光輪の精霊シャウナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1弾のスーパーレア。
初期のレアにありがちな準バニラのファッティ。
第1弾の最高パワーを持っており、初期の光のフィニッシャ-となっていた。
だが準バニラの宿命として、残念ながら現在では活躍を望むのはキツイ。
ほぼ上位互換の不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシーですら採用率を落としている現状では
なかなか厳しいものがある。
デッキの戦力としての役割は多くの優秀な後輩たちに譲り、コレクションとしてカードイラストや
フレーバーテキストを楽しむのがいいだろう。
ちなみに第1弾で登場してから10年以上の間一度も再録されなかったが、
スーパーレア100パーセントパックにて
アクア・スナイパー、
混沌の獅子デスライガ-、
デスブレード・ビートルと共に再録されている。

フレーバーテキスト
DM-01
ドラゴンの炎が天を焼き、精霊の光線が大地をえぐった。その戦いは七日七晩のあいだ続いた。
DMX-19
世界の始まりの時から二度と見れないと思っていた「聖なる光」が、ここに蘇る。その光は、ふたたび七日七晩にわたる戦いを導くのか、それとも龍の支配を終わらせるのか...。