※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Back

※どなたでも編集可能。■から書き始めて下さい。

SLASH

■基本姿勢の高い相手なのでF式を狙いやすい。習得していれば起き攻めで優位に立てる。しかしジョニーの通常技はリーチが長い上に発生も早く、立ち回りで圧倒されてしまう事もしばしば。接近には読まれない程度にロックイットを使っていきたい。コインの下を潜ることができ、攻撃自体がわりとヒットしやすいのだ。ヒット後に暴れる相手には、即座に遠Sor2Sを出してやる事でカウンターを取りやすいぞ。距離がうんと近い場合は立Kや2Kのほうがより安全で、「俺の名」を警戒するなら足払いを出していこう。
本作にてジャックハウンドという突進技がジョニーに備わったので、不用意なBHB>ACは危険を伴う。リスクはあるもののロックイットを多用したガン攻めがここでも有効。また、ダッシュからのGBはLV2以上であればかなり決まりやすい。ロックイットが対処され始めたら、こちらに切り替える。
追い詰められた際に最も恐ろしいのが低空燕穿牙。これにGBを合わせるのは至難の業だが、相手が単発で使う事も多いだろう。その場合は先読みのSVor立HSでも対処できるので、使用を考えておく。


■ジョニーの攻撃は聖ソルに対して対空を兼ねるものが多く、かなり厄介。それでいて地上ではリーチ負けする為、こちらが大きく不利である。
これを覆すには、とにかくダッシュからのジャンプを多用すること(最初にJPなりFDするのは必須)。のんびり相手の前でジャンプしてはいい的。必ず走るべし。走る距離が稼げないなら、FDで間合いを離すか、ハイジャンプ>空中ダッシュを使ってでも距離をとろう。
ジャンプから出す技は、もちろんJHS。タイミング次第で相手の6Pを潰せるので、そうなればリターンも大きい。

こちらの飛び込みが成功すれば、一気に聖ソルの立Kが届くくらいの距離にまで近付けるはず。
ここでおすすめなのが、GBのぶっぱなし。CH判定を持たないのでジョニーが屈HSを出してきても被害は少ない。それどころか、ソルが喰らっても発生する炎がジョニーをとらえやすい。他の技で反撃されても、やはり同様のケースになることが多いので試す価値は十分あるだろう。ヒットした場合のリターンはとても大きい。
GBが投げられると悲惨だが、そこは毎回出さず、通常技と使い分けていくことで、それなりに乱すことができる。

飛び込み辛い相手ではあるが、それでも地上に張り付いて戦うよりは、飛び込んでいったほうが勝ちやすいはず。ある程度の無茶をすれば、次からはそのままダッシュで突っ込む行為が奇襲になるしで、最初から積極的に動いておこう。











AC