※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LV1:

全体44F 33F目からAC移行可能 1-19低姿勢
ダウン復帰不能時間40F

LV2:

全体50F 41F目からAC移行可能 1-27低姿勢
ダウン復帰不能時間一段目60F 二段目30F

LV3:

全体56F 47F目からAC移行可能 1-33低姿勢
ダウン復帰不能時間一、二段目60F 三段目50F

全LV共通で、被CH発生せず

(ガードレベルゲージMAX時は除く)

LV1は動作開始11F目から、LV2〜3は13F目から

攻撃を受けても火柱発生



グランドヴァイパーの様な低姿勢で突進する技。しかしソル自体に判定は無く、ソルが通った地点に発生する火柱で攻撃するという超異色の技。相手と接触した場合は、通り抜けて背後に回り込める。LV3は初代GGでのソルの一撃必殺技「オールガンズブレイジング」を彷彿させる。火柱には相手を浮かす効果があり、高LVほどソルの突進距離、相手を浮かす高さ、相手の受身不能時間が伸びる。 

これをリバーサルで使えば、移動起き上がりのような効果が得られる。下段技を重ねられると避けられないので過信は禁物だが、大半の起き攻めが回避可能なので覚えておこう。

相手が低空からの攻めてきた場合、対空目的でガンブレイズを使うことだって出来る。
また、移動の終わり際に青キャン可能ポイント(全LV対応)もある。地上で相手に炎をガードさせた場合は、ソルが大幅有利に。青キャンを併用すれば、相手が固まっているところを崩しにも行ける。
動作がある程度進めばダメージを受けても火柱が起こるので、相打ち狙いでの連発もあり。背後に回り込めず相手の眼前で止まったりすると悲惨だが、リスクとリターンが釣り合った、特に重要な技と言えるだろう。

その性能から起き攻めの手段としても使っていける。相手の起き上がりにダッシュからのガンブレイズか投げに強い6Kかで、手頃ながら引っ掛けやすい。

なお2P側でプレイしている場合に限り、ガンブレイズで

画面端を背負った相手の背後へ回り込める。

レバーを画面端とは反対方向に倒していると、回り込まずに相手正面で停止する。
幻惑効果が高いので覚えておこう。

※なおこの仕様は、続編のアクセントコアでは無くなっているので注意。


Back