甘楽ノ歪螺 蔵未孝一・鬼火


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

家名<甘楽>

甘楽ノ歪螺 蔵未孝一・鬼火
かんらのえにし くらみこういち・おにび


性別:男
年齢:見目は20代半ば
身長:184cm
誕生日:捨て子なため不明・拾われたのは春夏の境


「知らざあ言って聞かせやしょう、甘楽ノ歪螺・蔵未孝一、鬼火と聞いちゃあ俺のことよ、
安い喧嘩を束で売られちゃ、買わん訳にゃあいくわいね、
札束焼いて叩いてやらあ、ちょいと火遊び願いやしょう」




【概要】
甘楽分家が一つ、姓は「焔香(エンコウ)」。
世継ぎは火に纏わるあだ名を戴く。
他家の者の前で家の者のことを「愚兄」「愚弟」などと謙って呼ぶ習わしがあるが、
これは「家の者を粗雑に取り扱って良いのは我が家の者だけ」という誇りの表れ。謙遜ではない。

家系への誇りが強い。家を穢す者は内外問わず決して許さぬ。
現在の当主は例外的に二人おり、そのうちの一人がこの鬼火である。
彼らを合わせて「甘楽兄弟」「焔香兄弟」「甘楽分家の美貌兄弟」などと称す。


元は焔香の屋敷の前に捨てられていた赤子である。世継ぎに恵まれていなかった焔香の家が拾い跡取りとして大事に育てた。
妾の子である沢霧と二人で家を継ぐこととなる。曰く、「血の無い蔵未と名の無い沢霧で具合がよかろう」。

どうやら半妖、鬼の子である。母は人間であったようだが鬼の男とまぐわったと見える。
浅黒い肌と精悍に整った顔立ちが特徴。

《象徴花》
鳳仙花
(※英名の意味…「我慢できない」)

《武器》
日本刀『輝血(かがち)』
赤い刀身、黒い柄。斬れ味の鋭さに優れ、両刃であり、彼でなければ扱えない。
暗器『爪紅』
毒の仕込まれた赤い付け爪。
(※輝血…鬼灯の別名)
(※爪紅…鳳仙花の別名)