組曲『ニコニコ動画』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

動画を見る

しも氏が作曲したニコニコで有名な楽曲を繋げてメドレーにしたもの。通称「組曲」。順番としては「ニコニコ動画中毒の方へ贈る一曲」に次ぐ第二作となる。投稿直後から繋ぎの上手さと完成度の高さから2日連続で総合ランキング1位を獲得。今やニコニコのテーマソングとしても名高い。

曲順

組曲『ニコニコ動画』
曲順楽曲名出典・解説
1エージェント夜を往くゲーム『THE IDOLM@STER』挿入歌。亜美の「とかちつくちて」で有名
2ハレ晴レユカイアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』エンディングテーマ
3患部で止まってすぐ溶ける〜狂気の優曇華院IOSYSによる、ゲーム『東方永夜抄 〜 Imperishable Night.』BGM「狂気の瞳 〜 Invisible Full Moon」のアレンジ。カギ氏によるフラッシュ、及び大量のMAD作品で有名
4Help me, ERINNNNNN!!ビートまりおらによる、ゲーム『東方永夜抄』BGM「竹取飛翔 〜 Lunatic Princess」のアレンジ。「(゚∀゚)o彡゜えーりん! (゚∀゚)o彡゜えーりん!」の弾幕で有名
5nowhereアニメ『MADLAX』挿入歌。通称「ヤンマーニ」
6クリティウスの牙アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』「ずっと俺のターン」時のBGM。歌う時はセリフを入れるのがお決まりとなっている。
7GONGゲーム『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』オープニングテーマ
8森のキノコにご用心ゲーム『スーパーマリオRPG』BGMに歌詞をつけたもの。通称「VIP先生」
9Butter-Flyアニメ『デジモンアドベンチャー』オープニングテーマ。イントロのみ
10真赤な誓いアニメ『武装錬金』オープニングテーマ。弾幕曲の一つとして有名
11エアーマンが倒せないせら氏によるオリジナル楽曲(ゲーム『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』をテーマにした二次創作楽曲)。数多くの替え歌が作られた。
12勇気VS意地ミュージカル『ミュージカル・テニスの王子様』挿入歌。通称「有機VS人参」
13アンインストールアニメ『ぼくらの』オープニングテーマ
14鳥の詩ゲーム『AIR』オープニングテーマ。通称「国歌」(国崎の歌)
15youゲーム『ひぐらしのなく頃に解 目明し編』エンディングテーマ
16魔理沙は大変なものを盗んでいきましたIOSYSによる、ゲーム『東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom.』のBGM「人形裁判 〜 人の形弄びし少女」のアレンジ。数多くのアレンジで有名
17ロックマン2 ワイリーステージ1ゲーム『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』BGM「Dr.WILY STAGE 1」(通称「思い出は億千万」「おっくせんまん」)
18God knows...アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』挿入歌
19もってけ!セーラーふくアニメ『らき☆すた』オープニングテーマ
20ガチャガチャへるつ・ふぃぎゅ@ラジオゲーム『ふぃぎゅ@謝肉祭』オープニングテーマ
21創聖のアクエリオンアニメ『創聖のアクエリオン』オープニングテーマ
22ふたりのもじぴったんゲーム『ことばのパズル もじぴったん』テーマ曲。陰陽師よりも先に流行ったニコニコ黎明期の代表曲
23つるぺったんSilver Forestによる「竹取飛翔」「レッツゴー!陰陽師」「ふたりのもじぴったん」のRemix
24Here we go!ゲーム『スーパーマリオワールド』BGM。「ニートがいっぱいニコニコ動画♪」という空耳歌詞が歌われることが多い。
25true my heartゲーム『Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-』オープニングテーマ。通称「きしめん」
26kiss my lips佐倉紗織の楽曲
27RODEO MACHINEテクノミュージシャンHALFBYの楽曲。通称「少し楽しくなる動画」
28序曲 (DRAGON QUEST)ゲーム『ドラゴンクエスト』テーマ曲(歌詞は君が代の前半部)
29FINAL FANTASYゲーム『ファイナルファンタジー』テーマ曲(歌詞は君が代の後半部)
30ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイトゲーム『ふぃぎゅ@メイト』オープニングテーマ
31あいつこそがテニスの王子様ミュージカル『テニスの王子様』挿入歌
32 レッツゴー! 陰陽師ゲーム『新・豪血寺一族 -煩悩解放-』挿入歌
33さくらさくら Feat.fooさん日本古謡。ニコニコ動画で、かつて動画が削除された時に流されていた曲

派生

  • ari氏を始めとして数多くの「歌ってみた」作品が存在する。内容は正規(?)の歌詞をそのまま歌ったもの、何かのテーマを元に替え歌にしたもの、フリーダムに歌詞を改変したものなど様々なバリエーションが存在する。歌い手も日本人に限らず、台湾やアメリカなどでも歌われることからその人気の幅が伺える。またその他にも「演奏してみた」「描いてみた」「混ぜてみた」等など一風変わった作品も多く、組曲の派生作品だけで3000を超える動画が存在する。

関連ページ