blender > tso-export

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TSOを書き出す

tsoを書き出します。

スクリプトメニューから [エクスポート]->[3DCG tso file (.tso)] を選択します。


ノード

ノード(ボーン)の参照元を選択します。
タブの [ノード] ボタンを押します。


[Source file select (.tso)] ボタンを押して、読み込むtsoファイルを選択します。
基本的には読み込んだものと同じtsoファイルを選択すればokです。

ここでは C:\TechArts3D\wc フォルダに置いた N112BODY_A01.tso を選択しました。


メッシュ

書き出すメッシュ(オブジェクト)を選択します。
タブの [メッシュ] ボタンを押します。


今回は首以降の身体オブジェクト(W_BODY_Nurin_M01)のみ書き出すことにします。

Source object menuリスト
存在するオブジェクトの名前が入っています。

ここではSource object menuから W_BODY_Nurin_M01 を選択しました。


[新規] ボタンを押す。
これでMesh menuリストに W_BODY_Nurin_M01 が追加されます。


テクスチャ

書き出すテクスチャを選択します。
タブの [テクスチャ] ボタンを押します。


先に選択したメッシュ(オブジェクト)が用いるテクスチャを全て追加する必要があります。

あらかじめシェーダー設定を確認して
メッシュ->マテリアル->テクスチャの対応関係を調べておくとよいでしょう。

ここでは下記のような対応関係になっています。

メッシュとマテリアル(材質)の対応:
メッシュ W_BODY_Nurin_M01 に含まれるマテリアルは
  • W_Body_CgfxShader
  • Anal1
  • W_Body_2
の3つです。

マテリアルとテクスチャの対応:
マテリアル ShadeTex ColorTex
W_Body_CgfxShader BODY_COL BodyNormal_TEX
Anal1 BODY_COL BodyNormal_TEX
W_Body_2 BODY_COL BodyNormal_TEX

結局、今回読み込むテクスチャは BODY_COL と BodyNormal_TEX になります。

Texture menuリスト
書き出すテクスチャが入ります。
Image menuリスト
読み込んだ画像が入っています。

ここではImage menuから BODY_COL を選択しました。


[新規] ボタンを押す。
これでTexture menuに BODY_COL が追加されます。


続けてImage menuから BodyNormal_TEX を選択して [新規] ボタンを押す。
これでTexture menuに BodyNormal_TEX が追加されます。

シェーダー

書き出すシェーダーを選択します。
タブの [シェーダー] ボタンを押します。


Shader menuリスト
書き出すシェーダーが入ります。
Text menuリスト
読み込んだテキストが入っています。tso読み込み時にシェーダー(cgfxファイル)はテキストとして読み込まれます。

ここではText menuからS: TAToonshade_050.cg を選択しました。


[新規] ボタンを押す。
これでShader menuに TAToonshade_050.cgfx が追加されます。


マテリアル

書き出すマテリアル(材質)を選択します。
タブの [マテリアル] ボタンを押します。


Material menuリスト
選択したメッシュに含まれるマテリアルが入っています。
Text menuリスト
読み込んだテキストが入っています。tso読み込み時にマテリアル(シェーダー設定ファイル)はテキストとして読み込まれます。

この設定画面は若干癖がありますが、
Material menuからマテリアル名を順に選び、同じ名前をText menuから選択すればokです。

ここでは下記のように設定しました。
Material_menu Text_menu
W_Body_CgfxShader M: W_Body_CgfxShader
Anal1 M: Anal1
W_Body_2 M: W_Body_2



エクスポート

いよいよtsoを書き出します。
タブの [エクスポート] ボタンを押します。


[File selector ( Output )] ボタンを押して、書き出すtsoファイルを選択します。
ここでは C:\TechArts3D\wc フォルダの output.tso を選択しました。
注意:選択したtsoファイルは上書きされます。


[エクスポート] ボタンを押すと、tsoを書き出します。
スクリプトビューからtso書き出し画面が消えたら、書き出し完了です。


tsoviewで確認

書き出したtsoをtsoview上で確認します。


陰がおかしいですね。これは法線が正しく設定されていないためです。

編集モード

法線を設定するためには、対象オブジェクトを選択して、一旦編集モードに切り替える必要があります。

右クリックでオブジェクトを選択する。
ここでは首以降の身体(W_BODY_Nurin_M01)を選択しました。


Tabキーを押す(またはモードリストから [編集モード] を選択する)。
これで編集モードに切り替わりました。


もう一回Tabキーを押す(またはモードリストから [オブジェクト モード] を選択する)。
これでオブジェクト モードに戻りました。

エクスポート再び

スクリプトメニューから [エクスポート]->[3DCG tso file (.tso)] を選択します。
前回設定した内容は残っているはずです。
[エクスポート] ボタンを押して、tsoを書き出します。

tsoviewで確認

再び書き出したtsoをtsoview上で確認します。


今度は陰も問題ないですね。

操作に慣れるために、最初は何も編集せずに書き出してみるとよいでしょう。

おつかれさまでした!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。