368karasu @Wiki 神道墓の開眼供養、左眼を角兜巾に入れること。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神道墓の開眼供養、左眼を角兜巾に入れること。

開眼供養とはhttp://image01.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/168f78b6f3e72f4f.gif
 仏像、曼荼羅、石塔、仏壇、位牌などを新造したり修復した際に、僧侶に依頼して供養し魂を入れる儀式を開眼供養といいます。開眼供養したあとには霊験あ る聖なる物となります。なお浄土真宗ではお墓の開眼供養を建碑法要とよんでいます。(金よこせ寺への供養だ、寺の眼が開く)。 
 仏教では開眼出来ない、神道墓の角兜巾(ピラミッド)に眼を入れるのが開眼であって、368からす一家の宮司さんぐらいの力と、ピラミッドがなければ、 開眼できない。地のオーラ(青か紫か黒)と天のオーラ(白)が合体して、石に魂が入る。祖霊であるので、左眼(あまてらす)であろう。日本においては、ホ ルス263の目は、月夜見2343ではなく、ヘル16の目、ラア11の目として、天照あま、てら11、11の目。

神道(しんとう)とは、日本の民俗的な信仰体系であり、日本固有の多神教の宗教である。日本列島に住む民族の間に自然発生的に生まれ育った伝統的な民族信 仰・自然信仰を基盤とし、豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立した。神道には明確な教義や教典がなく、『古事記』『日本書紀』『古 語拾遺』『宣命』などといった「神典」と称される古典を規範とする。森羅万象に神が宿ると考え、天津神・国津神や祖霊を祀り、祭祀を重視する。浄明正直 (浄く明るく正しく直く)を徳目とする。他宗教と比べて、現世主義的であり、性善説的であり、祀られるもの(神)と祀るもの(信奉者)との間の連体意識が 強い、などといった特徴が見られる。
http://image02.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/05053460a6a0ae28.jpghttp://image01.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/82a6669a522e6bfd.jpghttp://image02.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/5395ae3420bde6f1.jpg
http://image02.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/8d09e2835b8a672f.JPGhttp://image01.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/7a2f62b31ab7e01f.JPGhttp://image01.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/f1d4462d44b80652.gifhttp://image01.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/7354161a3145922f.gifhttp://image01.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/af13673ed7476ee0.jpghttp://image02.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/f438b3a44a3100f2.jpg
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|