parts temp


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

各パーツカテゴリー名


  • ACの頭部パーツ。機体の外部情報を統括する。文字通りACの頭脳を担う。
  • 機種によって、各種センサーやレーダー機能を搭載、戦況に応じたパーツの使い分けが重要となる。
  • N系からは機体の安定性に大きく影響を与えるパーツとなり、重要性が増した。
  • とくに破損があるLRでは頭部破損による安定性低下に注意が必要となる。
  • NXからはCPU音声が、ミラージュ製=男声・クレスト製=女声となった。
  • 部位破壊耐性は、機体の防御力、総APの他、パーツ固有の耐性値によって決まる様だ(要検証)。
  • 基本的には大体APが耐性値に比例しているようだが(APが高い程壊れにくい)、例外的にLR追加パーツはそれと関係無しに耐性値が高めに設定されている様だ。
  • よって、頭部が壊れやすいタンクを使う場合、LR追加頭部など、壊れにくいものを選ぶといいだろう。


※パーツパラメータ欄※
重量~対ECM性能のカッコ内は最大チューン値。
コンピュータタイプ 戦況や敵ACの情報を報告する機能。標準・高性能・新鋭の3種類があり、性能が良いほど情報も詳しいものになる
オートマップ機能 セレクトボタンで表示されるマップ表示機能
暗視スコープ 作戦領域が暗い場合に自動で起動する暗視モード機能。任意で切り替えは出来ない
生体反応センサー 生体兵器をロックする機能
対ECM性能 ECM発生時にECMの影響を無効にする性能
レーダー機能 自機の周辺の情報を映し出す機能
レーダー範囲 レーダーがカバー可能な最大距離
スキャン間隔 レーダー情報を更新する間隔。60フレーム基準で数値フレーム経過毎に更新される。NXのみECM干渉時にだけこの数値を適用
ミサイル表示機能 ミサイルをレーダーで表示する機能
生体兵器表示機能 レーダーで生体兵器を表示する機能
AIキャパシティ(FF) 数値分だけ、AIのパフォーマンス値の割り振りをすることができる


CR-H69S

最も初期に作られた第一世代パーツ、能力は低いが軽量さが魅力
メーカー クレスト
価格 29900
作品 NX NB/FF LR
AP 809
重量 145 145(:131) 145:131
消費EN 218 185
実弾防御 151 155(:177) 155:172
エネルギー防御 128 140(:166) 140:164
冷却性能 274 274(:353) 274:353
安定性能 346 446
コンピュータタイプ 標準
オートマップ機能 無し
暗視スコープ 無し
生体反応センサー 搭載
対ECM性能 203 173(:293) 173:297
レーダー機能 無し
AIキャパシティ(FF) 72
  • 初期頭。LRから安定性が大きく上昇したので軽二等に積める様に。