東方Project編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

  • 同人サークル上海アリス幻樂団によって制作された弾幕系シューティングゲームの総称。第1作の発表から既に10年以上続いており、現在もなお同人を中心に支持が広がり続けてる。なお、知らない人によく誤解を受けるが決してエロゲーではない。たとえまともに出てくる男性の登場人物が一人しかいなくても、それがこの作品の世界観であり、エロゲーではない。
  • 原作者のZUN氏が2次創作を奨励する立場をとっている為、イラスト・漫画・アレンジ音楽・MAD・ ゲーム作品等、様々な作家達がこぞって参加し、一種の共同幻想を作り出している。同人ゲームのため一般の認知度は極めて低いが、様々な二次創作物が作られているためニコニコでの知名度は高い。

キャラクター紹介

主にニコニコで扱われている二次設定について紹介。以下に挙げるものはファンの間では既に使い古されているネタも多数存在し、ほとんど飽きられているものも存在するので使用の際には注意が必要である。

  • 博麗 霊夢(はくれいれいむ) 主に空を飛ぶ程度の能力
    主人公の一人。博麗神社の巫女をつとめる。二次設定として「貧乏巫女」という設定があり、しょっちゅう周りの人にお賽銭を要求する。
  • 霧雨 魔理沙(きりさめまりさ) 魔法を使う程度の能力
    もう一人の主人公。人間の魔法使い。口癖は「だぜ」(MAD作品によっては「だZE」とローマ字表記になることが多い)。二次設定は目立ったものは特に無く、二次作品でも主役として扱われることが多い。旧作品の魔理沙は「うふふ」というセリフが存在し、黒歴史扱いとされている。
  • ルーミア 闇を操る程度の能力
    妖怪。二次設定ではアホの子としてよく扱われ、「そーなのかー」「わはー」としか言わない子供以下の存在となっている。ちなみに後者は原作では言っていない
  • チルノ 冷気を操る程度の能力
    湖に住む氷の妖精。よく蛙を凍らせて遊んでいる。愛称は「⑨」(まるきゅー)。これは花映塚のマニュアルにて「⑨.バカ」というキャプチャーがついていたためであり、公式設定となっている。ファンの中では「チルノ=⑨=バカ」であり、「バカ」という言葉を「⑨」に書き換えて表現する人が多い。
  • 紅 美鈴(ほんめいりん) 気を使う程度の能力
    紅魔館の門番を務める妖怪。二次設定としてはよくサボっては咲夜さんに怒られているのが日常となっている。また、その特徴的な名前からよく「中国」「ほんみりん」「くれないみすず」などと言われ「名前を呼んでもらえないキャラ」というのが定着している。
  • パチュリー・ノーレッジ 火+水+木+金+土+日+月を操る程度の能力
    紅魔館の大図書館に住む魔法使い。全体的に紫でほとんど引きこもりのため「紫もやし」などと言われている。魔理沙とよくカップリングにされる。ツンデレ成分有り。
  • 十六夜 咲夜(いざよいさくや) 時間を操る程度の能力
    紅魔館のメイド長を務める人間。作品ごとに胸の大きさが違うため「PAD長」「よせあげ長」「つるぺた長」などと散々な言われ方をされている。そしてその度にナイフで串刺しにされる。彼女の名前を呼ぶ時は「咲夜さん」と「さん」付けが基本でありそれを怠った場合も串刺しにされる。
  • レミリア・スカーレット 運命を操る程度の能力
    紅魔館の主人の吸血鬼。「お嬢様」とよく言われるが500年以上生きており、紅魔館を統率しているため「溢れ出るカリスマ」などと言われてファンから崇められている。愛称は「れみりゃ」等。
  • フランドール・スカーレット ありとあらゆるものを破壊する程度の能力
    レミリアの妹。気がふれているため495年以上地下牢で幽閉されていた。彼女のテーマソング「U.N.オーエンは彼女なのか?」(U.N.オーエンとはアガサ・クリスティの小説に出てくる名前)は名曲がとても多い東宝作品でも髄一の人気を誇る。
  • レティ・ホワイトロック 寒気を操る程度の能力
    冬に現れる妖怪。
  • 橙(ちぇん)妖術を扱う程度の能力/人を驚かす程度の能力
    尻尾が二本ある化け猫。藍の式神だが、幼いためあまり役に立っていない。その分子供のように可愛がられている。コメントには「橙かわいいよ」「ちぇぇぇぇぇぇぇん」(元ネタは東方M-1)などのコメントが良く付く。
  • アリス・マーガトロイド 人形を扱う程度の能力
    魔法の森に住む元人間の魔法使い。ニコニコでは魔理沙と間違って呼ばれることが多い。幻想郷一のツンデレキャラでありよく魔理沙とそのような話が描かれるが、わりと総受けだったりする。
  • リリーホワイト 春が来たことを伝える程度の能力
    春が来たことを伝えるだけの妖精。「春ですよ~」としか喋れないらしい。冬は「コミケですよ~」といっているとかいないとか。
  • プリズムリバー三姉妹(ルナサ・メルラン・リリカ) 手足を使わずに楽器を演奏する程度の能力
    ポルターガイスト。通称虹川三姉妹。次女はいらない子らしい。よく「ξ・∀・)<めるぽ」とAA化され、その後ガッされる。
  • 魂魄 妖夢(こんぱくようむ) 剣術を扱う程度の能力
    西行寺家の専属庭師兼幽々子の警護役。半人半霊という存在。真面目すぎるため損な役周りが多い。通称は「みょん」。これは東方妖々夢フォルダ内のおまけ.txtに記述されているEXルートあらすじの会話の中で「みょんな所に・・・」が由来である。
  • 西行寺 幽々子(さいぎょうじゆゆこ) 主に死を操る程度の能力
    西行寺家の亡霊。二次では食いしん坊キャラが定着しており、主にミスティアやリグルがその対象となる。また額の三角帽から「ドリームキャスト」「@」とも呼ばれる。
  • 八雲 藍(らくもらん) 式神を使う程度の能力
    八雲紫の式神(化け狐)。紫と橙の二人の面倒を見るお母さん的キャラクターが定着している。特に橙は異常なまでに溺愛しておりよく鼻血を出してハァハァしているさまが目撃されるが別に変態じゃないよ。またこの他にも2ちゃんねるの東方スレ45に登場した謎のコピペ「スッパテンコー」により「無駄に脱ぐ変態キャラ」というのも一部存在するが、もう本家ではとっくに使い古されており意味も良く分からないためあまり有名ではない。巨乳キャラ。
  • 八雲 紫(やくもゆかり) 境界を操る程度の能力
    ありとあらゆる境界を操るスキマ妖怪。実力では幻想郷最強に近い。長く生きているが少女のような外見をしている。「加齢臭」「紫ババァ」「おばry」など言うとほぼ間違いなくスキマ送りにされる。基本的に怠け者なので家事全般を藍に任せ、自身はほとんど寝ている(冬眠もする)。

その他

  • ゆっくりしていってね!!!・・・東方の魔理沙と霊夢をかたどったAA。どことなくキモい。顔のみ表現されているが体が省略されているのではなく、カービィのような一頭身の化け物のたぐいだと思われる。魔理沙や霊夢とは違う生物のため便宜上「ゆっくり魔理沙」「ゆっくり霊夢」と呼ばれることが多い。元々は2ちゃんねるのスレッドでほぼ必ずといっていいほど使われていたが、2月ごろからなぜかニコニコでブレイク。魔理沙と霊夢に限らず、様々なキャラでゆっくり化が行われた。ウザく感じたら負け、可愛く感じたら末期。
  • 東方M-1ぐらんぷり・・・同人サークル「いえろ~ぜぶら」製作の東方キャラが漫才をするというCD。そのあまりの完成度の高さから絵つきのMADが多数作られ(「東方絵む-1ぐらんぷり」タグ参照)広く知られることとなった。
  • IOSYS・・・東方Projectのアレンジ二次作品を作っている同人サークル兼有限会社。「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」「患部で止まってすぐ溶ける~狂気の優曇華院」「ウサテイ」など、頭おかしいとしか思えないものと、まともなものとの振れ幅が極端に大きい作品を発表し続けている。インターネットラジオもやっているがニコニコでの知名度は低い。
  • テレビ東方
  • 東方ヴォーカル
  • 幻想入り