368karasu @Wiki 武部勤さん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武部勤

武部勤(たけべ つとむ、昭和16年5月1日
6112十6
十6。5,1
天1=3、2=1、3=0,123=4、人4=0、5=1,6=3,7=0、8=0、45678=4、地9=0、10=2、910=2。442。
日8月1星1、811,日+天=12-2=10総数。武=1+6=7とすると一度軍団を預かるか。意外に中心の人。6=3金星、5=1火星、
● ● ● 研ぎ澄みの木曜生まれ-★異次元人★-木曜生まれのあなたは異次元人-いじげんじん-異次元的な人です。合理性を重んじ、自分の世界も相手の世界も尊重するシャープで個性的な賢者。
■長所***● 物事を鋭く捉える事ができ、分析力に長けています。ソツ無く、何事もこなせる人です。誰にでも公平で、えこひいきをしません。友人の種類・職業幅は広い。シンプルを好み、余計な装飾はしません。シンプルですが、服装もメイクも個性に溢れています。冷静で、感情的になる事は余り有りませんが思考回路が多角的な為、気分屋に見えます。型にはまらない独創的なアイディアに恵まれ、「天才肌」です。自己流の見方をします。議論好きの頭脳派で、話術が巧みです。
■長所以外***●風変わり。閉鎖世界に満足しつつ普通の世界にも接するので、他人の攻撃を受け易く、受けても放って置きます。思考能力が発達していて理屈っぽい。情が薄いと誤解されます。お世辞が苦手なために、シャープなのにもかかわらず世渡り下手の面も持っています。
■恋愛では***●趣味の話が合う人を好きになる傾向。自分の世界があって、お互いに向上していける異性と良好相性です。軽快重厚ミックス型恋愛【つかず離れずと周囲には見せて、実は精神的に繋がりの深い関係を望む】
<守護エレメント>-風-
<向いている職業>●プログラマーなどハイテクノロジー系。スチュワーデスなど、空に関連した職業。カメラマンや科学者。読み書きと話術が必要なシナリオライター、作家。アナウンサーなどマスコミ関係。奇抜なアイディアを生かせて、豊かな思考力も必要となる発明家。理工学者。
<守護星>●*ファーストスター*科学と論理、超越の星::天王星=緑=7*
セカンドスター*知性と情報の星::水星
<守護を司る神>●思考力と論理の神ウラノスが強く守り、話術と素早い閃きの神ヘルメスが補助しています
<ラッキーカラー>●シーグリーン,若草色,ティール,ライムグリーン,フォレストグリーン


天照大神、日本武尊の大和朝廷の軍団

武部とは、古代では建部とも書いたりして、「タケ」とは武力に関係するものに多くつけられ、どうやら軍団のことを指しているようです。そしてこの武部(建部)という名のつく建物(例えば武部神社)や地名は、九州や東北にはなく、どうやら大和朝廷の軍団のいたところを指すようなのです。

近江一の宮:建部大社
御祭神 本殿 日本武尊 相殿 天明玉命 権殿 大己貴命由緒当社は近江国の一の宮と称え られ、景行天皇四十六年(西暦三一六) 四月神崎郡建部郷千草嶽に、 日本武尊の御神を建部大神 としてお祀りしたのが創りである。天武天皇白鳳四年(六七五)四月に近江 国府のあった瀬田の地にお迂し、此の 国の守護神として仰ぎ奉られる様に なった。天平勝宝七年(七五五)には 孝徳天皇の詔により大和一の宮大神 神社から大己貴命を勧請し権殿に 奉祭せられ現在に至っている。例大祭 四月十五日船幸祭 八月十七日-由緒書きより-由緒  当社は古来建部大社、建部大明神などど称え、延喜式内名神大社に列し、 又近江国の一之宮として朝野の崇敬篤く、長い歴史と由緒を持つ全国屈指の古社である。 御祭神日本武尊は御年僅に十六才にて熊襲を誅し、更に東夷を平定され、 遂に三十二才にして伊勢の能褒野に於て崩御されましたが、父君景行天皇は尊の死を いたく歎かれ御名代として建部を定め其の功名を伝えられたことが日本書記に 記されているのであるが、これが即ち建部の起源である。 景行天皇の四十六年神勅により御妃布多遅比売命(父は近江安国造)が、 御子稲依別王と共に住われた神崎郡建部の郷(御名代の地)に尊の神霊を奉斎されたのが 当社の草創であって、その後天武天皇白鳳四年当時近江国府の所在地であった 当瀬田の地に迂祀し、近江一之宮(其の国を代表する第一位の神社)として 崇め奉ったのが現在の当大社である。 歴朝の御尊信篤く、武門武将の崇敬枚挙に遑なく、就中源頼朝は、 平家に捕われ、十四才にして伊豆に流されるため、京都から関東に下向の折、 永歴元年(1160年)三月二十日当社に参篭して前途を祈願した事が 平治物語に記されている。頼朝は遂に源氏再興の宿願成って、建久元年(1190年) 十一月右大将として上洛の際再び社前に額き襄年蒙った深い神助に対し、 幾多の神宝の神領を寄進して奉賽の誠を尽されたのである。爾来当大社が出世開運、 除災厄除、商売繁昌、縁結び、医薬醸造の神として広く崇敬される所以であり、 明治十八年四月官幣中社に、同三十二年七月官幣大社に列し、国家最高の社格を与えられた。 昭和五十年四月十五日御鎮座壱千参百年式年大祭を斎行し、これに伴う記念諸事業の完遂。 そして平成二年三月十七日には本殿遷座祭を斎行し御社頭は面目をあらたに、御神威の程畏き極みである。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|