2月25日のクリスマス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2月25日のクリスマス

                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   :::::::::
          ∧∧∧                       ./ ̄ ̄ ̄ ̄\
        ::::(;;;;; ,,);;,,):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         /       ::::::::::::::::::::::::
         /;;;;.. |;;; ヽ                ::;:::::::::::::::::::::::::::::::::       |  ::::::::::::::::::
..,、____〜(,,_,ノ_,)〜。、______         _.,,,|、_____...,、__|__
⌒::;;⌒⌒⌒;;::⌒⌒.:: :⌒;;⌒::.;;.⌒⌒/   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /::. :; ;⌒⌒:.:⌒:;⌒;;⌒⌒⌒
:::    ;;:    :,;: ;;..  : :;   ,::.;  /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /.., ,; .:   ,,。,    ::;;,
    :::  :;..  .,;;   ;    : :::., /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /,,;    :::  :;    ;;:
:::    ;;:    :,;: ;;..  : :;   ,:.; /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /.., ,; .:   ,,。,    ::;;,

 怒りに任せて喋っていたら、
 俺も気づいていなかった本心が、口をついて出てきた。

 この段ボールに棲む彼女は、
 すべてを受け入れようと、どんな痛みにも耐えて
 地道にマターリを広めようとしていることを、知った。

 そして、俺は、この段ボールに棲む彼女を、
 いつのまにか、愛おしく思うようになっていたことを、知った。

【作者】 

  • アイリス名ー無し ◆iris/ZSM

作品

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。