※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「リバサ」(リバーサル REVERSAL)

リバサとはリバーサルの略称で、なんのことはない、
「起き上がり直後に必殺技を出す」だけのこと。

リバサは起き攻めから脱出する上で非常に重要となるテクニック。
ダウン中にも攻撃をくらってしまう本作だが、さすがに起き上がる最中は無敵となっている。
ゆえに起き上がった直後に無敵技(例:シュトルムヴァイパー)を出せれば
無敵->無敵という流れになり、攻撃を容易に返せる。

ソルやカイを使用する場合は、試合の冒頭で確実にリバサできる腕前をアピールしておこう。相手は気軽に起き攻めを仕掛けることができなくなる。起き攻めするかしないか、の二択に制限出来るのだ。
毎回バラエティ豊かな起き攻めを仕掛けられて泣いている方は、無敵技の性能が良いキャラに変えてみると勝ちやすいかもしれない。

リバサに使っていく技は「入力と同時に無敵」となるものが望ましいが、
「入力と同時に空中判定」を使うのも面白い。
例えばソルのライオットスタンプ。これを出した場合、攻撃を避ける可能性はハッキリ言って低いが、攻撃を受けても空中喰らいとなり、受身をとっての脱出が可能なのだ。
同じ事はバックステップでも可能であり、ダメージ覚悟で脱出したい時に有効。

他に「入力と同時に低姿勢になる」技(例:ガンブレイズ)なら、起き上がりに重ねられた飛び道具全般を避けることができるぞ。

どの例にも当てはまらないが、リバサ通常投げもオススメできる手段。投げ成立に一切の時間を必要としないので、相手が投げ間合いに居れば問答無用で投げられる。聖騎士団ソルの6K、メイの立Kなど投げに対してのみ無敵を持つ技もあるので過信は禁物だが。


ちなみに完全に起き上がりと同時に技が出せた場合、画面上にも「REVERSAL」の表記が出ている。CPU戦でダウンを奪われた時など、自分のリバサ精度を確認してみると良いだろう。

※表記が出るのは、必殺技と覚醒必殺技に限る。


なお、必殺技は 起き上がり1F前、
覚醒必殺技は 起き上がり2F前に入力してしまっても技が出る。
リバサが出しやすいように配慮されているのだ。

一方、通常技と通常投げにはこの仕様が無いので、リバサで使う際はジャスト入力が求められる。



「詐欺飛び」

上記リバサへの対抗手段。
相手のダウン中にジャンプし、着地すれすれのジャンプ攻撃を出すことを指す。
相手としては対空技を出したくなるシーンだろうが、それこそ狙いとなる。
こちらは、着地してのガードが間に合うのだ。

本作は入力と同時、つまり1Fから無敵となる技はあるが、1Fから攻撃判定が出る技など存在しない(通常投げは除く・・・)。最速の技でも※3Fである。
こちらの詐欺飛びに対し無敵技を出されると、攻撃こそ避けられるが、相手の無敵技が攻撃判定を持つ頃には、こちらは着地してしまっているというわけ。
1/60秒単位の攻防、ここに極まるといった感じである。

さらに着地すれすれに攻撃を出す都合上、F式を狙うに絶好の条件が揃っているという事でもある。相手が素直にガードした場合はそのままJCしてF式を狙おう。もちろんJCせずに、屈Kや投げにいくのも選択肢として有効。

マスターできれば実用性の高いテクニックだが、ジャンプが少しでも遅れると対空技のえじきとなってしまう。
また、ジャンプ攻撃を出すのが遅すぎると、攻撃判定が出る前に着地してしまう。相手が釣られて対空技でも出してくれれば助かるが、投げられてしまったりすると悲惨である。実行は自分の腕とよく相談しよう。

※ソルのインストール版の通常技には発生2Fのものがあるが、例外として省く。


Back