368karasu @Wiki 誓約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誓約

天照大神・素戔烏尊は共に誓約を行い

「私が纏う玉を汝に授ける。汝は私に帯びている剣を私に授けよ。」

この様に誓い共に交換した。天照大神は素戔烏尊の帯びていた三つの剣 [十握剣を三つに折って生まれた三神]を天之真名井[為來真名井(いでのまない)ともいう]で振り濯ぎ、それを噛み砕いて噴出した息吹の中から三柱の女神が生まれた。 十握剣より生まれた神の名は、
 瀛津島姫命(おきつひめのみこと)と言う。 [亦の名を田心姫(たごりひめ)。 亦の名を田霧姫(たぎりひめ)]。
 九握剣(ここのつかのつるぎ)から生まれた神の名は湍津島姫命(たぎつしまひめのみこと)と言う。
 八握剣(やつかのつるぎ)から生まれた神の名は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)と言う。
素戔烏尊は天照大神の御手と髻鬟とに巻かれている八尺瓊之五百箇御統之瓊玉を天之真名井で濯ぎ、 噛み砕いて噴出した息吹の中から六柱の男神が生まれた。
 左の御鬟の玉を含んで左手の掌の中より生まれた神の名は正哉吾勝勝速日天忍穂別尊(まさかあかつかちはやひあめのおしほわけのみこと)と言う。
 右の御鬟の玉を含んで右手の掌の中より生まれた神の名は天穂日命(あめのほひのみこと)と言う。
 左の御髻の玉を含んで左の臂に付けて生まれた神の名は天津彦根命(あまつひこねのみこと)と言う。
 右の御髻の玉を含んで右の臂に付けて生まれた神の名は活津彦根命(いくつひこねのみこと)と言う。
 左手の御腕の玉を含んで左の足から生まれた神の名は訥之速日命(ひのはやひのみこと)と言う。
 右手の御腕の玉を含んで右の足から生まれた神の名は熊野杼樟日命(くまのくすひのみこと)と言う。

天照大神は告げて

「玉は私の持ち物であり、生まれた六柱の男神は我が子である。よって、養い天原治めさせよう。剣は汝の持ち物であり、生まれた三柱の女神は汝の子である。」

と言われた。

素戔烏尊に授けて葦原中国に降ろした。筑紫の国の宇佐島(うさしま) に降り居ます。北の海路の中におられる。名づけて道主貴(みちぬしのむち) と言う。天孫を助け奉り、天孫の為に祭る。すなわち、宗像君(むなかたのきみ) が祭る神である。一説には水沼君(みずぬまのきみ)等の祭る神ともいう。 瀛津姫島命は遠瀛(おきつみや)に座し、これは田心姫命である。 邊津島姫命は海濱(へつみや)に座し、これは湍津島姫である。 中津島姫命は中島(なかつみや)に座し、これは市杵島姫である。

5柱の男神は、天忍穂耳尊、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、熊野樟日命であり、天照大神の生んだ3女神と合わせて、後に八王子権現
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|