※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊技まとめ  屈技まとめ  J技まとめ

ガトリングルート  通常技まとめ(補足)



立P:

ソルのものと同じ。ほぼ同性能だが、聖ソルのものはガードされ時に五分ではなく若干有利となる。
基底80%(コンボの最初にこの技を使った場合、後に出す技の威力が全て80%になってしまう)
  • 正式名称は「基底ダメージ補正率」。一部の技に設定されている。


立K:

見た目は初代GGの殺界発生技を思わせる膝蹴り。実際はソルの立Kモーションの流用で作られている。
そこそこの早さで連打可能。ところがリーチは立Pと殆ど変わらないほど短く、対空にも向かない。
本当に近付いていないと当たらない為、使いどころが難しい技だ。
接近された時などに、直前ガードからこの技で割り込むのはオススメである。
攻撃判定発生がなんと3Fで、ゲーム中最速を誇る技の一つなのだ。(基底90%)


遠S:

その場で炎の無いファフニールを使う。残念ながら出すのが少しでも遅いと打ち負けてしまうことが多い。特殊なヒット効果も無く、これ自体はあまり重要な技ではない。
ここから何をキャンセルして出すかがポイントだ。

カウンターヒット時に6HSへと繋げられる。



近S:

バットでスイングするように、目前の敵を斬り上げる。特殊な効果は無く、リーチも短め。ソルの近Sより短いと思われる。上のほうに攻撃判定が出る為、カイの近Sなどのように、浮いた相手を拾う目的で使っていくことは充分可能なのだが。 

デッドアングルアタック:

近Sで行う。デッドアングルアタック時はその場でダウンさせるように。
無敵時間が9Fしかないので(他キャラ平均は17F)、慎重に使う必要がある。密着CH時に立Kで拾い、空中コンボに行けるので覚えておこう。多少遠くても、立K>遠S>必殺技で少しでもダメージを与えるのが吉。
(基底50%)


立HS:

大剣を斜め上へと突き出す、計2ヒットの強力な技。発生が早くリーチもあり、
地上の敵にもある程度近ければしっかりヒットする。
地上から空中にいる相手をこの技で捉えた場合、JCすればさらに追撃できる。
また地上ヒット時でも、近距離ならJC>昇りジャンプ攻撃が間に合う。

隠れた特長として、技中にソル自身の喰らい判定が1キャラ分ほども前に移動する為、
密着時にこの技を使うと相手の様々な技を回避することができる。


立D(ダストアタック):

見た目は、イスカでソルが使っていた「ライン飛ばし攻撃」。
残念ながらリーチは短く、密着に近くないと当たらない。
この技はテスタメントのダストのように、ソルの喰らい判定が後ろへ移動する。よって打点の高い技なら避けられる事も、極まれにある。