シリーズもの編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • メタルギアまりお・・・ゲーム「メタルギアソリッド」にあるネタ無線に無理やり絵を付けたもの。スネークが筋肉質なマリオ、パラメディックがえーりん、トム少佐がライト博士などなど、メーカーも元ネタも滅茶苦茶でありながらなぜか妙にマッチングしている。特徴的でありながら女性がやたら可愛く上手い絵柄でファンは多い。最近は東方キャラクターが多い。
  • パロディFF4・・・ゲーム「FF4」の内容をセリフだけ改変し、全く別のストーリーにしてしまった作品。
  • パロディFF5・・・同上
  • パロディDQ5
  • こなたとかがみのドラゴンクエストIII・・・アニメ「らき☆すた」のキャラクターこなたとかがみ(と+α)がドラクエIII(SFC版)をやるという内容。「実際に二人がやるとこんな感じ」という雰囲気が上手く出せており、人気が高い。作者が音MAD職人でもあるためなかなか新作が出ず、まったりと進行している。百合成分及び小ネタ多め。
  • クラブ「ニコニコ」・・・都内のとある場所にある「ニコニコ」というクラブでの一夜を描くサウンドノベル風味の作品。ニコニコオールスターのほぼ全ての女性陣が登場している。小ネタも多く後半になるほどカオスな展開となっている。
  • ニコニコアクションゲーム制作日記
  • ニコニコRPG・・・ニコニコを代表するキャラクターたちが悪と戦う大作RPG。ニコニコで有名なネタ及びキャラクターをほぼ全て網羅しかつ物語として破綻していないという奇跡のような作品。現在第2章までダウンロードして遊べるようになっている。
  • ひぐらしのなく頃に「女こまし編」を描いてみた・・・ひぐらしのなく頃にのドラマCD「語拙し編」に収録されているネタエピソード「女こまし編」に絵を付けてアニメ風味にした作品。素人の作品ながらも丁寧に作りこまれており、プロ並みとの声も高い。権利者の関係上何度も削除をされているが、製作者がブログで声明を発表し、話題を呼んだ。
  • 新訳・涼宮ハルヒの憂鬱・・・英語版の「涼宮ハルヒの憂鬱」に嘘字幕を付けたもの。ハルヒをはじめ、全員の性格が外道になっており、まともな人物が存在しない。内容が全く変わっているものの、ちゃんと伏線を回収するなど物語として成立しているため何気に完成度は高い。
  • DEAD FANTASY・・・FINAL FANTASYの女性メンバーとDEAD OR ALIVEの女性メンバーの戦いを描くアクションムービー。何が理由で戦っているかは不明。フルCGでかつほとんど休み無く戦い続ける驚異的な製作能力に度肝を抜かれた人も多い。戦いがメインだがいくら攻撃を受けても全くダメージを受けていない(ように見える)ため、落としどころをどのように持っていくのかが気になるところである。
  • 僧侶の日記・・・かつてVIPに投稿されたスレ「DQ3の僧侶の日記があった」を動画にしたもの。元NEETの僧侶、マイペースな勇者、いい子の遊び人、貧乏くじの武道家の4人で繰り広げられる、基本まったりで時々シリアスなドラクエストーリー。どう考えても手抜きとしか思えない絵だが、ちゃんと遠近感があり、描く時はしっかり描かれている(たまにだが)。
  • 勇者の代わりにバラモス倒しに行くことになった
  • ニコニコメモリアル~そして伝説の樹の下で~
  • 武力介入できないシリーズ
  • ファミコン全ソフトカタログ
  • もしもブロリーが地球に送り込まれていたら
  • 夜神月を雛見沢に閉じ込めてみた/ひぐらしがなくですの