裂性遺伝(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

238 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 02:28 ID:???



惨劇は突然やってきた。餌を与えようと部屋に入ってきた
係員にVが襲い掛かったのだ。他の係員がすぐに気付いたが、
そのすさまじい光景を目の当たりにし、怖気づいた彼は部屋の
ドアをロックしただけで仲間を助けようともせずその場から
逃げ出してしまった。



                ウギィィィィィ!!!! 
           ジュルルル ・∴ ζ_  ガブガブグチャチャ
              ;:,..:,..,, 8⊂(゚Д"%)  グチグチッ
         (;;;;)  (;。#;・;)※;;',_⊃ ;;;)~ ブシャァーッ!!!



我々は彼を責めることはなかったが、事の重大さを認識して
実験の中止を呼びかけ、Vを処分も提案した。が、それらの提案が
実行に移されることはなかった。我々の中に巣食う貪欲な探究心が
それを許さなかった。もう後戻りはできない。我々はいつの間にか
Vに憑かれていた、いや魅せられていたのだ…



                      ギュー… 

       __,.,.,.,.,         ζ_
       (@m@))')') _,.,   ~(;;;(%´O")っ 〜 



その後も我々は興味の赴くままVに様々な実験を行い。
あっという間に月日は流れ、ついにVは・・・



                   .|
                 ハハ | ブラーン…
         ギュー!ギュー! (゚O゚)))〜 

             ζ_  ./) 
            (%゚Д")/  ウビィィィィー!!!
           ⊂;;;  / 
          〜/;;;__つ
           (/



239 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 02:29 ID:???



立派な成体となった。そう、立派な…


                
                   |
          ブラーン…   |  
                   |
                   |
                  ‘ ツー…


                  
         ポタッ…     .                   
                   :  
                   ・  









             ζ ガツガツガツガツ
            (%゚曲")∴: ギチャギチャギチャギチャ
            |;;;つ@)・
           〜|;;;  |      ピチャッ…
_________U"U___※_____
                   


                       つづく…


























252 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 16:43 ID:???



そしてある日。ついに悪魔が微笑んだ。我々の監視が
最も薄くなる深夜を狙い、Vは脱走したのだ。不気味な雄叫びが
研究所中を駆け巡り、その声で目を覚ました我々は一斉に
別室への避難を開始した。




    ウギィィィィィ――――――――――――ッッ!!!!!




彼は以前から研究所の最も奥深い所に隔離していたのだが、
それが裏目に出て、犠牲者を増やす結果となった。彼の通り道に
あった研究室はことごとく荒らされ、実験台や逃げ遅れた
研究員はいずれも残虐な手段で殺されていた。




      ,,,,∧       ∧,:・.。;o;         .;:_,.,
  ;:っ (。_@;)_),.;,..  ⊂(・д※∞∞.、., .,,.;> (_(#,;p゜).,.;:@つ
  



係員の一件があって以来、我々を始め実験関係者全員が
小型麻酔銃の携帯を義務づけられていたが、彼らの遺体を
見る限りでは抵抗する間もなく、銃を抜く前に殺された者も
決して少なくなかった。



           ;;.,__,._.         __,;..
     ┐    (#。・;)&8o;;;;,,,  (:,;※;.,。.,:@,,,




253 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 16:43 ID:???



我々はVの部屋から比較的遠いモニター室に避難し、
カメラ越しに彼の行動を監視しながらその動きを探っていた。
そして意外な事に彼が向かった先は…



                        _|_   ウイーン…
                       =|__| ))


         ζ   ウギィー…
        .(゚曲"%)
         |;;; U,ハ )))         
         |;;; (:;。)             
         U゛ヽ)';8,, ...。ズルズルッ… 



Vは知っていたのだろうか、そこは母親のびぃの部屋だった。
ちょうどこの部屋の周辺には誰もいなかったのでVの侵入を
あっさりと許してしまった。今思えばこれがこの親子にとって
初めての対面だった…


 
       ζ_  ビギィー…          ,,,_ζ
      (%゚д")              (´ρ;゙#) ウウウ…ウジィ?
      U;;;; |              /∪;;U
     〜|;;;; |            〜/;; ;;;ノ  
       U"U              U U



この奇妙な親子はお互いの関係を知ってか知らずか、
その場から動くことなくしばし見つめ合っていた。



       ζ_  ウギ…           ,,,_ζ
      (%゚−")             (´−;゙#) ウジィー…
      U;;;; |              /∪;;U
     〜|;;;; |            〜/;; ;;;ノ  
       U"U              U U



254 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 16:44 ID:???



やがて母親のびぃがVのもとへ歩み寄り、ゆっくりと
距離を詰めていった…その間Vは表情ひとつ変えなかったが、
母親のびぃは心なしか微笑んでるようにも見えた。
我々はこの光景を瞬き一つせず、固唾を飲んで見守っていた。



       ζ_  …      ,,,_ζ
       (%゚−")      (´−;゙#) アギィー…
       U;;;; |       ⊂⊂ ;;;|
      〜|;;;; |        |  ;;;|〜 )))     
       U"U        U"ヽ)    



両者の距離は縮まり、びぃの手がVの頬に触れようとしたその時。
異変は起きた。Vが笑ったのである。子供の頃、ある一匹の
チビギコに見せたあの笑顔だ。この笑顔を見た瞬間、我々が密かに
抱いていた期待は音を立てて崩れた。



             ギビィー…
           ζ_    ,,,_ζ
          (%゚∀") (´−;゙#) ウビィ? 
          U;;;; | ⊂ ⊂;;;;|
         〜|;;;; |   |  ;;;|〜 )))     
           U"U    U"ヽ)    



255 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 16:44 ID:???



一瞬の出来事だった。びぃの顔が真っ赤な血飛沫を散らして
消滅した。それと同時にVの口元からはバキバキと何かを
噛み砕くような鈍い咀嚼音が響いていた。



       ボリボリボリボリ
       ゴキッ!バキバキッ!!..; ,
           ζ    ・;∵ ゴボッ!
          (%゚曲")  .;;.・#) 
          U;;;; | ⊂ ⊂;;;;| ピクッピクッ!!
         〜|;;;; |   |  ;;;|〜 
           U"U    U"ヽ)    



それから先は我々も初めてみる光景だった。いつもは
遊びながらも肉と骨を器用に切り離して食事をとるのだが、
この時のVは違った。とにかく骨や肉の区別なく、頭から
尻尾まで一滴の血も残さんばかりの勢いだった。



         ガブガブメキャッ!! ゴリゴリゴリ   
           ζ ∴;,. ガシュガシュガシュ!!!  
          (%゚曲");:::・.∵  ガツガツガツガツ…
          /;;;;⊃※∵ ギギギギ…バキッ!!!
        〜(;;;⊃、;'゛ノ
             ̄



我々はとてつもなく巨大な恐怖に呑まれ、気づいた時には
研究所を飛び出し、近くの町へと森の中を走り出していた。
街の明かりが見えたのを確認した途端、我々は意識を失っていた。

                   























289 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 21:38 ID:???



エピローグ


目が覚めた時、私は病院のベッドに横たわっていた。
そしてその横には警察官…

なんと私は1週間も眠り続けていたそうだ。
仲間の一人はその3,4日ほど前に起きて地元の警察に
事情を話していたらしい。始めは半信半疑だったそうだが、
その次の日、近くの森で猟奇殺人が発生したらしく、
警察も動かざるを得ない状況になったそうだ。

しかしそれだけで事態が解決するはずもなく、事件の捜査を
進めていた警察官が森で行方不明になり、大規模な捜索が
行われた。だが今度は5人の捜査員が同じ森で姿を消し、
2日後にそのうち3人の白骨死体が発見された。

その時、現場に残されていたカメラにはなんとVの姿が
不鮮明ではあるが収められていた。警察も現場検証や
研究所からの資料押収などにより、彼の証言が真実であると
ほぼ断定し、そして彼を畜養法違反で逮捕した…

それで今度は最後に目を覚ました私の番だという事だ。
私はすぐに退院させられ、すぐさまパトカーに乗り、
留置場へと運ばれた。

その後も警察はVがいると見られる森を幾度となく捜索したが、
手がかりはつかめず、合計28名の警官が犠牲となった。
事態を重く見た政府は、遂に軍隊に軍隊を派遣し、森の
焼却命令を下した。



290 名前: V ◆POC3DQN2 投稿日: 02/04/04 21:39 ID:???



…かくしてあの森は研究所とともに消え去った。
今でも留置場の小さな窓からは焦げ臭い匂いがする。
しかし、それでも私は安心できない。まだVがこの世の
どこかで生きているような気がしてならない。
それにVは―――



                  
       |             ┃
       |             ┃ ┃.┃
       |             ┃ ┃.┃ ┃
       |    ____   ┃ ┃┃ ┃┃  
       |    | ‖‖‖ |   ┃ .┃┗ ┃┃
       |    | ‖‖‖ |     ┃  ┃┃
       |     ̄ ̄ ̄ ̄     ┛    ┃     
       |                  
       | ζ           
       |(%゚Д")______┃__.┏________
      / U;;;; |      ┃   \┃  ┓┃    
     / 〜|;;;; |     .;,__ _ ┛  \┃.┃┃ 
   /    U"U    (@;.・;)※∞ ━ \┃┃ 
 /                ┏      .\┃
      






































                                 fin
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。