テクスチャ編集 > GIMP

GIMPとはフリーの画像編集ソフトです。
フォトショップなどプロユースの画像処理ソフトなんかもってねーよって人向けです。
エロパワーは偉大ナリ!

ツール自体の使い方はこことかを参照してください。
http://www.tohoho-web.com/wwwgimp.htm


◆TGAファイルの処理
TSOファイルを開梱して作られたTGAファイルをGIMPで扱うには処理が必要です。(Ver.2.6.4以降では必要ないとのこと)
処理を行わずに読み込むと透明度等を記述しているアルファチャンネルが読み取られずに正しいテクスチャファイルになりません。
処理の方法はバイナリエディタで開き18バイト目を0x00から0x08に変更します。
改造スレでよくある記述では 00000011 00>08 ということです。

◆TGAファイルの読み込み
GIMPでTGAファイルを読み込んだ際に、[ダイアログ]-[チャンネル]でチャンネルダイアログを表示します。
赤青緑の三原色のほかにアルファチャンネルと表示されていればTGAファイルの処理は成功です。

◆アルファチャンネルの編集
開いたTGAファイルは普通に編集可能ですが、アルファチャンネルだけを編集したい場合があります。
以下の手順でレイヤーマスクに変換して編集しましょう。
・[ダイアログ]-[レイヤー]でレイヤーダイアログを表示する。
・[レイヤー]-[マスク]-[レイヤーマスクの追加]
・レイヤーマスクの追加 ダイアログが表示されるので、[レイヤーのアルファチャンネルを移転]を選択して[追加]ボタン
・レイヤーダイアログにレイヤーマスクの欄が表示される。
・[レイヤー]-[透明部分]-[アルファチャネルを削除]で移転元のアルファチャンネルを削除します。
・レイヤーダイアログで右クリックし、[レイヤーマスクの表示]と[レイヤーマスクの編集]にチェックを入れる。
これでアルファチャンネルの編集が可能となります。
アルファチャンネルの編集が終わったら次の手順でアルファチャンネルとして適用します。
・レイヤーダイアログで右クリックし、[レイヤーマスクの適用]を選択

◆TGAファイルの保存
TGAファイルの保存は、以下の手順で行います。
・[ファイル]-[別名保存]で拡張子TGAとして[保存]ボタンを押します。
・TGA形式で保存 のダイアログが表示されたら、[RLE圧縮]が未チェック、[左下が原点]にチェックが入っていることを確認し、[保存]ボタンを押します。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。