10、人4=0、5=0,6=2,7=1、8=0、45678=3、
地9=1、10=2.910=3。10-33、天=日=10。
正田美智子皇后数霊
美智子皇后(みちこ、旧名:正田美智子(しょうだ みちこ)1934年(昭和9年)10月20日
4456、379、9十2十、434=11
天1=0、2=1,3=1,123=2、人4=2,5=1,6=1,7=1,8=0,45678=5、地9=2,10=2,910=4、254、
日16910=5、月247=4、星358=2、542、日5+天2=7、9=2、6=7=1。男子2、女子1。稲荷171が入って。
天1=2、2=1,3=1,123=4、人4=2,5=1,6=1,7=2,8=0,45678=6、地9=2,10=2,910=4、464、
日16910=7、月247=5、星358=2、752、日7+天4=11+3=14総数、天1=2、2=1,3=1は御輿。
つぐのみや、みちこ
9十2十、29238、379=453=12。
天1=0、2=3,3=2,123=5、人4=0,5=0,6=0,7=1,8=1,45678=2、
地9=3(完全),10=2,910=5、525、
日5月4星3、543、日=天=地=5の神、6=0も9=3(完全)、10=2、910=5、月4/12

皇太子御一家の数霊、将来、神道の柱です。

おわだまさこS38、12.9。921の38=国一やたがらす、
十86、139、3十8十29=633=12
天1=1、2=1,3=2,123=4、人4=0、5=0,6=1,7=0、8=2、45678=3、地9=2,10=3、910=5、435。
日16910=7、月247=1、星358=4、714.
ひ1ろ6の2み3や8、16238、139,3十8十29=635=14
天1=2、2=2,3=3(完全),123=7、人4=0、5=0,6=1,7=0、8=2、45678=3、
地9=2,10=2、910=4、734の造り、日7月2星5、日=天=人+地=月+星=7の神。

ひ1ろ6の2み3や8、徳仁(な7る6ひ1と十)、3十522十3=745=16
天1=2、2=3,3=3,123=8、人4=0、5=0,6=2、7=1、8=1,45678=4、
地9=1,10=3、910=4。854で天人地。
日16910=8、月247=4、星358=4、844、天=日=人+地=月+星=8、星=人=月=地=4、
天+日=16=総数

 と十し4の2み3や8、あ1い1こ9、H十3、十2、1で示します。553=13
天1=3、2=2,3=2,123=7、人4=1、5=0、6=0,7=0、8=1,45678=2、
地9=1,10 =3、910=4。724で天地人。
日16910=7、月247=3、星358=3、733,(16910=123=7)、日=天=7、日+天=14-1=総数13
 1=十=247=358=3、16910+247=16910+358=10(天照大神)です。しかも、天上で天1=3、2=2,3=2,123=7の聖数、および、232の対称形をもっていたものが、人の世で4=1死があるので、望まれなかった子でして、この4=死は、ことしろぬし、おおとし、さらに、国一の雅子さまによって復活神話を持ちました。でも、4=1がないとこの数霊にならない。
 10=3で123より、生命の樹は3回使う。2+3=5、2+4=6、1+6=7とできる。でも愛子さまでは、その必要はない。
 生年月日に注目してください。13年(星)12月(月)1日(日)。解りますか、日が1で、月が十2、
星十3で完全な生命の樹になっています。月日の121は、正6面体ブロック4つで凸の形になって、御輿、三社造りとなっています。天地人742、日月星733。総数13で平成13年に符合し、いざなみ、いざなぎの13を持ちます。日=天で天照大神、いざなみ、いざなぎの年に生まれました。

ひふみ神示 第七巻 日の出の巻 第二帖(215) 昭和十九年十二月二日、旧十月十七日(1944年)
 九歳(とし)は神界の紀(もと)の年ぞ、神始めの年と申せよ。一二三(ひふみ)、三四五(みよいづ)、五六七(みろく)ぞ、五の歳は子の歳ざぞよ。取違ひせん様にせよ。月日の巻 十人と十人の役員に見せてやりて呉れよ、時節到来したのであるぞ。桜咲き神の御国は明けそめにけり。十二月二日、ひつ九のか三しらす。(としのみや様が9才の時と368からすが予言)。

にわか神道の母系家族のすすめ。
女に家とかいて嫁です、不幸にも女子の誕生が無く、家を継ぐべき娘がいない場合、畑がないのでありますから不幸にも嫁とりとなります。すなわち嫁の名義で家を一軒新築するか、あらかじめ家の相当分の財産を分与する必要があります。これ位の財力が無い家は〇〇家ではなく、ただのオウチですよ。何も与えずに嫁はとれません。そのうち息子に財産が渡るからでは理屈に合いません。世の娘たちよ、礼をつくされず、何も与えられないのなら嫁ではありません。夫の両親というだけです。ちょっと過激な言葉でしたが、にわか神道になれば娘が大事な母系社会です。

 神道の隆盛を以ってこの国が女神の国とならなければ、娘達は子孫を残せません。今日の日本は、古い仏教の因習による減反政策によって畑をなくしているのです。言ってしまえば、種(男)はたかだか種であります。息子は自由に自分の才で生きて、タンポポの種のごとく学校を出たらどこでもいいから飛んで行けです。自立できないマザコン坊やもいなくなります。娘を大切にできないのでは日本は滅びます。8の時代までには、できれば神道に立ち戻って母系社会を作りましょう。
 巷では男女平等社会について欧米流で論議されていますが、欧米の制度を鏡に照らしてみる方法論が必要です。キリスト教社会の反対をイメージしましょう。すると、?財産の相続権は娘中心。?夫婦別姓。?祭祀権も女性が有する。この三点が基本となるでしょう。この原理で母系家族の形態を考えます。

娘がいる場合。
1、ひとり娘の場合:婿を取り家に入り祭祀している娘(跡継ぎ娘)でも、世のため人のために仕事をする場合、子供は娘の母親が中心に育てればよい(平安時代はこれが基本でオカミサンは強いのです)。
2、娘が二人以上の場合:家に入り祭祀している娘(跡継ぎ娘、次期オカミサン)が居る場合、外で働く娘も近くに置き、そとの娘に子供がいれば、娘らの子供らは跡継ぎ娘と母(オカミサン)で育て、そとに出た娘一家より養育料をとる。などとすれば、にぎやかな母系家族ができます。 

娘がいない場合。
1、遠縁の娘を嫁にとることが最良。
2、他人の娘の場合。家業があって、オカミサン(家内、奥様)が家(本宅)を取り仕切っている場合には、同じ敷地内に新宅を作ってお嫁さんを迎え、オカミサン修行のため、新宅より本宅にお嫁さんを通わせ、家業の仕組みを覚えさせることが原則。オカミサンが年をとれば、隠居して隠居所(本家の敷地外が理想)に移り、お嫁さんがオカミサンになって家業を盛り立てていくのが基本。この制度は江戸以前にも一部であったもので、明治になって欧米の制度に習いすぎて崩壊したのです。
3、家業と呼べるものがなく、嫁とりを必要とする場合。いかにお嫁さんを娘のように思えるかが大切。口先ではなく。この場合には、外で働けるお嫁さんを貰うこと、息子夫婦は外で働き、オカミサンが家を守るのが基本、掃除、洗濯、料理、子育てはオカミサンの仕事。家業のあるオカミサンと比べれば楽なものでしょ。こうなれば、母系家族です。

三六屋からす
2の平方根=1392年北朝天皇で3の時代開始、3の平方根=1905年日露戦勝利、4(死)の時代、4の平方根=1945年原爆で2つの死、五芒星米国支配の開始、5の平方根=1995年富士山麓にオウム泣くより6の時代。368の八咫烏、サッカー、アステラス製薬、フジサンケイ事件、六本木、堀江社長、○○田、中京地方の時代。あい子様が天照大御神(聖数十)、皇太子殿下が二二ギノミコト(聖数七)、まさこ様が八百万の神々代表(聖数八)、蘇民将来の予感。神道のすすめ、仏教=寺請制度=墓=因習。サザエさんの秘密と母系家族。勅祭社が重要、トカゲ台風、地震は神々のメッセージ。相撲道=神道、若貴騒動考、相撲道の守護神貴乃花親方に神道のすすめ。神社本庁発足60年目、重大な使命。感謝にかえて、ヤクルトえごま療法。宗教やめれば無宗教、無宗教+礼儀作法=にわか神道三六屋からす一家。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|