裂性遺伝(1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

189 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/01 02:02 ID:???


裂性遺伝 〜序章〜


事の発端は2ch某所でのこんな発言から始まった…



168 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :02/03/31 03:18 ID:???
 
   c(o`),,

   こいつって大きくなったらどんな生き物になるんだろうか?
   しぃやチビギコには見えないし・・・・



190 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/01 02:03 ID:???



そこで我々は出産間近のびぃを捕獲し、研究所の観察室へと移した。


 
            ,,,ζ 
           (#´;O゙) ウギィィィ!
           |∪;;;ヽ
         〜(;; ;; ;; ;;)
           U U



そして何事もなく出産。びぃに目立った動きがない所を見ると
自力で這い出てきたと見られる。未熟児のような外見に似合わず
意外と生命力は高いのかも知れない。



                ,,,ζ
               (#´;ρ゙) ウギィッー…
         ズル   /∪;;U
           , ,〜/;; ;;;ノ
          c(o`),,U U



しかし、このまま放置すれば今度は母親の胃に入ってしまう。
そこで我々は彼女の気をそらし、実験体の確保を試みた。



                ,,,ζ
               (´ρ;゙#) ウジィ?
       ズルズル   /∪;;U
         , ,  〜/;; ;;;ノ
     c(o`),)・・・   U U



191 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/01 02:04 ID:???



研究員に用意させておいた生肉をびぃの目の前に差し出し、
その隙に我々は実験体を連れ出し、別室へと移した。



                    ,,,ζ
                   (#´;ρ゙) アビィィィ…
                   /⊃;;⊃           スッ
  ギィー…   , ,    (((〜/;; ;;;ノ            
⊃c(o`),)... )))         (/"U           (;;;;;;;;)⊂



医師に調べさせたが、命に別状は無いどころか普通のベビギコよりも
生体反応度が高い。我々はこの興味深い実験体を「V」と名付け、
今後も彼の成長を見守り、その様子を克明に記すとする。



                        
                    キィー・・・  
               _(,(´o`)


                             つづく






















196 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/01 15:37 ID:???



V誕生からまる一日。部屋を変えてからずっと眠りつづけていたが、
ようやく目を覚まし、腹が減ったのかギューギューと薄気味悪い声で
泣き始めた。
           


          ギュー! ギュー! ギュゥゥゥゥー!!

               c(´o`),)_



我々はびぃから母乳が得られないのを事前に知ってたので、
しぃの母乳を用意しておいたが、哺乳瓶の用意を忘れていた。
仕方なく底の浅い器を用意して差し出したら何の問題もなく
器用に舌を使ってペチャぺチャと飲み始めた。



              ペチャペチャ
                 チュルチュル・・・
            _(,(´o`)_,



器が空になると再び泣き出した。まだ足りなかったかと思い、
注ぎ足しては飲み、注ぎ足しては飲みを繰り返し、
最終的には哺乳瓶3本分の母乳を平らげ、再び眠りについた・・・



                 ギュー・・・
            _(,(´o`)_,



197 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/01 15:38 ID:???



誕生から10日。早くも母乳を卒業し、流動食にもすぐ馴染んだ。
歯も立派にに生え揃っているので少し早いかもしれないが普通の
餌を与えてみる事にした。


 
                      ギーギー 
              (((  _(,(´o`)っ


            
別の研究室でしぃが子供が産んだと聞いたので丁度いいと思い、
その子供を母親から引き離してVに差し出してみた。すると・・・、


       
           ギィィィ・・・   
                   ハハ   ミュ?
       (((  _(,(´o`)っ  (゚ー゚*))~



まだ目も開いてないのにVは上手いこと子供の耳や手足を
引きちぎったり・・・・、



            ギィッ!  ズボッ! 
                ∵ハハ   
           _(,(´o`)っ;'o゚*))~ ミュギッ!



目玉をくり抜いたり・・・・、



              クチャクチャクチャ・・・ 

                   ・;.:,,ハ  ギュー! 
           _(,(´o`)ハ  (;'o:,*))~ ミギュー!!
      


挙げ句の果てには・・・・、



               ジュボッ
          ヴビィー… ∵ _,.:,. ミギィ!! 
            _(,(´o`)=;;(#;'o:,) ギブブブブ…



力任せに腹を突き破り、出てきた細い腸をさも美味そうに
食べるのである。


               キヒィー・・・ 
  
                 ジュルルルル
            _(,(´;o`)っ∞∞;(;(。@;;)



最終的には自分とほぼ同じ体格のベビしぃを食い尽くし、
いつものように食後の昼寝を始めた。これにはさすがの我々も
驚きを隠せない。今後Vはどのように成長するのだろう・・・



                ギュー・・・
                     _,,,,
            _(,(;´o`)  .,.;:(,:_o))) ;._,



                             つづく・・・

























206 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/02 02:04 ID:???



誕生から15日でようやく右眼が開いたが、左眼は一ヶ月がすぎても
開く気配がない。その上いまだに耳が形成されない事を不思議に思い、
丹念に調べてみると、右耳の位置にあった小さな突起物を除き、
特に目立った特長はなかった。



         ギューギューギュー
        .,
      c(゚O゛;:);;)~ )))



左眼は生まれる前から潰れていたようで、完全にまぶたの皮膚がくっついて
塞がっていた。切り開いて中を調べようとしたら、それを察知したのか、
突然暴れだし、研究員の指に噛み付いたので急遽断念。いくら逞しくても
まだ幼児だ。神経質になってストレスを溜めるといけないのでしばらくは
黙って様子を見ることにする。



        ギュー! ギュー! ギィギギギギギィ!!!!

                   .,  バタバタバタバタ
               ((~(;;(;:゚O゛)っ))



207 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/02 02:04 ID:???



しばらくすると右耳の突起物に変化が現れ、不恰好ではあるが
耳のようなものが形成され始めた。が、相変わらず左耳に変化はない。



            ウギィー…
          n  
          (,゚0゛;:);;)~ )))



餌は加工肉が中心だが、数に余裕があればベビギコやしぃも与えている。
最近は生きた餌を与えると嬉しそうな仕草を見せる。親の異常ぶりに関係なく
知能は発達しているようだ。



             ミュ?     ギヒィー
            ハハ      n
          ~(_(・o・)  (( c(゚∀゛:);;)~



数週間後、ある程度成長したVの右耳を見て、誰かが呟いた。
母親の耳にそっくりだと…、他の者も一斉にそれに気付き、
一瞬にして室内の空気が凍りついた。初めて我々がVの姿に
畏怖を覚えた瞬間だった…


       
                 ウギギィー
               ζ 
          ((( ~(:;(;:゚ 0゛)っ


                       つづく…


























221 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/03 00:41 ID:???



そして3ヶ月が経った。今ではVも自力で立ち上がるようになり、
以前よりも活発に動き回っている。食欲の方は相変わらず旺盛で、
生餌を玩具のように扱うのももう見慣た光景となっていた。



             キジィー…   
          ζ_   ハハ
.          (%゚ー")((・o・) ミュ?
          (;;;  ⊃
          ~U゛U



ある日我々は好奇心に駆られ、チビギコをVの部屋に入れてみた。
結果はほとんど考えるまでもなかったのだが…



       何デチカココハ           ζ_  ウギィ? 
.      ∧∧                (゚O;"%)
      ( ・д・)                (  ;;;)
     〜( uu)                ~U゛U



何も知らないチビはVに近づいて話し掛けてきた。ひょっとしたら
友達になろうとしてたのかも知れない。



         君ハ誰デチカ?         ζ_  ブジィ… 
.        ∧∧ 一緒ニアソビマチェンカ? (゚−"%)
        ( ・∀・)              (  ;;;)
     ((( 〜( uu)               U゛U~



222 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/03 00:41 ID:???



Vはすぐに飛びかかると思っていたが、始めてみるチビを珍しそうに
眺め、意味が分かっているのか、静かにチビの話す言葉を
聞いているようにも見えた。



            デチデチデチデチ ζ_  … 
.           デチデチ∧∧デチ (゚−"%)デチデチ
             デチ( ・∀・)デチ (  ;;;)デチデチ
              〜( uu)    U゛U~



やがてチビが話し疲れて一息ついた時。急にVは笑った。
その笑顔を見たチビの表情は引きつっていた。



                      ζ_  ギビィー… 
               ∧∧   (゚∀"%)
             Σ( ・д・)    (  ;;;)
             〜( uu)    U゛U~



あとは何の説明も要らない。いつものお遊戯とお食事の時間だ。
そう理解していながらも我々は言葉を失い、その場に立ち尽くし、
抵抗する間もなく削られていくチビの姿を見るともなく見ていた…



              ;∴:. ζ_  
              ・:・∵(゚曲"%) 
              ( ;;※:・  ;;;) 
             〜( u;∵ U゛ヽ)~



223 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/03 00:42 ID:???



それから我々はVが眠りについた隙にチビの骨や残った肉片を
残らず回収し、研究所の近くの森に埋め、手を合わせた。
職業柄、霊や仏の存在を全く信じていなかった我々が何故
あんな行動に出たのかは自分でも分からない。ただ、あの時
自分を超越する何かの存在を感じたのは確かである…


             
              ;;:;:,.:;,.: 
             ;;;゛;;;';:;;:'';;..,



                      つづく…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。