企画のポイント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A4パンフレットの企画は、映画企画と、似たところがあります。

ちょっと飛躍してしまいますが、映画の面白さは、まず、“いい企画かどうか”だと思います。
パンフレットも、人の目に触れて、人の心を動かしたり、一言では言い表せない印象を持ってもらうことが目的です。
でも、真っ白なキャンバスの上に、何を、どう表現するかどうかとなれば、なかなか難しい部分がありますね。

通常の印刷会社も、この部分は手が出せないところなので、依頼される方からの完全データ支給という形で、原稿を待たざる得ないのです。
もちろん、広告代理店が入ることで、印刷の企画を、撮影からデザインなどを、依頼する方法もありますが、これもまた、意思疎通が出来ていないと、いいものが出来上がりません。

パンフレットの企画のツボ

そこで、パンフレットの企画のツボを幾つかご紹介します。
  1. 何でもかんでも入れないで、一本に絞る。
  2. 何でもいいので、人間くさい部分を素材として使う。
  3. 体験談は、出来るだけ載せるとバッチリ
という感じですね。















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。