アイドルフォロー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイドルフォロー

騒動の初期、唐澤貴洋弁護士が当時所属していた恒心綜合法律事務所のtwitterが発見され、
そのアカウントが多数のアイドル、またはそれに関する人物をフォローしていると話題になった。
唐澤貴洋弁護士がその一部始終を見たのかは今となってはわからないが、話題になるとすぐにアカウントに鍵を掛け、非公開の状態のまま2年近く業務を続けていた。(そのアカウントはなりすましや偽物ではなく間違いなく唐澤貴洋氏が管理運営しているアカウントそのものであった)
アイドルをフォローする事自体は事務所のアカウントでやるべきかどうかは別として、法律事務所の顧客としてフォローしていた可能性は十分にあり、自由にするべきであるではあるが、話題になった途端すぐに鍵を掛けたために「疚しいことを考えていたのではないか」と疑われるような事態になってしまった。

唐澤貴洋弁護士がフォローしていたアイドルの例

真野恵里菜 @erina_mano(ハロー!プロジェクト所属21歳) 
http://twitter.com/#!/erina_mano 
スマイレージ 前田憂佳 @yuukamaeda(ハロー!プロジェクト所属17歳) 
http://twitter.com/#!/yuukamaeda 
スマイレージ 小川紗季 @sakiogawa(ハロー!プロジェクト所属15歳) 
http://twitter.com/#!/sakiogawa 
スマイレージ 福田花音 @kanonfukuda(ハロー!プロジェクト所属17歳) 
http://twitter.com/#!/kanonfukuda 
スマイレージ 和田彩花 @ayakawada(ハロー!プロジェクト所属17歳) 
http://twitter.com/#!/ayakawada/ 
AKB48 河西智美 @tomoomichan(ホリプロ所属20歳) 
http://twitter.com/#!/tomoomichan 
AKB48 増田有華 @yuka_masuda(office48所属20歳) 
http://twitter.com/#!/yuka_masuda 
AKB48 小林香菜 @Kobayashikana48(office48所属21歳) 
http://twitter.com/#!/Kobayashikana48 
AKB48 秋元才加 @akimotooo726(office48所属23歳) 
http://twitter.com/#!/akimotooo726 
AKB48 梅田彩佳 @AyakaUmeda(office48所属23歳) 
http://twitter.com/#!/AyakaUmeda 
福見真紀 @mak1tan(フィットワン所属18歳) 
http://twitter.com/#!/mak1tan 
中村知世 @nakamurachise(アワーソングスクリエイティブ所属25歳) 
http://twitter.com/#!/nakamurachise 
駒谷仁美 @hitomi_komatani(サンミュージックブレーン所属SDN48の元メンバー23歳) 
http://twitter.com/#!/hitomi_komatani 
姫崎愛未 @HimesakiAmi(ジョブネット所属LinQのメンバー18歳) 
http://twitter.com/#!/HimesakiAmi 
原田まりる @HaraDA_MariRU(ケイダッシュステージ所属27歳) 
http://twitter.com/#!/HaraDA_MariRU 
平野綾 @Hysteric_Barbie(Grick所属24歳) 
http://twitter.com/#!/Hysteric_Barbie 
浦えりか @erika_ura(ファインモーション所属25歳) 
http://twitter.com/#!/erika_ura 
Fairies @fairies_me (ヴィジョンファクトリー所属13~15歳によるアイドルグループ) 
http://twitter.com/#!/fairies_me 

また、
恒心綜合法律事務所 
@KoushinLawfirm 
芸能人は評判が命です。整形,男女問題,根拠のない噂が芸能生命を短くします。所属事務所に相談されて
いない問題も秘密厳守でご相談にのります。誹謗中傷対策は恒心綜合法律事務所に。 

恒心綜合法律事務所 
@KoushinLawfirm 
芸能プロダクションで所属タレントのインターネット上での誹謗中傷でお困りの場合は,恒心綜合法律事務
にご相談下さい。 
タレント育成において,イメージ管理が必須であります。所属タレントの人気は築くのは大変ですが,一日のう
に失墜します。 
このような脅しのようなスパムツイートをしていたことも、「アイドルに出会いたくてこんなツイートをしていたのではないか」と余計に疑われる原因になっていた。