曲編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • あいつこそがテニスの王子様・・・ミュージカル「テニスの王子様」終盤、越前vsわかしの場面で流れる曲。内容そのものよりも俳優ほぼ全員の滑舌の悪さによる空耳によりニコニコ初期より絶大な人気を誇る。代表的な空耳に「猫駆除だぜ」「奴隷人生」などがある。スマイルビデオでの投稿順が陰陽師の次に若いsm27を保っていたが、謎の権利者により削除。現在は4代目が頑張っている。
  • Ievan Polkka・・・(ロイツマ)というフィンランドの歌手グループによる楽曲。元々はアニメ「BLEACH」の登場人物井上織姫の一場面を延々ループするフラッシュが2005年ごろに世界中で大人気となり2007年初音ミクのカバーによりブームが再燃した。最近はミクのIevan Polkkaにキャラクターを無理矢理しゃべらせる「ロイツマ歌わせてみたシリーズ」が人気。
  • エアーマンが倒せない・・・「ロックマン2 ワイリーの最後」に登場するボス「エアーマン」が倒せないことを切々と歌った歌。「重いでは億千万」とよく比較されるが、こちらは完全なオリジナル音源であり、カラオケでも歌える。ちなみに実際はそんなに強くない。
    • 愛しの彼が振り向かない・・・「エアーマンが倒せない」から派生した替え歌。別名「キョン逃げてシリーズ」。「愛しの彼が振り向かない~暗黒長門Ver.~」が最も有名
  • 思い出は億千万・・・ゲーム「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」のワイリーステージ1に歌詞をつけたもの。通称「おっくせんまん」。ロックマン発の曲だがロックマンとはあまり関係がない。幼いころの無邪気さと大人になってしまった切なさを歌った名曲。ゴムが歌ったものがもっとも有名だが、歌詞の「おっくせんまん」の後に「はぁん」という合いの手を入れた小宮真央(「元祖はぁん」と呼ばれている)など他にも歌い手はいる。弾幕ソングの代表曲でもある。
  • caramelldansen・・・caramellというスウェーデンの歌手グループの曲。通称「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」。本来の曲よりも速度を1.2倍した「speedycake remix」が知られている。元々はゲーム「ぽぽたん」のOPの一場面にこの曲のサビを合成したMADが2007頃から出回り、世界中でブームとなっていった。ニコニコでも以前から類似MADはいくらか作られていたが、本格的にブームとなったのは2月1日のアイドルマスターのキャラによる「奇跡のネタ被り事件」以降である。そのどことなくβ時代を感じさせる懐かしさ(β時代はこのようなループ動画が主流だった)、背景と数十程度のアニメーションをつけて後は延々くりかえせばいいだけのため製作のお手軽さもあいまってほぼ数千を超える作品が作り出された。
  • CANDY POP・・・Heartsdales feat.SOUL'd OUTのシングル。2003年9月3日発売。シカゴ在住のKoopiskevaという人物によって作られた涼宮ハルヒの憂鬱を元にしたMADムービー「Skittles」で一躍有名となった。MADムービーは数多く作られているが、HIPHOPを元にしたMADが希少な上にシンクロ率が半端ないために全世界から絶賛された。ニコニコ動画でも一度削除されたものの根強い人気を誇っている。
  • グルメレース・・・SFC「星のカービィ スーパーデラックス」の「激突!グルメレース」のBGM。とある人が久本雅美が創価学会の勧誘ビデオに出ている動画を元にしたMADを大量に作り、一気に流行した。基本的にはMADごとにフリーダムに作られているが、サビの部分では無理やり「わ ず か な じ か ん を み つ け て」と喋らせることがお決まりとなっている。
  • 粉雪・・・レミオロメンのシングル。最初期の弾幕ソングとして知られる。その後不遇の時代をすごすが初音ミクのカバーや「フタエノキワミで粉雪」で再び脚光を浴びた。
  • 創聖のアクエリオン・・・アニメ「創聖のアクエリオン」のオープニングテーマ。発売日は2005年4月27日と少々古いが、楽曲の人気は昔と変わらず高い。サビの部分で「あいしてるうううううううううううううう」という弾幕を張るのがお決まりとなっている。2007年には「あなたと、合体したい」というCMで一躍一般の人にも知名度が上がった。
  • 男女・・・謎の歌手「太郎」が発表したシングル。2006年12月13日発売。2008年にVOCALOID達による手書きMADが人気を博し、一気にニコニコを代表する歌にまで成り上がった。特に意味が感じられない歌詞に「男女男男女男女♪」というノリノリの曲調、シュールな踊り(アニメバージョンと実写バージョンの二つがある)などなど、数々の派生作品が生み出されるほどの中毒性の高い作品となっている。
  • つるぺったん・・・同人サークル「Silver Forest」による東方のBGM「竹取飛翔」「レッツゴー!陰陽師」「ふたりのもじぴったん」をそれぞれリミックスしたもの。ほかにも「巫女巫女れいむ」「エージェント夜を往く」「ひぐらしのなく頃に」などの小ネタがちりばめられている。東方萃夢想に登場する人物伊吹萃香のことを歌った曲。ニコニコ動画では画像を適当に張っただけの動画がうpされ「動画作る?までの繋ぎ」とされていたにもかかわらず、うp主が失踪。完成版が一向に作られないまま150万再生を迎えている。
  • true my heart・・・18禁ゲーム「Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-」の主題歌。サビの部分「素直な 気持ち 抱きしめ」が「素直な 気持ちで きしめん」としか聞こえなかったことから「きしめん」という愛称の元、ニコニコ初期から弾幕曲のひとつとして人気を誇っている。
  • 真赤な誓い・・・福山芳樹のシングル。アニメ「武装錬金」のオープニングテーマ。とにかく「熱い」曲のため熱狂的なファンが多い。「真っ赤な誓い」は誤記であるが、弾幕時はこの表示が多い。
  • バラライカ・・・月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)のシングル。2006年10月25日発売。きらりん☆レボリューションのオープニングテーマだが、いさじが歌った「やらないか」バージョンが有名。歌詞が多少改変されており、アッー!な内容になっている。いさじとは別の人が作った阿部ダンサーズによるダンス付きPVにより人気を博し、数々の「踊ってみた」作品を生み出す。
  • 魔理沙は大変なものを盗んでいきました・・・同人サークルIOSYSによる東方妖々夢のBGM「人形裁判 ~ 人の形弄びし少女」をアレンジした作品。同人CD「東方乙女囃子」の2曲目に収録されている。曲名が長いため大概「魔理沙」と略される。だが、フラッシュに魔理沙は一瞬しか出てこないため、東方を知らない人には大半に出てきている女の子(アリス)を誤解する人が続出した。典型的な電波ソングで歌詞の内容自体にあまり意味が無いため、どんな作品でも合い数多くのMAD作品が作られた。その場合のタイトルは「○○は大変な○○を~」ともじられることが多い。今でも「面白いネタが投下されたらまず魔理沙」という流れは根強い。東方シリーズで初めてカラオケ配信された。(現在DAMとJOYで歌える)
  • YATTA!・・・テレビ「笑う犬」シリーズから生まれたユニット「はっぱ隊」が出したシングル。2001年4月18日発売。腰のはっぱ一枚で踊り狂う姿とや底抜けに明るく陽気な歌詞と曲が日本のみならず海外で大ヒット。様々な国で踊る映像が確認されている。
  • you
  • レッツゴー!陰陽師