368karasu @Wiki 神社本庁の神道の死生観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神道の死生観
     日の本に生れ出でにし益人(ますひと)は                    神より出でて神に入るなり 中西直方 「死道百首」
「日本書記」(四神出生章)に、伊弉冉尊(いざなみのみこと)が神去りまして、紀伊国熊野の有馬村に葬し奉った条に、土俗(く にひと)、此の神の魂(みたま)を祭るには花の時には亦花を以て祭る、又鼓吹幡旗(つづみふえはた)を用て、歌い舞いて祭る。を初見に、「古事記」、「常 陸国風土記」等枚挙にいとまがないほど、死後の葬送の模様が記述されています。これらは、神葬形式の葬送儀礼に則り、厳粛に行われた証左でありましょう。 また、神道葬送儀礼は、古来より祖先・祖霊を祀る信仰に裏付けられてきました。
  人が死ぬ。その死を葬送する神葬祭(しんそうさい)は、確かに人生の悲しみであり、不幸であることにまちがいないことでしょう。けれども、神道では、その 悲しみや不幸を禊祭(みそぎまつり)・霊祭等により淨化することが残された者の大切なつとめであり、神道は、明るく生きることが大切と説いております。   故人に鄭重な霊前祭をかねることにより、やがて、故人は、祖神となり、子孫を守護していただけるでしょう。生も神意、死も神意。亡くなられた御霊をわた くしたちをお守りくださる祖霊として祀ることが神葬祭です。

神道に戻って以下の写真のような、浮かべれる霊になりませんか、帰幽も祭りです。仏教では杞憂となります。浮かべません。
http://image02.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/28e3f965bce9c544.JPG
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|