※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


・「チャージ」

Aチャージは必殺技の後にしか出せないのに対し、こちらは単発で
好きな時に出せるのが利点。ただしキャンセルからは出せない。

通常の連打だとゲージは一押しに約5%ほどしか溜まらないが、
特定のタイミングでボタンを押せば12.5%と、二倍以上の上昇を得られる。
一回のアクションチャージで80%溜めたなら、後の20%はチャージで補うというのも賢い選択だ。

LV2の必殺技は攻めるのにはもちろん、反撃にも適している。
隙を見つけてのチャージを取り入れるだけで状況が変わる事もあり得る。
チャージはLV3に到達できる唯一の手段だがLV2への足がかりにもなるので、
互いが離れた時は積極的な使用をオススメする。


・「チャージバースト」:

1〜28F無敵 動作中被カウンター扱い RC不可能 ダウン復帰不能時間20F


チャージ中に攻められてもこの反撃技がある。バーストとは爆発の意。
炎のフィールドで相手を吹き飛ばす事ができるぞ。
発生は19Fとかなり遅めではあるが、その前後が無敵なのであまり問題は無いだろう。しかしガードされた場合は反撃が確定してしまうほど隙が大きい。毎回バーストを出していると痛い目に遭うぞ。
ちなみにチャージ中に連打をやめた場合、隙はほんのわずかで済む。
相手がバーストを警戒するタイプかどうかを読み、使用を決めていこう。

チャージ中の危険を払拭するのが主な使い道だが、
63214+D>HSですぐに出せる点も見逃せない。
流石に、起き上がりに使うのは難しいが(最速でも入力まで2Fかかる)、
SVの二倍もの無敵時間を持つのだから、ソルのガンフレイムなど
SVで避けきれないものに反撃する手段として使える。

また極めて少ないものの、10のダメージがある。立P一発分程度の威力ではあるが、相手のライフゲージが視認できないほど残り少ない場合、チャージで誘ってバーストでトドメ、という戦法も成り立つ。
RCできないという欠点はあるが、意外な使い道がある技だ。

ちなみに壁際でカウンターヒットしたら、場合によっては追撃が決まる。そうでなくても有利な状況となるので、チャージバースト後に再度チャージするのか攻めるのか、その判断も重要となるぞ。


Back