TAHdecGUI


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TDCG_MOD_TOOLSがCUI環境なのに対し、こちらはTAHdecrypt.exeを参考につくられたGUI環境のツール。

DL

改造専用ろだ XPC00271 ver 1.6.4
要件:.NET Framework 3.5(一応.NET Framework 2.0でも動く)

主な機能

  • TAHの展開(複数ファイルの一括処理可)
  • TAHへの梱包(TAHのバージョン指定・複数フォルダの一括処理可)
  • TAHファイルの中身閲覧(ver1.6系からtsoを3D表示できるようになった。※若干のマシンパワーが必要)
  • 選択したファイルの個別抜き出し(複数選択可能)
  • tsoファイルなどが存在するフォルダでの一括ファイル名変更(tbnで指定しているファイル名も変更する。文字数は変更不可)
  • ファイル名の連番書き換え(ver1.6.4から)
詳しくはreadme.txtに記してある。

特にファイル名一括変更が便利で、tbnファイル内でのtsoファイル名の指定も自動で書き換えてくれる優れものなので、ファイル名変更がとても簡単に行える。
ファイル出力先のフォルダはTAHdecGUIが存在するフォルダになっている。
出力先フォルダを指定するにはアドレスを変更する必要がある。
(※ver1.5.3よりコマンドライン引数で、ファイルを書き出すフォルダを指定できるようになった)

現在判明しているバグ

  • tbnを下から複数選択して「ファイル名変更」するとエラーが出る。
    • 対処:上から複数選択する
  • 「属性変更」で複数選択しても先頭のtbnしか書き換えない。
    • 対処:16進数の数値だけでなく「分類1」なども入力する
  • 逆に「分類1」を入力すると、属性が強制的に先頭のtbnのものに書き換えられてしまう(複数属性のtbnの番号だけを書き換えるという事ができない)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。