しぃ肉販売事業形成の意義と課題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

222 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:04:08 ID:eW2qVfXU0
━━─────────────────────────────


               しぃ肉販売事業形成の意義と課題


─────────────────────────────━━
    最初に、改コピ中心となっていることを深くお詫びします
    本作品は虐殺AAを使用していますので不快な方は避けて下さい



223 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:04:51 ID:eW2qVfXU0


 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ   `     `                "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                        "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ  `      `       `     "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                `  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ ; ;ヾ `                 "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ; "ヾ    `    `         "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ";                   "ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|                   | ̄ ̄.| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |                   | __...|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |                   | |.2 |..|
              |    |  |                   | |.c |..|
              |    |  |                   | |.h |..|
              |    |  |                   | |大|..|
              |    |  |                   | |学|..|
              |    |  |                   |.. ̄ . |
_______|__|/                     |__.|___________





224 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:05:49 ID:eW2qVfXU0


       ┌──────────────────────┐
       │        第一回   弐翻AA学会         │
       │                                │
       │                基 調 講 演              .│
       └──────────────────────┘



                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│          ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧      (ヽ、00  ∩
│        (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
└─────∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
         | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜   ( ⊂ニニ   / /⌒) )
          ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   `ー――'′ し∪  (ノ
         (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )           (ヽ、00  ∩
         ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧        ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
          | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  )         ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
         ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧       ( ⊂ニニ   / /⌒) )
          | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  )         `ー――'′ し∪  (ノ



225 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:06:43 ID:eW2qVfXU0


              │ お静かに、お願いいたします。
              └───────────y─────
           │ ただいまより、第一回弐翻AA学会を開催したいと思います。
           └───────y───────────────────
              │ 基調講演としまして、モララー氏より
              │ 「しぃ肉販売事業形成の意義と課題」について
              │ 講演してもらいます。モララーさん、お願いします
              └──────────y─────────────
                        ∧∧     ∧_∧ 
                     ( ゚Д゚)    (´∀` )
                     (|  |)    (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   


226 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:07:27 ID:eW2qVfXU0


                                 ∧_∧
                                      (∀・ ,,)
                                  (    ))))
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  

227 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:08:11 ID:eW2qVfXU0


   │ おはようございます。2ちゃんねる所属のモララーです。
   │ 今回の講演で話すのは、「しぃ肉販売事業形成の意義と課題」です。
   │ スライドにて表示いたしますので、そちらを御覧下さい。
   └───────────────y───────────────────
                         ∧_∧
                              ( ・∀・,,)
                         (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  

228 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:10:26 ID:eW2qVfXU0


┌────────────────────────────────────────┐
│                                       ノト     |             ....│
│                                      彳ミ    ノiミ             ..│
│                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____          .│
│                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ    ̄ ~~""''    ...│
│         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-     .│
│__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~            │
│  .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,. .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:..      .│
│ .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,..:.. ... ... ,.:.:.:...:::.. .    .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.: .,.:,..:..  .,.  :,..:..   .     ..│
│    .,.:   ,..:..    .,.:,..:.   ... , ..   ...   ,.:,.   .:..    .,.:,..:..    .,.:,.    .,.   :,..:..    ...│
│.,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..     ,..   ,.:,..:..      .,.:,..:..    .,.:,..:..     .,.:,    ......│
│   .,.:,.        .:.,... ,..         ;;,.. ,..        .,.:,      ..:..      .,.:,..:..        │
│    ... ,...              ... ,..   .     .,.:,..:..          .,.        :,..:..    ....│
│  ...             .,.:,..:..                  .,.:,           ..:..         │
│,,       .,.:,           ..         ..            .,.            ,.     │
│''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''    .│
│''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''    .│
└────────────────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 蝦夷は自然豊かな土地で広大な農地・畑地を有する土地であると共に、

          様々な野生動物が居ます。ですが、近年ある動物が様々な被害を巻き起こしています。
========================================================

229 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:11:10 ID:eW2qVfXU0


              ┌─────────────┐
              │     ∧∧           ..│
              │    (゚ワ゚*)            .│
              │    と   つ   ハ,,ハ  ,    │
              │     | (~))〜 (゚ヮ゚*)゙゙ヽ  ......│
              │     し´    ι゙ι゙゙J   ...│
              └─────────────┘
========================================================

 ( ・∀・ ) それが、今回の講演の主題である「しぃ」です。しぃは蝦夷に済む野生動物です。

========================================================

230 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:12:14 ID:eW2qVfXU0


     ┌────────────────────────────┐
     │   ,,,ww,.                                  ....│
     │                      ww,.,.  ∧∧ハハ         ...│
     │        ハ ハ    ハ ハ            (*゚ー(ー゚*)        ....│
     │        (*゚ー゚)   ミ゚ワ゚*ミ   w,.,...     | ,つ_,,0 ,、,、         │
     │       ~(,,uu    ミuu,,ミ~  .★      .O_つ) (o^,,),)~      .│
     │   www,,,.,...        .   ヽ|/ .,,,.....                 │
     │                  w              ,.,....◎    .....│
     │     ハ▲   ハ ハ        w,.,.ww.,   ハ ハ   ハ▲  ヽ|/     .│
     │    (=^ワ゚)っ(゚ワ゚*)   ハ ハ   .......    (*゚ワ゚) cミ゚ー゚*ミ        ...│
     │  w~(っuっ cuuっ‐c(^ワ^*),)' ☆    ~(っuuっ cucミ~       ......│
     │        ww ..  ,,.,.,,,.  ヽ|/ ,,www.,,,,,              .....│
     │           ハ,,ハ     ハ,,ハ    w...,.,,,             .│
     │   ww.,,.....w  c(゚ー゚c),,)っ  c(゚ー゚c),,)っ  ...,,w,www           │
     │    www,,,... w w    ..,,..,wwww     ∧∧            ..│
     │    ..,,w    www               (゚ヮ゚*),,ハ             │
     │   ハ ハ      ハ ハ       ハ▲  ※  | つ(ヮ゚*)   ,、,、        .│
     │  (*゚ワ゚)    ミ*゚ワ゚ミ      (=゚ワ゚) ヽ|/ 〜O-つc_,,)~ (ヮ゚,,),)~    ..│
     │  ~(,,uu ,,,w  ~ミ,,uuミ  ww  ~(,,uu  ,,...,ww,.www           ....│
     │         ..,,ww,w,.....  ,,www ,,..vwv                   │
     │     ∧∧ ,.、.,.、.      ∧ ∧                      .│
     │ ww,,.. (*゚ー゚),、、、、〜    (*゚ー゚)  ハ,,ハ   , ハ,ハ  ◎          .│
     │     (つと(゙( ,,))))   〜(__ ノ ~(,,(,^o^) ~ミ,,ミ^o^ミ ヽ|/          │
     └────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) このスライドは生後数ヶ月のベビの群れを世話する母しぃ達の様子です。

          こうした光景は春先になりますと、ごく自然に見ることが出来ます。

          本来、しぃも野生動物であり生態系にとって欠かすことの出来ない動物です。

          一体何が問題なのか、皆様も不思議に思うはずですね。
========================================================



231 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:13:12 ID:eW2qVfXU0


   ┌──────────────────────────────┐
   │          表1 しぃの頭数変化推移                  .│
   │                                          ......│
   │      ┏━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓     .│
   │      ┃ 西暦               ┃ 頭数(匹)           ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1910年             ┃ 3,187,132         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1920年             ┃ 2,431,157         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1930年             ┃ 1,753,136         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1940年             ┃ 101,834          ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1950年             ┃ 1,321,553         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1960年             ┃ 1,785,246         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1970年             ┃ 2,785,345         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1980年             ┃ 4,213,567         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 1990年             ┃ 5,425,678         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 2000年             ┃ 6,532,913         ┃     .│
   │      ┣━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫     .│
   │      ┃ 2005年             ┃ 9,013,534         ┃     .│
   │      ┗━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━┛     .│
   └──────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) その理由について説明します。表を御覧下さい。

          この表は蝦夷におけるしぃの頭数の変化を表したものです。戦前はしぃの肉は食用に、

          皮は毛皮服にと使用されていた為、かなりの数が乱獲されました。

          その為、しぃを天然記念物と認め、数の保護を行ったことで入植時期を上回る数へと

          増大しました。しかし、このことは4つの弊害を起こすことになりました。
========================================================

232 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:14:39 ID:eW2qVfXU0
10

    ┌───────────────────────────────┐
    │     _______                               │
    │   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                               .│
    │    |;;;;;;;;;;、,,∧ ∧;_;;_;;/ ごそごそ・・    ニャーン        ハニャーン     .│
    │    | ̄\"(*/⌒ヽ;;;;;;;\.         ∧∧    チィチィ          ....│
    │__|:::.... | ̄`l  ,〜 ̄;|______(゚ー゚*)―'〜________   │
    │    |::::::... |;;,  し'ヽ)   ;;;| (        (ノ(ノーヽ) ≡====----       ....│
    │ハニャーン .∧ ∧  ̄ ̄ ̄ ̄γ'⌒ヽ∧ ∧                ∧ ∧ シィ〜     │
    │      (*゚ー゚)       し'ゝ_つ*゚ー゚)つ。?.  チィ   (゚ー゚*)        .│
    │     /  |  . ∧∧            ハ ハ .ハ ハ     0○と|         .│
    │   〜(_,,UU ゚。△0 ゚*)⌒)〜    ~(,,(*゚0∴o゚*),,)~   .と -O〜        .│
    └───────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) まずは、しぃの数が増えすぎた為、自然での食糧が足りずに人里へと降りてきて

          ゴミを漁ります。ゴミと言っても野菜やオニーニしか食べませんが、袋を散らかす

          ゴミを散乱させるなどの行動が見られるようになりました。主に秋頃に見られます。
========================================================

233 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:15:33 ID:eW2qVfXU0
11

    ┌─────────────────────────────┐
    │   ∧ ∧                                   ...│
    │  と(゚0 ゚#)                                   ....│
    │  ∴,:と,, ヽ                                  ....│
    │      ゞ ノ〜                                ......│
    │     (,,ノヾ}∴               __________          .│
    │      ;・:\\\             λ_λ . / ̄~i ヽ~‐,_       .│
    │          \\  て ____<},,,,_∠ (`Д´illl)∠___.i__,ヽ:. ..ー-、   │
    │            \ て <00ニニ00(<< /ニヽ|    ー.) /ニヽ  .ノ    .│
    │                    ヽニニ□ニニノ ~i  i_|.___  /・_i  i_jフ   .....│
    │                     .~ゞゝ_ノ ̄ ̄~ゞゝ_ノゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ_ノ       .│
    └─────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 次に、事故問題です。人里に下りる量が多く、かつ自動車を知りませんので、ライト

          と音に反応して飛び出してきます。しぃの体重は約40kgですし,蝦夷は道が長く広い為,

          スピードを出す人が多いんですね。こうして事故が起きて死ぬ人も結構います。

          火サスで勘違いしている人も多いのですが、子供ならともかく大人をはねた場合、

          自動車も大変なことになります。よくひき逃げとかありますが、自動車内部の機関が

          衝撃で外れている可能性も高いので、そのまま走らせたら二次災害の危険性もあります。
========================================================

234 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:16:18 ID:eW2qVfXU0
12

    ┌──────────────────────────────────┐
    │     ,,、、〃vw,, ヽ ,,、、,,、、〃vw,, ヽ ,,、、                     │
    │              /■ヽ ,,,   /■ヽ            /■ヽ ,,、、〃         ...│
    │,,、、〃vw,, ヽ ,,、 (゚ー゚*)    ミ゚ワ゚*,ミ  /■ヽ  ,, (゚ー゚,,)              ...│
    │        /■ヽ .(uu,,)〜   ミ,,,,,,,,ミ  (゚ー゚*)   (__@  ,,,          ......│
    │        (゚ー゚*)               (_,,)〜,,、、〃vw,, ヽ ,,、、        ..│
    │       @_ノ,,,  ,,、、〃vw,, ヽ ,,、、     /■ヽ,,、、〃vw,, ヽ ,,、、    .│
    │           /■ヽ           /■ヽ     (゚o ゚*)    /■ヽ          │
    │     /■ヽ/■ヽ゚ー゚,,)   /■ヽ ,,(゚0T*) ,,    ,(uu,,)〜 ミ゚ー゚*ミ.          .│
    │     (=゚ー゚)(,,  )_,,)〜  (#゚ 0゚) @_ノ . /■ヽ      ,,ミ,,,,,,,@         .│
    │    @/■ヽ@__/■ヽ ,/■ヽ_@,,/■ヽ (,,゚ワ゚)っ゛  〃vw   /■ヽ ,,    ...│
    │     (,,,>0<>c(゚ー ゚*) (ヮ^ ,,)   ミ゚- ゚,,ミ@_,ノ. /■ヽ       (゚‐メ,,)       │
    │     @_,ノ   (_,,)〜.(_,,)〜  ミ,,_@     (0゚ ,,) ,   ,,, (_,,)〜    ....│
    │        /■ヽ        /■ヽ  〃vw    ,, (__@            .....│
    │       (,,  ゚)〃vw    (,,,  ) ,,,  ,,,     ""      ""        ......│
    │      @_ノ  〃vw   (,__ノ〜    /■ヽ        /■ヽ         .....│
    │     〃vw         〃vw      (   ,,)     ,,,,(   ,)         ...│
    │     〃vw      〃vw         (@__ノ,,,     (,,_@)           │
    └──────────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 3点目はオニーニです。蝦夷は広大な土地を使ってたくさんのオニーニを食卓へあげる

          弐翻の食糧基地です。こうしたオニーニ達を捕食するのです。
    
          被害額は総額で35億モリタポにも上るほどです。
========================================================

235 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:17:17 ID:eW2qVfXU0
13

    ┌──────────────────────┐
    │           ∧ ∧,,、、                  │
    │         (*゚〜,;o。)                 ...│
    │        /  つc,,_O       c^@.,/■ヽ   .....│
    │      〜(O,,__,,つ           ''~,.;(,,;0。)    ..│
    │                       /■ヽ,.._)       │
    │                    (。,,.。#)っっ       │
    │                      'u;::;:;:;:,.,.,.,.     ...│
    │                       ,.,;:;:;:;:''゛^      .│
    └──────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) オニーニ養殖屋の話ですと「あいつらは、一匹まるまる食うんではなくて、

          何十匹を少しだけ食べるから始末が悪い。」と言う話を聞きました。

          このスライドはその様子を撮影した物です。右側のオニーニは食されずに残っています。
========================================================

236 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:18:32 ID:eW2qVfXU0
14

 ┌─────────────────────────────────────┐
 │          °              _,,--⌒^``:、       ο              .│
 │                       ,r''"       ` ‐-、              _,,._   ..│
 │     ,,r''"~⌒^`:、       _,,..-‐''"        ^`:   `、       __,, --‐''      │
 │  ⌒^~'       ` ‐- --‐'''""`⌒^.、..,,__      __ ,... .-‐`‐ -‐‐''''""           ..│
 │  ,i'⌒ヽ    シ               ''':‐-,‐‐'''           ⌒^~           │
 │ ,(    )ο //    ο         °     ""'⌒-- ,, , ;; ,,, ,,,;;           .│
 │\  |  ゛-、 /./                                  --         │
 │\`ー'  \//        ο          °       ο              ...│
 │   `\   ",ノ       ο          °       ο                  .│
 │o   |  /゚   ,i'⌒ヽ、              ο        °                  │
 │゙、\_ノ  i o (    )       °       ο          °       ο      ..│
 │ ` 、゙   ノ /`;;;;;_ノ  ο       ο          °       ο          │
 │   \  i,//´       ο          °       ο               ....│
 │   i    /       ο          °       ο                 .....│
 │   i   | r                                     °        .│
 │⌒^~⌒^~⌒^~⌒~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒     │
 │⌒^~⌒^~⌒^~⌒~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒     │
 └─────────────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 4点目は環境の面から問題視されていることですが、蝦夷は11月から3月まで冬で、

          12月から2月までは雪で閉ざされます。ここで、増えすぎたしぃの問題が起きます。         
========================================================

237 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:19:18 ID:eW2qVfXU0
15

    ┌──────────────────────────┐
    │ 。     | ; ;: o| 〇      。  (ヾ ミ   〃  ゚  ヾ)    │
    │      | : :: |     ゚    。  (ヾ  ヾ o  ミ乂)    ..│
    │  。   | ; ;; |  o           ヽ、从人从|       .│
    │   ゚  .|:;:;:;:;:;:;l     o     ゚     !    ;; |       ....│
    │ ,,。,,.,,,.  i:;:;:;:;:;:;| 。           。 | l   ; |         .│
    │  o  . |:;:;:;:;:;:;l       ゚          | ! o .;; |        .│
    │     ,,,ノ ノ  ゚ ヽ、,,,゚''"''' ,,,.,.,_., ,     。  | !  ;;;|        .│
    │ ,,。,,.,,,  ''"' "'' '' . .  . .  o"'''`,,,. ,,.,  | l  ;; |         .│
    │     '。' ''"'.,,..,,..,, . . ゚ .  . .  .  .  ''",! l。 ;; |       ....│
    │  ゚        。  '"'' ', .,.,.,,,.,,  '。 .  . ,,,ノ,, 人  ヽ,,,      .│
    │                   `''"' ',. , ,.,,,  〃''  " ''''        .│
    └──────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) しぃは普通、冬になると食糧となる新芽や針葉樹を食べるのですが、数が多すぎて

          根こそぎ食べてしまうわけですね。すると、餌が無くなり、飢え死にを防ぐために

          木の皮を剥いて食べるのです。スライドの左側の樹がそうですね。

          こうなると、樹は葉をつけれずに枯死してしまいます。

          近年、こうしたしぃによる天然林の破壊が問題視されているのです。
========================================================

238 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:20:03 ID:eW2qVfXU0
16


        ┌─────────────────────┐
        │                      ∩_∩     .│
        │                     (,,,・Д・)   .....│
        │                    ⊂    つ    .│
        │        ノ`へ._          | .x  |     .│
        │       ι゚W゚∪ ヽ〜        U'⌒'U     .│
        │        (/"U⌒`J                 .│
        └─────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 何故、ここまでしぃが繁殖したのか?答えは簡単で天敵が少ないと云うことです。

          天敵である、クマーンや狼の数が少ない。特に狼は絶滅しています。

          最たる天敵の我々が、食肉を牛や豚にシフトして食べなくなったのも原因といえます。
========================================================

239 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:21:08 ID:eW2qVfXU0
17

   │ 以上の点から、しぃを適正な数に保つ為の調整が必要になるわけです。
   │ 調整の方法は駆除なのですが、問題が起きました。狩人の高齢化と絶対数の
   │ 不足です。しぃは昔は食用・毛皮用として用いられていましたが、牛・豚の肉食定着
   │ や化学繊維による衣類の変化により、割りが合わなくなった為です。
   └───────────────y────────────────────
                         ∧_∧
                              ( ・∀・,,)
                         (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  

240 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:21:55 ID:eW2qVfXU0
18

┌───────────────────────────────────────────┐
│      ∧_∧                                            ∧_∧      │
│      ( ・∀・)                           、,,.∧∧、.;,,         (・∀・ )     │
│     / (⊇⊆O,,,___,  ,,,、 ;;、;,,               ノ;(#。;;_。)@;;ヾ ∧∧     (    )    .│
│   [三∪rー──' ̄ ̄ ̄  、;;,;,V;;;つ"゙゙ノ ∧∧、,,,      ノ(''゙'';゙v,,;"~~》ゝ' (#゚;;0゙)っ   │ │ │     .│
│      (__)_)      (。0;;。#)ノ(ノ`;;,,(゚O;。#);@;;*;∴;@⊃ ヽ__ゞ`J,イ;,_iノ ,,.ゞ;; つ,,、・ <⌒;;;@;つ    .│
│                  ∨∨"゙゙ ゙゙"' ゙゙゙゙゙"''"" `;';;@つ           ""゙゙゙`,,∵;;:@⊃゙       ....│
│                                               と@;;:`;"           ..│
└───────────────────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 今や、趣味でしか、しぃ狩りは行われておりません。

          また、山野からしぃの死体を運ぶのは大変ですので放置する狩人も大勢います。

          そうすると問題になるのがしぃの死体を食べた鳥やクマが鉛中毒なったり、

          死体が大量にある為、冬眠しないクマも出てくるといったことが報告されています。
========================================================

241 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:22:48 ID:eW2qVfXU0
19

   │ 以上のことから、私は●▲町にて産・官・学・民の四者連携による
   │ しぃ肉加工販売機関を設立した次第です。産業として販売機関、官としてしぃの
   │ 適正数管理、学として加工に関する技術開発・民としてしぃ用食糧の提供です。
   │ その成果を報告します。
   └───────────────y───────────────────
                         ∧_∧
                              ( ・∀・,,)
                         (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  

242 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:24:06 ID:eW2qVfXU0
20

 ┌────────────────────────────────────┐
 │┃,                                                 ......│
 │┃/   o    。  ○      ゜         o            。、┃,      ....│
 │┃/_/                                  ゚        ヽ┃/     ......│
 │┃/_/_/   ゚      o        ゜    。     ○        oヽ┃/_/      │
 │┃/_/__/ 。           ゚       o           ゚    \ヽ_ヽ┃__/_/    ..│
 │┃/_/__/    o       ゚   。        o          。 ゚ \_ヽ_ヽ┃/__/_/  ....│
 │┃_/__/         ゜                ゚    。   o  \__ヽヽ_┃_/__/   ...│
 │┃__/  。  ゚  。   ゚       。             。    o       。゜ \ヽ_┃__/_/   ...│
 │┃                  。               o         。    l    ┃      .....│
 │┃、l, o         。   。  ゚  。                o      ヽ|/  ┃      .....│
 │┃      ....          ....       ....          ....        ^^      .....│
 │^^  ⌒                     o       ⌒     ○           │
 │  ....        ○  ∧_∧ ....           ....           ....        .│
 │              ( ´∀`)⊂@(_(;;,,,..    o                  o   .│
 │              ( つ ┏━━━━┓        ⌒         ○    ......│
 │....     ...         し、_) ┗━━━━┛..    ....              ....    ...│
 │                          .∧ ∧   γ'⌒ヽ∧ ∧              ∧ ∧    ......│
 │    ⌒               (*゚ー゚)   し'ゝ_つ*゚ー゚)つ。?.     (゚ー゚*)     ....│
 │                    /  |  . ∧∧       ハ ハ .ハ ハ   0○と|        │
 │                  〜(_,,UU ゚。△0 ゚*)⌒)〜~(,,(*゚0∴o゚*),,)~ .と -O〜   .....│
 └────────────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 狩人の育成、死体の運搬技術の開発と言った点が難しいと判断した私達は、冬期間の

          しぃへの餌付けをすることにしました。場所は町から少し離れた牧場を使っています。

          こうして、町へ行くしぃを激減させると共に、天然林への被害を防ぐことに成功しました。

          餌付けの餌は養殖屋からオニーニ屑を、民間の野菜屑を回収して利用しました。

          オニーニは頭しか 食べないので、体部分を餌にするわけですね。

          町に来る、しぃの全てをこうして餌付けして懐かせます。
========================================================

243 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:25:16 ID:eW2qVfXU0
21

        ┌──────────────────────┐
        │             /|(⌒⌒⌒)           ......│
        │               |_| |____|             ..│
        │             || ( ・∀・)             │
        │             と    つ            ....│
        │          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,__ ̄,,∧∧ ̄ ̄    ....│
        │        / ⊂@;;゙ .,,;(´(;';/(;/@(#゚;;0。)      ....│
        │       /  ⊂@;:""゙` ~~ "^;''~;` ゙゙゙゙゙゙゛`       .│
        │     /      "゙'                   .│
        └──────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 懐かせたしぃは、加工場へと運びしぃ肉として販売します。

          皮はここ、2ちゃん大学のアヒャ教授チームの元でしぃ革に加工して販売しています。

          皮は独自の鞣し技術によってワニ革と遜色ない仕上がりとなっています。

          同時に、血合いが強い内臓をどうするかが問題でしたが、これは混合破砕・乾燥させて

          ペットフードとして販売しています。ここまでしてようやく採算が合うようになりました。
========================================================

244 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:26:11 ID:eW2qVfXU0
22

┌────────────────────────────────────────┐
│::........::::::::::::::::::ニ、ー'~                                              .│
│:;;;;;ーー'''''~~~              ∧∧    ハ,,ハ                  ∧∧ハ ハ   ....│
│~~                    (*゚ー゚)゙゙ハ,,ハ(゚ー゚*)           ハ,,ハ    (゚ー゚(゙ー゙*)  ......│
│                     (,,つと,,(゚ー゚*),,)uo)~         ('(*>_<)')   / つ._,,0    ..│
│               __,,,∠彡                    ~(o,,,,.,.っ 〜((~),,,,,,,つ     │
│         __=-―'~ ̄                     ∧∧                     .│
│ー、,,,_∠~ ̄~\__...... .......                    (゚0゚*)                    ..│
│                         ハ,,ハ ,,)     と とヽ)                  ....│
│ーi、,,,,__wwjklwjklw           Σc(>_<*)o)っ そ    Y ,)つ                  .│
│ ̄  / / ̄/ニlーiニトーi---i-=、,,,,___               (ノ                    ..│
│    ̄           ハ,,ハ,.,,) ∠/ ̄|ニi―-i==、__jkjlwjiwjjilwi                    │
│              c(*゚ー゚)o`っ                  ヽニヽー-、,,_           .│
│                  ´゙゙  ヾ                        ∠ニiー-┬-    ...│
└────────────────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) これは、懐かせたしぃを一時的に保管する牧場です。言うなれば、半牧畜ですね。

          蝦夷庁野生動物管理課のネーヨ課長から,しぃの野生数調査結果を送ってもらい

          乱獲とならないようにしぃの数を調整するわけです。加工用以外のしぃは春になると

          ここから外へと逃がすようにしています。
========================================================

245 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:27:36 ID:eW2qVfXU0
23

   │ 最初は全部牧畜でやろうとしましたが、牧畜ではコストがかかりすぎるという
   │ 問題がありますし、何より環境対策になりません。その為の半牧畜であり、
   │ 冬期間の餌付け・牧畜化・薬剤投与による品質面での安心に拘りました。
   └───────────────y─────────────────
                         ∧_∧
                              ( ・∀・,,)
                         (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  


246 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:28:59 ID:eW2qVfXU0
24

┌───────────────────────────────────────┐
│                      野生のしぃ                           ....│
│                                                         .│
│           【メリット】                  【デメリット】              ....│
│       ・取ってくるだけで食べられる      ・細菌が多い為きちんと火通しが必要    │
│       ・ハンティングの満足感          ・運搬の手間                   .│
│       ・自然物100%                 ・肉質が堅い                  .│
│                                                         .│
│                      養殖のしぃ                           ....│
│                                                         .│
│           【メリット】                  【デメリット】              ....│
│       ・肉質が柔らかく臭みがない       ・コストが高い                .....│
│       ・抗薬剤を投与して安心な食品に     ・運動量が多く塀を乗り越える為       .│
│       ・動物のとの触れ合い               牧場の塀をかなり高くしないする       .│
└───────────────────────────────────────┘
========================================================
 ( ・∀・ ) 野生を取ってきた場合と、養殖した場合の特徴を挙げたのがこちらです。

          こうした問題を解決する為に、冬期間のみの牧畜・半牧畜を行っているのです。
========================================================

247 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:30:11 ID:eW2qVfXU0
25

   │ 先程、薬剤投与という話をしました。何故、薬剤投与が必要なのか?
   │ 先程の説明にもありましたが、病原菌・寄生虫の心配があるからです。
   └───────────────y───────────────────
                         ∧_∧
                              ( ・∀・,,)
                         (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  

248 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:31:03 ID:eW2qVfXU0
26

         , ,. .__
       __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
     /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
     〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
.     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|   
     l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|        薬物が投与されたしぃなどでは美食とはいえぬ。
.      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|   
.     l」   / ''''  、     }::7´ |::|         美食倶楽部は野生のしぃをベテランの狩人に
      〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
      ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|        生け捕りにさせて捌くのだ。
      ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
.      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
   +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +





       ,.rrr;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-、
      //川::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::、
      巛 川ミヘィ、::::::、、::::::::::;;;;::::::::::ミ
       /    |リヾ`ー  〉   ''''' ミ
      /二ニヽ :、z'ニ二>ぐ ミ ,,,,   ミl
      代豆コ , ∠豆7 | | |::::'''''ミ|           ┌─────────────────┐
      ( ` ´ j   ` ´  | lノ l:::::::::::ト、       │          逮捕状         .....│
      |` / 'ー--ヘ、.  ミ゙ー':::::::::::::ヽ        │                         .│
     ,;;;|  ! l三三三! !   : |,ヽ:::::::::::リ        │    寄生虫による死亡事故発生    .│
     l||||!、   ー      ' / l |::\::::リ       └─────────────────┘
     !!!!-;`iー―--― ‐'  / | |:::::::\リ
     /:::::ヽヽ └-      / !::::::::::::\

========================================================
 ( ・∀・ ) 薬剤投与というと、良い印象を抱く人は少ないでしょう。その影響は「美●しんぼ」あたり

          から来ている人もいるでしょう。しかし、某美食家は美味なる物に当たって死んでも

          悔いはないという姿勢を貫いています。ですが、企業がそんなことは出来ません。

          企業は人様に食わせる物に責任を持たないといけません。

          投与量を多すぎることが問題であり、投与しないことが善であるということは無いのです。
========================================================

249 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:32:22 ID:eW2qVfXU0
27

   │ 最後になりますが、しぃがこれほど多く増加したのは我々の行いです。
   │ 乱獲に対しての過剰保護、家畜への被害防止による狼の根絶。
   │ こうした行為のしっぺ返しとして、しぃの爆発的な増加が起きたと感じています。
   └───────────────y───────────────────
                         ∧_∧
                              ( ・∀・,,)
                         (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├───────────────────────────────────
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  


250 :KQ0sG3890 :2009/11/23(月) 13:33:10 ID:eW2qVfXU0
28

   │ 我々は自然と共に生きる者として、自然との共存をなさねばなりません。
   │ ですが、人は環境を自分勝手に作り替えてきました。
   │ こうしたことが、人間自ら環境を維持する必要性を生んだと云えます。
   │ 我々のこうした行為も環境を保全する支えの1つとなっていると感じています。
   │ 以上で講演を終了します。ご清聴ありがとうございます。
   └───────────────y───────────────────
                         ∧_∧
                              ( ・∀・,,)
                         (    )
                  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |  |                   |
     .                 |  |                   |   
├─\ ワーー!! パチパチパチ! ワーー!! パチパチパチ! パチパチパチ! /
│   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧   ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧    
│  (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )   
└─∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  | ∪∧∧∪∧∧∪∧∧ ∪∧∧∪∧∧∪  |    
    | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜  | (,,  )| (,,  ).|(,,  ) |(,,  ) | (,,  )| 〜    
    ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧  ∧∧ | ∧∧ | ∧∧| ∧∧ | ∧∧ | ∧∧   
    (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  ) (,,  )    
    ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
    | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,  ))  
      ∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧∪∧∧∪∧∧∪ ∧∧∪∧∧  
      | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   | (,,  )| (,,  )| (,,  ) |(,,  ) | (,,  ) |(,,   )  

                                                   〜終わり〜
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。