※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スレイヤーのKマッパハンチ並の性能を持つ、信頼できる突進技。上半身無敵技には
めっぽう弱いので注意。 足払いから直接繋ぐには最もオススメとなる技だ。
LVが上がると、LV1と同じ技の後に追加攻撃が出るようになり、LV3では三段技になる。
相手のサイクバーストに弱いのが欠点。

最初(LV1)の攻撃はソルの喰らい判定が拳先に集中しており、デッドアングルで無敵になった相手にこの技を合わせると、拳がめり込む形となりデッドアングルを避けてしまうことも。同様の理屈でサイクバーストや単発の覚醒必殺技を回避できることも一応ある。見事成功すればかなりラッキーだ。グラフィック通り足下の喰らい判定が大きく後ろへ下がる点も見逃せない。しかし突進タイプの技であるから、ソルの足払いなど低姿勢な技を置かれると、空振りした上に自ら転びにいってしまうが。

ちなみにムックには記述が無いものの、技の前半がディズィーのダッシュのように足下無敵だと思われる。地面に判定が出るディズィーの覚醒投げ、ポチョムキンのスライドヘッドを回避できるケースが実際にある。


LV1:※持続16F

中途半端な間合いでは屈Sか、この技を出していくと良いだろう。ロックイットだけを連発するのも意外と使えるぞ。Aチャージする場合は最速で、時おり使ってしまおう。相手次第になってしまうが、反応されなければ大丈夫だ。
ヒット時に相手と密着であれば立K、しゃがみ食らいならS系統の技が連続ヒットする。起き上がりにロックイットを重ね、ヒットした場合に狙ってみよう。

※攻撃判定の出ている時間。


LV2:持続17F(間10F)3F 二段目壁バウンド効果、ダウン復帰不能時間25F

LV1の後、大剣で切り裂く追加攻撃が出て連続ヒット。追加攻撃は非常に広範囲に有効。ヒット時は相手を浮かすことができ(受身は可能)、カウンターヒット時は浮きが高く。ヒット時の追撃はRCを併用しないと間に合わないケースが多い。間に合うのは二段目が密着ヒットした場合で、この際は立KやS系の技を当てられる。


LV3:持続15F (間10F) 3F (間15F) 4F

二段目壁バウンド効果 ダウン復帰不能時間25F 三段目浮かせ効果、

ダウン復帰不能時間45F ヒットorガード時ジャンプキャンセル可能

LV1〜2の後、地面から湧き上がる炎と共に、敵を上空へ殴り飛ばす。そのモーションはタイランレイブver.ベータの初段アッパーをより激しくしたもの。腕の伸ばし具合と身体の反りがいい感じである。
全ての攻撃は連続ヒットするようになっており、あえて途中でRCする必要は皆無。
さて技の性能だが、これもヒット時に受身をとられてしまうものの、かなり高く浮かせることができる。さらにこの攻撃はなんとジャンプキャンセルが可能となっており、ヒット時はハイジャンプからの追撃を決める大チャンスだ。もちろんガードされた場合のフォローにも使える。


Back