シェルの種類


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シェルの種類

sh Bourneシェル。ベル研究所のSteve Bourneによって開発された最初のシェル。全てのUnixに標準搭載されている。ヒストリ機能や別名機能を持たないなど、ユーザーインターフェースとしては、不便であるが、Unixの標準スクリプトのほとんどがBourneシェルで記述されており、今では、標準シェルスクリプトインタプリタとなっている。
csh Cシェル。バークレイ版Unix開発の中心であった、Bill Joyによって開発されたBSDシステムの標準のシェル。ヒストリ機能や別名機能などが装備され、今でも愛用者が多い。シェルスクリプトの文法がC言語ににている事からCシェルと名づけられた。現在では、SVRシステムにも標準装備されている。
ksh Kornシェル。ベル研究所のDavid KornによってCシェルに対抗する形で開発されたSVRシステムの標準シェル。Bourneシェルの機能に加えてコマンド行編集機能やヒストリ編集機能が画面モードで行えるなど操作性にも優れている。
tcsh cshシェルにファイル名補完機能やkshと同じような画面モードでのコマンド行編集機能など多数の機能を付加したcshの上位互換シェル。cshと互換性があので、cshの環境設定ファイル .login や .cshrc等を書き換える事無くtcshに移行する事ができる。
zsh プリンストン大学の学生Paul Falstadによって開発されたシェル。ファイル名補完やコマンドラインスタック、ワイルドカード、履歴機などの強化、キータイプの省略化等、tcshやksh等を機能拡張した最新のシェル。
bash GNU版のシェルで、Bourneシェルの強化版。GNUプロジェクトの標準シェル。
ash Bourneシェル互換のシェル。フリーのUnix等にshの変わりに搭載されている事が多い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。