368karasu @Wiki JR福知山線列車脱線事故


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●2005年4月25日 JR福知山線列車脱線事故(死者107名・負傷者555名)
(2005年は25日が事故が起こりやすかった。)
(概要) 2005年4月25日9時18分頃、兵庫県尼崎市のJR福知山線(JR宝塚線)尼崎・塚口間で、宝塚発同志社前行快速列車(207系電車7両編成・乗員2 名乗客約700名)の前5両が半径300mの曲線で外側に脱線し、前4両が転覆、前2両が線路脇のマンションに衝突した。
(原因) 時速70キロ制限の曲線を時速約110キロで走ったことによる転覆脱線。速度超過の原因について、運転士の技量不足あるいはJR西日本の懲罰的教育での萎縮が指摘されるが、現時点(2005年9月8日)では調査中で結論は出ていない。
(影響) 福知山線尼崎・宝塚間は6月18日まで運休。19日から路線の最高速度と事故現場の曲線制限速度を落としダイヤを変更して運行を再開。JR西日本は 2006年春に近隣路線も含めた速度低下と余裕時分の増加のダイヤ改正を実施予定。国土交通省は急減速急曲線高密度運転の路線に速度照査機能の付いた列車 自動停止装置の整備を義務付ける。同型電車と製造中の後継新車は帯色を変更。犠牲者数でJR最悪の事故として鉄道史と社会史に刻まれる。高見隆二郎運転士 (23)

伊佐具神社:兵庫県尼崎市上坂部3-25-18  mapion
祭神 伊狹城入彦皇子
由緒:伊狹城入彦皇子は三河国碧海郡の式内社である和志取神社の祭神でもある。その神社の由緒では「五十狭城入彦皇子は気入彦命とも申し景行天皇の皇子で 勅命によりこの地方(三河)の逆臣大王主等を捕らえ、平定した。」とある。 この皇子が当地とどのような関係があっての祭神なのか、神奈備は未調査故に不明。
摂社稲荷神社 社坊の真言宗福圓山浄徳寺

尼崎市上食満稲荷神社

杭瀬熊野神社摂社:稲荷神社 御祭神 宇迦魂神(ウガノミタマノカミ)

生島神社:兵庫県尼崎市栗山町2-24-33  mapion
祭神 生國魂大神、咲國魂大神、天照大神、伊邪那岐命、伊邪那美命 合祀 素佐男神、八幡大神
摂社:生島稲荷社「宇迦之御魂大神」:生島大師堂「弘法大師像、不動尊像」

尼崎戎神社(神田北通り3丁目)  
 阪神尼崎駅から西へ5分ほどで朱塗りの大鳥居(高さ54尺・16.4m)のある「尼のえべっさん」です。
 「倉持戎」とも言います。いつ建立されたのかは明らかではありませんが、本殿は非常に装飾性に富んだ彫刻が行われており、江戸末期あるいは明治の初期の 遺構と考えられるとのことです。市内一の繁華街のすぐそばにある「えべっさん」は1月10日の「十日戎」には商売繁盛を願う多くの市民でにぎわいます。西 宮のえべっさんは、「元宮」である尼崎の戎神社の分霊を奉っているので「西の方の戎の宮」と呼ぶようになったと「尼崎本家説」を主張した尼崎市長がいたと のことです。
 南部で栄えた尼崎市でしたが、往時の繁栄から見ると随分影がさし、この「えべっさん」周辺に多くあった飲食店もいわゆる「ピンクサロン」にかわり、子どもづれでは歩けない雰囲気となっています。(松村記)高宝院稲荷大明神。


山頂には神武天皇の東征を先導した八咫烏、賀茂建角身命を祀る高角神社があり、2等三角点もある。1248mで数字が倍々となりこの不況の時にはありがたい数字である。
高見山は雪山、植生観察、林業、歴史、気象等が一度に学べる


平方根
2の平方根(1.4142135)は一夜一夜ではなく、人世人世に人皇子(ひとよひとよにひとみこ)=1392年北朝天皇で3の時代開始、
三数字とするとは、141、人世人、で解析可能。

3の平方根(1.7320508)は「人並みにおごれや」=1905年日露戦勝利、これより4(死)の時代、
四数とすると、1732人並みに、で解析可能

4の平方根(2.0000)は1945年原爆で2つの死、これより五芒星米国支配で5の時代の開始、
五数とすると、20000は、2万-にろで二つの炉で解析可能

5の平方根(2.2360679)は富士山麓におうむ鳴く=1995年に富士山麓にオウム泣く(富士山麓オーム泣く)より6の時代。
六数とすると、223606、富士山麓オームで解析可能

6の平方根(2.4494897)は西事故死箱なで今年2005年JR西日本列車事故。7の時代、平成17年は稲の年。107名の犠牲でした。
七数とすると、2449489にしじこしはこ西事故死箱、で解析可能。
例を出します。Yahoo!ムービー - スリ。海藤正彦は“ハコ師”と呼ばれる電車の中を仕事場とする凄腕のスリ。
ハコは電車です。


「病院から夫は帰ってこない」 車掌夫人涙の8か月
 一瞬で多くの命を奪った大事故、思わず目をそむけたくなる残酷な事件?。今年もさまざまな悪夢が人々を襲った。その現場を、スポーツ報知記者が歩き、振 り返る連載「追跡2005」。まず、2回にわたり追いかけるのは、JR史上最悪の大惨事となった尼崎脱線事故。乗客106人と運転士が死亡した大惨事から 8か月。人生の歯車が狂い、苦悩の中、新年を迎える関係者も数多い。その1人、事故車両に乗務していた松下正俊車掌の夫人が取材に答え、現在の心境を語っ た。
 大阪府南部の住宅街。松下車掌の家族のもとを訪れたのは、寒波が襲ってきた今月中旬。午前7時、寒風に耐えながらインターホンを押そうとして、指を止め た。中から人の話し声がする。その直後、元気な男の子が飛び出してきた。記者の姿に「あっ」と声を上げて驚いたが、そのままそばを走り抜けていった。
 小学5年の息子を見送った松下夫人は、「ちょっと待っててください」と中に戻っていったあと、3分ほどして再びドアを開けてくれた。突然の来訪にも、丁寧に取材に応じてくれた。
 「帰ってないんです。あの事故以来、正俊さん(松下車掌)は一度も帰ってきてません」夫人はそう言うと、目に涙を浮かべた。
 松下車掌は現在も大阪市内の病院で入院生活を強いられている。就寝時間以外、所属する労働組合関係者が付きっきりでガードしているという。一家だんらんは事故を契機に消えた。
 勤務できないため給料は減り、入院費もかさむ。夫人は先月から金融関係の会社に勤め始めた。それでも家族の生活費や入院費をまかないきれない。毎月ギリギリでしのいでいる状態だという。
 「不安ですよね、お金もないし。会社に対して(何とかしてほしいと)言いに行きたいです。けど、やっぱり言いづらい。どうせ『ハイ、ハイ』と聞くだけだ ろうし。それに、正俊さんがいつ退院できるのか、仕事に復帰できるのか、会社からは何も教えてくれません」夫人はそう訴えたあとポツリと漏らした。「JR に見捨てられたかな」
 事故で腰を強打したとされる松下車掌は現在、体は元気になったという。だが「まだ精神的な面を患っています。PTSD(心的外傷後ストレス障害)とまで はいかないけど、近い症状が続いてね。夏ごろまでは、悪夢でうなされることも多かったみたい。見舞いに行っても睡眠薬を飲んで眠ったままのことがありまし た」と明かした。夫人によると、現在も月に一度、精神科医の診察を受けている。
 また最近では月に一度は労組関係者とともに外出し、JRを利用することもあるという。そしてあの大惨事を経験しても、松下車掌のJRへの思いは変わらな いという。「『またJRで働きたい』って言うんです。『もう(電車に)乗るのは無理でも、違う部署でもいいからまたJRで働きたい』ってね」と夫人は証 言。そして「会社は何も教えてくれませんが、事故の責任を私たちになすりつけるんじゃなく、きちんと上の人が責任を取ってほしい」と会社への不満を隠さな かった。
 事故直前、伊丹駅に高見隆二郎運転士=死亡=が60〜80メートルもオーバーランし、非常ブレーキを作動させ、同駅を時刻表より1分30秒以上も遅れて 出発した際に、新大阪総合司令所にそれぞれ8メートル、1分30秒遅れと、運転士をかばう報告を行った松下車掌。病室で事故を振り返ることもあるという。 「『高見くんは、(事故直前の)伊丹駅でのオーバーランと日勤教育とで、頭が錯乱状態になったんやろうな』と話しています」
 最後に夫人はこう語った。「あんなすごい惨状になって107人も亡くなってしまった。亡くなった乗客も運転士も、何かを訴えかけてるようだった。私たちもずっと心を痛めています。新しい年を迎えるけど、この気持ちは一生忘れたくない」(特別取材班)
◆衝突マンション駐車場に地蔵
 快速電車が衝突したマンション「エフュージョン尼崎」の駐車場には、9月23日に被害者106人の霊を弔うため、住民によって地蔵1体が設置された。 「鎮魂の施設として設置しました」と事故対策本部の畠利明代表(43)が説明した。高さ約90センチの青銅製。約70万円の費用は住民からの寄付と管理組 合からの補助でまかなった。
 周辺住民に配慮し今後、地蔵はフェンスや植栽で周りから見えないように配慮。毎月23、24日の朝には、移住先から住民が集まり、犠牲者に祈りをささげるという。年明け以降は献花台の通路から一般の人が入れる形にする予定だ。
 「早くマンションを明け渡すことで慰霊ができる」という畠代表の気持ちとは逆に、補償交渉はスムーズに進んでいない。現時点で47世帯中、36世帯が合 意。18世帯は新居を既に購入したが「みんな妥協ですよ」という。高齢で再度ローンが組めないといった問題をかかえる住民もおり、JR西とは債務保証など の方法を模索しているという。
 ◆尼崎JR脱線事故 4月25日午前9時18分ごろ、兵庫県尼崎市のJR福知山線尼崎?塚口間で、7両編成の快速電車がカーブを曲がりきれず脱線。線路 から約6メートル離れたマンションに激突して大破した。高見隆二郎運転士を含む乗員乗客107人が死亡、負傷者は555人に上る大惨事となった。
2005年12月20日08時15分

2005/12/25、特急脱線現場、風が強い地域、山形の転覆事故、死者4人、負傷者33人に(2005年は25日が事故が起こりやすかった。)
【ライブドア・ニュース 2005年12月26日】− 山形県庄内町のJR羽越線で25日夜に特急「いなほ14号」が脱線、転覆した事故は26日午前、新たに車内から救出された乗客男性の死亡が確認された。山 形県警などによると、死者は新潟県の22歳女性と秋田県の51歳女性、男性2人の乗客計4人、負傷者は運転士も含め33人となった。羽越線は522十5 (逆読みで200-5、十2、25)のいなほ号17255です。2005年、平成17年12月25日が隠れています。

式内社 出羽國飽海郡 小物忌神社
旧県社
級長津彦命 級長津姫命 豐受比賣命
椎根津彦(物忌直の祖神)
山形県酒田市にある。砂越駅の東2Kmほどの三之宮、345号線の東そばに鎮座。
西向きに赤い鳥居と社号標が立ち、参道を東へ進むと境内。境内の奥には、味のある夢草堂があるが、社殿は参道の左手。つまり、社殿は南向き。階段を上った正面に鎮座している。
社伝によれば、景行天皇の御代、武内宿禰の東国巡視の際に、宮籍に録されたとする。
また、源義家の東国遠征の折り、劣勢になった時に、部下の首藤主馬に大物忌・小物忌両社に祈願させ、戦勝を得たともいう。
祭神は、風神である級長津彦命と級長津姫命だが、
大物忌神社祭神が大物忌神なので、それに対峙する当社も
小物忌神とするのが本当だろう。
ただし、大物忌祭神を広瀬神とする説があり、
大和では広瀬と龍田(水神と風神)を併せ祀る場合がある。
よって、大物忌(広瀬=水神)の対偶である小物忌も風神であると解釈できる。
明治11年に大物忌神社摂社となり、同35年に県社に昇格した。
近くに飛鳥神社があり、地名も飛鳥という。
山形には、当社の他にもう一社、小物忌神社が存在するが、
それは、鳥海山から西へ50Km、日本海に浮かび飛島に鎮座している。
あるいは、飛島が本社で、当地の小物忌神社はその陸宮にあたるのかもしれない。
神紋は巴紋だが、拝殿と本殿についていた紋の向きが正反対だった。
とりあえず、本殿に付いていた方向のものを採用したが、
方向は、重要な問題ではないのだろう。
一月と十月の酉の日から三日間、物忌祭が行われ、
氏子の方々は家業も休んで、慎んでいるという

飛鳥神社
774年、大和国高市群飛鳥神社の勧進創社と伝えられる由緒ある神社。1月には「裸まいり」や、「松例祭」などの行事が行われ、4月には釜湯の前での翁舞、剣舞が舞われる「湯立神楽」が奉納される。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|