しぃによる「アニマルヒーリング」の現状分析(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

43 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:37:16 ID:CSLDFuHt0
━━─────────────────────────────


        『しぃによる「アニマルヒーリング」の現状分析』(2)


─────────────────────────────━━
    最初に、改コピ中心となっていることを深くお詫びします
    本作品は虐殺AAを使用していますので不快な方は避けて下さい



44 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:38:16 ID:CSLDFuHt0
16

           ヽ /ヽ /ヽ γヽ  /|   /ヽ_/ヽλ,、γヽ  /ヽ
            V  V   ヽ/  ヽ/  ヽ/         V  \/ |
                                          ヽ_/Vヽ  
                                               |
                ∧∧                                \
               (;^ー)     ハ,,ハ      ハ,,ハ  ハ,,ハ           ヽ
                ./  |    ('(゚0゚*)      (*゚-゚)(゚-゚*)       ハ,,ハ      |           
             〜(_ィU     c(,,u,,)っ    ~(,,,,,,っc,,,,,,,)~   (・o・,),,)~  /    
          "'"""'"'"'"'"''"'"'"'"'"'"'"'"''"'"'"'"'"'""'"'"'"'"'"'""'""'"''""'"'"''
========================================================
  島に移住させられたしぃは自治区に集められたしぃであり、しぃ族全体の3割だといわれている

         残りのしぃは何処にいたか?山林の奥のほうに逃げていたのだ

            穴蔵に巣を作り、隠れ住む生活を続けていた
========================================================

45 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:39:48 ID:CSLDFuHt0
17

                  _ ∧_∧         ∧∧ 
                 |〜|\´∀`)       (゚ー゚*) 
                   ̄(つ   )        | ∞ | 
                   | | |        |   )〜
                    (_(__)        し'`J 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
                                       ハ,,ハ  
                                    o(。,,。*)o
 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧          ∧∧∧∧∧   ∧∧ζζζ∧∧  ∧    ∧∧
 ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒   (゚ワ゚*) 
                                                ζ⊂ Uヽ
                                                  ⊂ ⊂ )〜

                  γ'⌒ ∧∧       
 ∧∧∧∧∧          〜(,,_)U(*゚O゚)ζ∧  ∧       ∧∧   ∧∧∧  
 ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒   ∧∧ ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒        ∧∧  
                              (( ∩*゚ワ゚)        ハ,,ハ      ハ,,ハ(゚ー゚*)  
                                ヽ   U        (*・o・)     (ワ^*)と  |  
                                〜O- ⊃      (( ~(._,,っ∧    ~(_,,っと-O〜
========================================================
             また、山間部には人の居なくなった廃村も数多くあり、

               身を隠しながら生活するのにうってつけだった

  虐殺を逃れたしぃ族はしぃ族を表立って庇う数少ない人々と共に廃村や穴蔵に隠れ住んでいた
========================================================

46 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:40:41 ID:CSLDFuHt0
18

                                     ________________
                                       |i| ̄ ̄ ̄ ̄|i|
                         ∧_∧           .|i|        |i|
          ________(‐@∀@) _______,|i|        |i|_______
          .________  /  V l             ∧_ ∧|i|     ||
          |\、<>ri≪!_,,:::;;;\(_7_j__j)________(ー@‐,,彡_____||___
          `l゙、lニニニニニニニニニニ!(__)__)            iY  _ヽ
            `!.:.:.:..:t┬i!.:.:.::.i´、、                  (|__,ヽ_)
                       ))                 (__(__)
                     ((,,__            
========================================================
     しかし、それも長くは続かなかった。狂気というのは最後までいってしまうのだろうか

  とある科学者の開発したしぃ族のみにかかる病原菌ウィルスである記憶神経破壊型ウィルスの

            「パラダイムロスト」を国中に散布することが決定した

        この科学者は、先の核兵器爆発によって家族と婚約者を亡くしていた

   ・・・・・悲しみや怒りという偏った感情は感情の終端まで人を加速させるのだろうか
========================================================

47 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:42:03 ID:CSLDFuHt0
19

                    バタバタバタ…
                 ーt-
                ゙-(ニ)
                  ;
                  ∴
                ∴    バラバラバラ
_,..、-''"~""''';,‐-..,
          `゙''ー-、,__,,..-‐''"'''- ._,,..-‐''~"~"'''''‐-
      ,__,,...-‐ '''""      , -'"          ``丶、.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''.:i;;:;: :::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ;;:i;;:;:..
           ...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:.il.::::::::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:il::.:....
              ...::..:..:..::::..:..::.:..幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵:::..:...
                       ', "゙
========================================================
     このウィルスの安全性が確認された後(他種に感染しないということ)、政府は

    8兆円もの巨額を用いて5000台のヘリを使い山間部にウィルスを散布したのである
========================================================

48 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:42:47 ID:CSLDFuHt0
20

       (^)   ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ    ノ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ;:;:.;:;;:ヾノ;:;:.,ヾヾヾ;:;:.,ノ
 ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ:::;:;:       ;;:;:φ:: ヾ;:.丿,ヾヾヾ;:(^);:.;:;:;::: ヾ    ;:.ヾ;:;:.,ヾ/
    ;;:;丿:: ヾμ;:.,ヾヾヾ (^)  ;;:;:   丿  ヾ;:;;:ヾ::;ヾ;;:;:: ノ:.,ヾヾ;ξ:;:.;: ヾ丿
;;:ヾ::;ヾノ      ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ 丿  ;:ρ;ヾヾ:;::ヾヾ ヾ;ノ:ヽヾ;:;ヾ:;::ヾヾヾ;:ヾ)
   ;;ァ!\\| |:;;ヾ:;: .r;. ::: ヾヾ:;::ヾrヾ:;;ヾ:;:;:;:.r;. ; . \|.ヾヾ| |ヾヾヾ;;:;:::ヾ)     ,.,.   ,,
;;:;:::.__ |;:'' \  |''~~^||^^~ | |;:;:;;;::;:| |;:;;;;ノ/ヾヽ| |~~~.;;l‖~~゙゙| l丿ノ'^^^      ,.,;:;::、、,,:.:,..
~~ ~~|;|^^  .| |   ||   | |^^...^.| | | |/~^~ .| |  . .‖  | /"         ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
   ..|;|   | |   ||   | |   | | | |     | |   ‖  | |         ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:::
   ..|;|   | |   ||   | |   | | | |     | |  ,,_‖._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ  - - - - -''"''yi''-"''yi''
   ..|;|   | |   ||   | |   | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ'"゙~' ′'"゙~' ′、   .,..ili  .,,,.il
   ..|;|   | |   ||  r'''゙~ ,,. | |、  ;;'"゙~' ′  ゙^゙ヽ"""   ゙^゙ヽ"" ;ヾ  '"''"'"'"''""'"''
   ;;'"゙~'     ゙ヽ"^゙ヽ""""""   """"       """ :;;、":. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,~)      ''"'''
`'''ー      :;、:. ;,:;.;、    :. ;,:;;、:;;、: ´、:. ;;'"゙~;,゙^゙ヽ;;、:,:;;、:. ;,:;;  、:. ;,:; ;、:. ;,:;;、:.)  ''"
jwvjiiijwwiijijyyywWwWWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijjw
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""''''""''''
                                ∧∧ 
          ハ,,ハ     ハ,,ハ        〜'´ ̄ (*゚ー゚)
        ~(,,(*゚ー゚)  ~(,,(*゚ー゚)        し' ̄ し"ヽ)

''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''
========================================================
   それから数年後、知能の無くなったしぃは文字通り猫としかいえない存在となっていた

 餌の無い山間部(知能が無いから農業が出来ない)から、餌を求めて町へと降りてきたのである

        ちなみに、しぃと共に山に逃げ込んだ人々は帰ってこなかった

 一部の廃村に手記が残っていたが、治療に努力したがどうにもならない絶望で自殺した人

    働けなくなったしぃの代わりに働き続けて過労で無くなった人と様々であった・・・・
========================================================


49 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:43:30 ID:CSLDFuHt0
21

                                             |     |┛
______________________________|     |____________
                                            | ___|   ;;
                                            |/|┃┃|      ;;
                                            |/|┃┃|
____________________________|/|┃┃|____________
    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |  |  ̄ ̄|    |    |    |    |    |
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|     |__|__|__|__|__|_
                                        """"""""
~;;                                                  "
                        ∧_∧   ∧_∧    ......
                        ( ´∀`)  (・∀・ )
                 ∧∧        (    )  と    )                  .........
 ......     ハ,,ハ γ⌒(*゚0゚)        Y   人   Y  人   〜〜
     ~(,,(*゚ー゚) し ーし-U         (__)_)  (__)_)  〜〜
                               
                               
                               
========================================================
        こうして都市部でのしぃ虐殺が終わってから数年後・・・・・・・・・

                  再び同じ事が起きるのである
========================================================

50 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:44:36 ID:CSLDFuHt0
22

                                             |     |┛
______________________________|     |____________
                                            | ___|   ;;
                                            |/|┃┃|      ;;
                                            |/|┃┃|
____________________________|/|┃┃|____________
    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |  |  ̄ ̄|    |    |    |    |    |
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|     |__|__|__|__|__|_
                                        """"""""

                       ;"、∵;;'; ;        
                        ,':, (ヽ,)/)〜・∵;;';;
                        λλ;; ,ノハ,,ハ・〜
                     ⊂(;;p゛<)/ (゚q;゚;;),,)'    
                      "' ゙;;ヽ);;;;;゙;,,;;)
                       ∴;;";*;"∴,':,∴,;.・;.’
========================================================
          違いがあるとすれば、同程度の知能のある者を狩るか

         餌を与えるふりをすればすり寄ってくる獲物を狩るかであろう
========================================================


51 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:45:32 ID:CSLDFuHt0
23

               ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧                 
           (゚0 ゚*)(T-T*)(゚ο゚*)(;_;*)            
           ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧   ∧_∧     ∧_∧
          (*T-T)(*゚ 0 ゚)(*>_<)(*゚ο゚)(* ゚- ゚)  ( ・∀・)    (´∀` )
          ∽cc∽o∝∞cc∽o∝∞cc∽o∽ (    )    (    )
           |  | |  | |  | |  | |  |〜 | | |     | | |
           .U"U U"U  U"U U"U  U"U  (__)_)    .(_(__)
========================================================
   ここまで来ると分かった人も多いだろう。そう、君らの世界のペット(愛玩動物)というより

 ペット(家畜・玩具動物)であるということに気づくだろう。つまり、アニマルヒーリングというのは

    食用・虐殺用・心理的優越感を得る為の道具・オナホールの意味合いを含んでいる
========================================================

52 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:46:14 ID:CSLDFuHt0
24

_____
 \     \  
   |      |                  
   |      |.     || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      .||        ||        ||     _________
               ||        ||        ||.   |     ||         |
               ||____||____||.   |     || □      |
_________               日━┓     |     ||____ |
  ?   ? ?   |______________|___..|| ̄ ̄ ̄ ̄ |
 ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|_____|__________l || □      |
 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| | | ̄ ̄| ̄ ̄| | | ̄ ̄| ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| ||         |
        |        | | |   。|。   | | |   。|。   | |o     .| ||         |
        |        | | |__|__| | |__|__| |___| ||_____|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
       ∧_∧                   
      ( ´∀`)
      (    )                   ∧ ∧  ノ   ∧ ∧  ノ
      | | |                   (^o^ ,,)⌒ヽ   (゚ヮ゚*)⌒ヽ
      (__)_)     ,(;;;;;;;)(;;;;;;)(;;;;;;)、      (/ (/´" ヽ)  (/ (/´" ヽ) =3
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
========================================================
                   食用・虐殺用は分かるだろうが、
  
   心理的優越感を得る為の道具と言う意味は分かりづらいと思われるので説明すると

         この頃から、しぃ族をペットとして買うことが流行りだしたことである

 もはや、生産的行為に何一つ関われないしぃを愛玩動物のように扱う事で自らの度量の広さを

 示す手段の1つとしたのである。英国紳士的に言えば「動物を飼うのも嗜みのひとつ」ということだ

    飽きたら、虐殺や食用として楽しむと言う末路に紳士らしさは存在しないが・・・・
========================================================

53 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:47:03 ID:CSLDFuHt0
25

                   ∧_∧
                   (* ´∀`)    
                (( ( つ つ    
                   ) γ゙´゙ハ,,ハ ))
                  (_ι,,u(*゙ヷ)  
========================================================
   また、「パラダイムロスト」には副次的な効果があった。通常男女を分けるXY染色体であるが

           「パラダイムロスト」は卵子に対する防壁のようなものを展開させる

         代わりに精子の刺激があれば勝手に卵子が増殖する仕組みを持っている

           簡単に言うと、他種族と交わっても勝手にクローンを作り続けるのだ
========================================================

54 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:47:44 ID:CSLDFuHt0
26

                                   |    ||\
                                   |    ||☆\
                                   |    ||:*:::o|\
    ̄|| ̄ ̄||    _____                |    ||:::゚:::::|☆\
     ||    ||     |l ̄ ̄ ̄ ̄l|       __________|___ ..||::☆::|:*:::o||
   □||□  ||     ||        ||       .|._. ._. ._. ._. ._. ._. ._. | ..\::゚::|:::゚:::::|| ||\
     ||    ||     |l========l|       .|\______\   \|::☆::|| ||☆\
   _||__||     〓〓〓〓〓       .| |\_____ ̄\  \:o:|| ||:*:::o|\
   二0二二|| ̄ ̄0┻0 ̄ ̄0┻0 ̄ ̄ ̄ .\|∫\         ̄ ̄\  \|| ||:::゚:::::|☆\
    ̄ ̄ ̄ ̄                    .\ヾ \           \    ||::☆::|:*:::o||
                                  \  ||~~~~~~~~~~~~~~~|     \::゚::|:::゚:::::||
                                    \|| ⌒⌒⌒⌒⌒⌒||       \|::☆::||
                    ∧ ∧,.、,.、._              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     .\::゚::||
               ,、,、,、,、(゚ー゚*),、,、 ,、;、                      \       \||
            (o‐(o‐,(つと,(o゙*(o゙*),,)~                     \
                                    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \
                                    |  \             \   \
========================================================
           ここで問題が生じた。固体の適正な管理がなされないのだ

         何故なら、一匹飼えば簡単に子供を増やすことが出来るのだから

     主人が家にいない間に外に出て拾われたり、勝手に子供を作って増えたりするのだ
========================================================


55 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:48:47 ID:CSLDFuHt0
27

            _______                                    |
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                                 |
           |;;;;;;;;;;、,,∧ ∧;_;;_;;/                                    |
           | ̄\"(*/⌒ヽ;;;;;;;\.          ∧∧                          |
       __|:::.... | ̄`l  ,〜 ̄;|______(゚ー゚*)―'〜____________|
           |::::::... |;;,  し'ヽ)   ;;;| (        (ノ(ノーヽ) ≡====----
            .∧ ∧  ̄ ̄ ̄ ̄γ'⌒ヽ∧ ∧             ∧ ∧ 
             (*゚ー゚)       し'ゝ_つ*゚ー゚)つ。?.       (゚ー゚*)
            /  |  . ∧∧            ハ ハ .ハ ハ     0○と|
          〜(_,,UU ゚。△0 ゚*)⌒)〜    ~(,,(*゚0∴o゚*),,)~   .と -O〜
========================================================
     こうした野良しぃ問題は虐殺ブームとも言える第1被爆世代が高齢化したときに

                   増加していくこととなったのである

          つまり、繁殖する数>処理(虐殺)する数の公式へと移行した

             その為、保健所が回収して処理を行っているわけだ
========================================================


56 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:49:28 ID:CSLDFuHt0
28

        |                         ____________
        |                         ||  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ||
        |                         || (*゚ー゚) (*゚ー゚)  (*゚ー゚)  ||
        |                           . || / つつ / つつ / つつ   ||
        |                         ||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
        |                            . ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||
         |                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | 
         |
    ,,,,,,,,,  |                ∧∧   ∧∧   ∧∧
   (,,,,,,,,,ノ |__________(ー゚* )_(*゚ ー゚) _ (゚ー゚*)________
   (*゚ 0゚)/      ∧∧       |  ∪  |  ∪   |  ∪      
   ∪  |        (゚ワ゚*)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|    ∧∧      
.  〜(  |           |  ∪    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   (*゚ー゚)  ∧∧ 
/  U"U      ∧∧  ∧∧  |____________|/   ∪  ⊃ (゚*  )') 
          (*゚ー゚) (ー^* )         ∧∧           〜(  |  ∪  ノ
          ∪  |  |  U|         (*゚ o゚)    ∧∧      U"U   |  〜
.         〜(  |  |   )〜       ∪  |   (0゚* )            U"U
           U"U   U"U        〜(  |   と  ヽ 
                            U"U    ヽ  〜 !
                                   し'`ヽ)
========================================================
              「ダッコ革命党」の事件から半世紀が経過した………

   かつて、「ダッコ革命党」と名乗り、しぃ族中心社会を形成しようとしたしぃはもういない・・・
========================================================

57 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:50:15 ID:CSLDFuHt0
29

              | : : : |
____________| : : : |,;:'"'""'':i;,,;;i;:''"";;''':i;,,;;|!,ii ,;:'"'""'':i;,
l__|,|,|,|,|,|,|,|,|,|__l_,,| : : : |,,,;;ii;;;::..゙ ,,i:;i;;;::. ゙ii;:ii:i;;;::!.゙i;;;::;ii;;;::..゙ ,,i:
_l_|,|,|,|,|,|,|,|,|,|__l__| : : : |:;ii;;;::..゙ ,,i:;i;;;::. ゙ii;:ii:i;;;::!.゙i;;;: ;; ゙ii;:ii:i;;;:┌−、
l__l__l__l__l_| : : : |┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬┤公│
_l__l__l__l__,| : : : |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴|園│
l__l__l__l__l_| : : : |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬|  │
              l.,___,.;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 ∧_∧
                                ( ・∀・)      
                                (    つヽ、∧∧
                                    人  〜'―(*゚ー゚)
             ::/⌒;;;,∧∧::                (__)_)し―し-J  
            ::と;;;';)っ#゚;;p゚)っ::
             "';∵ ゙` '
========================================================
            今いるのは、ペットに成り下がったしぃだけである
========================================================

58 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:50:59 ID:CSLDFuHt0
30

                            
          ___ ____ 
          | ◎|  /.   /|| ∧_∧   
          |.][:|  | ̄ ̄|  ||(´∀` )  
          |= |  \  ̄\_ | l ̄\と ) 
         「二二二二二二二二「二二二|  
         . || |       || | (====)  
       .   || \       ||. \ ||    
       .   ||___] .    ||___]. ロ=O  
========================================================
       かつてのしぃは、我々と同じ言語を話すAAだったと知っている者は少ない

             かくいう僕も、祖父に聞いてなかったら知らなかったろう

        被爆世代は未だ生きている為、この手の話題には誰も触れたがらない

            このまま、しぃはペットとしての生活を行うことになるのだろう
========================================================

59 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:52:59 ID:CSLDFuHt0
31

┌─────────────────────────────────────────┐
│              しぃを飼う目的に関するアンケート 集計結果                  .│
│                                                          ......│
│ 1.貴方のしぃを飼う理由について教えて下さい                             ....│
│                                                          ......│
│    ? 虐殺用             117                                ......│
│                                                          ......│
│    ? 食糧用             63                                 .....│
│                                                          ......│
│    ? 愛玩用             312                                ......│
│                                                          ......│
│    ? 子供の情操教育用      16                                 ......│
│                                                          ......│
│    ? その他             119                                  .│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
========================================================
     こうした徹底したタブーは被爆者から3世代目の我々に違う意識を生んでいた

    それが1都市部におけるしぃを飼っている世帯に取ったアンケート結果から分かる

              虐殺や食糧用よりも愛玩用が上回ったのである

    ちなみにその他には、薬物の実験用や飼ってないけど勝手に居着いた等である
========================================================

60 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:53:55 ID:CSLDFuHt0
32

               
                彡 彡 _    ミ
                 , -ーニ- `゙ー-、、  ミ
             // /==/       \\ ミ \
              /  /           ヾ=ヽヾヽ
              i'  i'              .! !
             l===l   i◎i        |==| ))
             ゙i  ゙i   |  | ヽ、  ∧∧i'  i'
              ヽ==ヽ_ . |  |と/´⌒(*゚ 0゚/っ/ //    ┌────────────────────┐
             ヾヽ\ `゙|  | (/⌒`し'ノ==ノ          │      『しぃ用 回転運動器』        ......│
                 ミ `ー-|  |=--ー'´-ー'´ ノノ        │                            ....│
                 ミ ミ |  ≡ 三            │ マンションでしぃを飼っている方にお勧め  ......│
                    ̄ ̄ ̄ ̄               │ 自宅で運動不足になって肥満にさせない   ..│
                                          └────────────────────┘
                                       ∧_∧
           ∧_∧∩ (\∧_∧  ∧_∧ ∩  ∧_∧ (    )
    ∧_∧ (  ∧_∧ ヽ(    ∧_∧  )ノ ∧_∧ )∧_∧ )
   (    )/) (    ) ∧_∧ (    )) ノ∧_∧  )(∧_∧) | 
  ∧_∧  __/ ∧_∧ )(    )  ∧_∧ (    ) ∧_∧  )__)
 (   ∧_∧  (    ) ( ○∧_∧    ) ∧_∧ ) (    )) )
 ( ∩(   ∧_∧ ○ ∧_∧(    ) ○ )(    ) (  ○ ) |
 ,,.|ヽ._  (    ) |  (    ) ○  )  |  | (  ○  ) │ │ │)__)
 .(_│ | (  ○ )(_(  ○ )| │ │_)_)│ │ │ .(__)_)
    (_) | │ │.  │ │ │_(__) ..,.  (__)_)
       (_(_)'  (__)___)
========================================================
           しぃ本体は増やせる為、売れ行きは良くなかったが、

               身の回りの雑貨はかなり繁盛している

      悲しい過去はあったが、今現在、しぃは愛玩動物として我々の身近な動物にいる
========================================================

61 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:54:41 ID:CSLDFuHt0
33

========================================================

         もう十数年程すれば、被爆者達は鬼籍に入ることになる・・・・・・・

      その時には、しぃがかつてどのような者だったのか語られる日が来るだろう

           その時、我々はいかなる形でしぃと向き合うのだろうか・・・・・・

         正義の名の下、再びしぃに知識を与え同じ過ちを繰り返すのか

                今度こそ、しぃとの共存を果たすのか

             このまま、愛玩動物で居続けさせるのだろうか

           答えは我々の総意という名の選挙で決まるのであろう

                どの選択肢を選ぶのかは分からない

   しかしながら、歴史を深く学び最前と思える道を人々が選んでくれることに期待したい

             それが、研究を通して感じた私の結論である

                                 モナー卒論 終章 第3節 総括より引用  
========================================================

                                                   〜終わり〜

62 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:55:25 ID:CSLDFuHt0
                    _|000 01 O0000 01 Oo000 01 0000|_
                    |_________________| 
                    |||                         |
                    |||  o    o                 |
                    |||   。  。    ゚            |
                    |||   。    o             |
                    |||    。"::メ''; ;";;;          | 
                    ||| 。   :"メ; ;メ.:''         。 o | 
                    |||    。 メ゙;; !;:";メ; o     o     | 
                    |||  O   :メ;.,メ;メ;;;"           ° | 
                    |||    °               O   |  
                    |||  ゚                     o  | 
                    |||   o                。   |      
                    |||_______________,|    
                    { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}   
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
========================================================
                  え?12コマ目のこれは何かって?

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・聞くの??

                 ・・・・・・・聞かないほうが良いと思うよ・・・・・・
========================================================

63 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:56:07 ID:CSLDFuHt0
                    _|000 01 O0000 01 Oo000 01 0000|_
                    |_________________| 
                    |||                         |
                    |||  o    o                 |
                    |||   。  。    ゚            |
                    |||   。    o             |
                    |||    。"::メ''; ;";;;          | 
                    ||| 。   :"メ; ;メ.:''         。 o | 
                    |||    。 メ゙;; !;:";メ; o     o     | 
                    |||  O   :メ;.,メ;メ;;;"           ° | 
                    |||    °               O   |  
                    |||  ゚                     o  | 
                    |||   o                。   |      
                    |||_______________,|    
                    { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}   
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
========================================================
                  それでも聞くの?気が進まないな……

                 これはダッコ革命党党首だった者だよ

         本当に党首かは分からない…近くにいたしぃが党首だと証言した者だからね

               彼女が本物の党首であったかは問題じゃないんだ…

              欲しかったのは国民の怒りをぶつける矛先だからね…
========================================================

64 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:57:33 ID:CSLDFuHt0
                    _|000 01 O0000 01 Oo000 01 0000|_
                    |_________________| 
                    |||                         |
                    |||  o    o                 |
                    |||   。  。    ゚            |
                    |||   。    o             |
                    |||    。"::メ''; ;";;;          | 
                    ||| 。   :"メ; ;メ.:''         。 o | 
                    |||    。 メ゙;; !;:";メ; o     o     | 
                    |||  O   :メ;.,メ;メ;;;"           ° | 
                    |||    °               O   |  
                    |||  ゚                     o  | 
                    |||   o                。   |      
                    |||_______________,|    
                    { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}   
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
========================================================
              え?彼女が党首だったのか確認する術は無いかって……

                         そう言われてモナ……

                変な話なんで記述に残ってたのがあるんだけどそれでいいかな

        彼女がこうなったのは、国民の憎しみのはけ口としてこんな姿になったんだ

              あれから50年経過したけども彼女はまだ生きている

        この培養液の中で無傷の脳と痛覚を刺激し続ける肉体だったものを持ったままね
========================================================

65 :KQ0sG3890 :2009/12/17(木) 04:58:46 ID:CSLDFuHt0
                    _|000 01 O0000 01 Oo000 01 0000|_
                    |_________________| 
                    |||                         |
                    |||  o    o                 |
                    |||   。  。    ゚            |
                    |||   。    o             |
                    |||    。"::メ''; ;";;;          | 
                    ||| 。   :"メ; ;メ.:''         。 o | 
                    |||    。 メ゙;; !;:";メ; o     o     | 
                    |||  O   :メ;.,メ;メ;;;"           ° | 
                    |||    °               O   |  
                    |||  ゚                     o  | 
                    |||   o                。   |      
                    |||_______________,|    
                    { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}   
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
========================================================
       それで変な記述なんだけど、ここに入れられて痛みだけを与え続けられて3年後…

                      彼女が発した一言・・・・・・・

               「死ねる…そう、あたしは苦しんだ後に死ねるんだ…

             あはははははははは…そうだ、この地獄から解放されるんだ

   あははははははははははははははははははははははははははははははははははははh…」
                           ↑
          ※この一言は半角ですが、読みづらいので全角に直してあります※

                    と壊れたように笑い続けたんだ…

                      ……おかしな話だよ……

            彼女、よく分からない力を吸収したせいで不老不死だというのにね…
========================================================
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。