※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立ち技まとめ  特殊技まとめ  J技まとめ

ガトリングルート  通常技まとめ(補足)



屈P:

見た目はソルのものと同じ。性能面でもほぼ同様である。(基底80%)


屈K:

見た目はソルのものと同じ。性能面でもほぼ同様である。(下段 基底70%)


屈S:

見た目はソルのものと同じ。発生が6Fで、ソルのものより4Fも早い。
エフェクトの先端より先にまで攻撃判定があるが、リーチ面では劣る。
紗夢の爆蹴やロボカイの屈Kなど、低姿勢となる技にも当たるのが嬉しい。
同キャラ戦では相手のガンブレイズを潰す事も可能だ。
屈Sを起点に、様々な技をキャンセルで出して行こう。

カウンターヒット時に6HSへと繋げられる。



屈HS:

低ジャンプから大剣を叩きつけるオリジナル技。この技の後に、他の技をキャンセルして出すことは出来ない。CH時に限り床バウンドとなり、しかも受身不能時間がとても長い。ほうっておけばダウンを奪えるし、CH直後にダッシュできれば、立Kや近Sで拾い余裕を持って空中コンボに移行可能。
(中段 基底90%)

また14〜22F下半身無敵、17〜22F投げ無敵となっている。時間は短いので効果を狙って使用するのは難しいが。下半身無敵の範囲はかなりのもので、打点が中程(に見える)技でも避けてしまうことがある。

剣の部分には喰らい判定が無いので無敵技対策にもなり、空中の相手を捉えることも一応出来る。使いにくい印象もあるが、何かと補助効果の多い技だ。
ちなみにガードされたり、通常ヒットした場合は五分の状態となる。そこから連続技にしたいならRC必須。それが出来ない場合は、発生の早い立Kや屈Kでフォローしたり、暴れ潰しにSVを強気で出していこう。


屈D(足払い):

やはり見た目は変わらないが、ソルのものよりずっとリーチが短くなっている・・・
さらに低姿勢時間が6〜22Fでソルより低姿勢になるのが2F遅く、攻撃発生が9Fなので
これまた2F遅い。決して性能が良いとは言えないが接近戦を多用する聖騎士団ソルにとって、
相手の攻撃を避けつつ反撃できる技は貴重だ。
ダッシュからの屈Dはカウンターをとりやすく、その場合は立Kや近S、密着なら必殺技のGBも繋がる。
覚えておいて損は無いだろう。(下段 ※強制基底90%)

ムックでは基底90%となっているが、強制基底90%の模様。