ACLRP > EXTENSION


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エクステンション

肩のジョイント部分に接続される戦闘補助を目的としたパーツ。
手頃な連動ミサイルや電池から補助ブースタまで、様々な補助用のパーツがある。

ブースタ出力 補助ブースタの推進力
ブースト時消費EN 補助ブースタを使用したときに消費するEN
ブースト加速度 補助ブースタの加速能力
ブースト時発熱量 補助ブースタを使用したときの機体発熱量
ブースト可能間隔 発動後、次に補助ブースタを使用できるまでにかかる時間。いわゆるリロードタイム
同時発射数 1回のミサイル発射に連動して発射される弾数
迎撃性能 ミサイルを迎撃する精度
使用時消費EN ミサイルカウンターやレーザー迎撃起動時に消費されるEN量
装填時増加弾数 弾が補充される数。超過分は切り捨て
装填可能回数 弾を補充できる回数
装填可能間隔 発動後、次に補充できるまでにかかる時間。リロードタイム
有効範囲 攻撃を受けたときに装甲が加味される範囲。いわゆる当たり判定
断熱性能 攻撃を受けたときに発生した熱をカットする性能
発動時消費EN EN式追加装甲を起動している間消費するEN量。据え置きではなく、起動している間中減り続ける
チャージ量 ENをチャージする量。超過分は切り捨て
チャージタイム 設定された分のENをチャージするまでにかかる時間
発動可能回数 装置の発動可能な回数
発動可能間隔 発動後、次に発動できるまでにかかる時間
発動時発熱量 装置起動時に発生する熱量。リロードタイム


補助ブースタ

過去作と比べて消費と負荷が上昇、かなり使いにくくなってしまった

ANOKU

使用時に機体を急速旋回させる補助ブースタ
メーカー キサラギ
カテゴリ Turn booster
価格 14500
重量 412
消費EN 257
ブースタ出力 16000
ブースト時消費EN 14200
ブースト加速度 3200
ブースト時発熱量 4350
ブースト可能間隔 110
  • 最後に旋回した方向へ90度高速旋回
  • 旋回戦に便利...と思いきや消費がキツく扱いにくい(↓2つよりはマシだが)


E04BB-ANGLER

使用時に機体を急速後退させる補助ブースタ
メーカー ミラージュ
カテゴリ 17900
価格 Back booster
重量 341
消費EN 243
ブースタ出力 18000
ブースト時消費EN 11600
ブースト加速度 3600
ブースト時発熱量 6120
ブースト可能間隔 108
  • 一応スラジャンできる...で?
  • フロートで使うと慣性で気持ち悪い動きができる


E08BM-REMORA

視線方向に機体を急速加速させる補助ブースタ
メーカー ミラージュ
カテゴリ Multi booster
価格 24000
重量 305
消費EN 258
ブースタ出力 17000
ブースト時消費EN 9400
ブースト加速度 3400
ブースト時発熱量 2780
ブースト可能間隔 94
  • ↑と同じく一応スラジャンできる...で?
  • フロートで使うと(ry
  • これで踏み込んで斬るさながら縮地法のような使い方もあるらしいが、帰り分のENはカツカツ。まさに片道切符。


CR-E98HB

空中で一定高度を維持する対空用補助ブースタ
メーカー クレスト
カテゴリ Hover booster
価格 36800
重量 288
消費EN 376
ブースタ出力 22000
ブースト時消費EN 4670
ブースト加速度 4400
ブースト時発熱量 2370
ブースト可能間隔 150
  • 通称ホバブ(ホバーブースタ)
  • 機体の高度を維持することができる。特定ミッションで活躍する(意外と活躍できるミッションは多い)
  • 実戦では高高度を維持しミサイルの雨を降らせる戦術等に利用される


連動ミサイル

背部、武器腕のミサイルと(なぜか)オービットキャノンに連動して発射される。お互いの軌道の穴を埋めたり、判定を広げたり、時間差で攻撃したりとにかく便利なパーツ群。発射回数(=装弾数÷同時発射数)をよく考えて余らないようにしよう。
ハンドミサイルやコンテナミサイルには反応しない

CR-E73RM

自機のミサイル攻撃に連動し、自動発射を行うミサイル
メーカー クレスト
カテゴリ Relation missile
価格 22000
重量 130
消費EN 158
武装タイプ 実弾
攻撃力 780
装弾数 12
命中時熱量 3888
射程距離 500
同時発射数 4
発射間隔 95
弾単価 205
  • 最軽量&最低負荷。だが三発屋。
  • 瞬間火力が高い。垂れ流すのではなくきっちり当てていきたい


E02RM-GAR

連動型ミサイル発射装置、ミサイル攻撃にあわせて連動発射を行う
メーカー ミラージュ
カテゴリ Relation missile
価格 45000
重量 260
消費EN 180
武装タイプ 実弾
攻撃力 765
装弾数 24
命中時熱量 4064
射程距離 500
同時発射数 2
発射間隔 70
弾単価 220
  • 軽量&省エネ。連動による物量を長時間維持できる
  • 火力が低いが立ち回りの布石と割り切れば気にならない
  • 初期ミサやニンフと併せて使うと便利(擬似トリミサ)


CR-E84RM2

装弾数を増やし、より実戦向けに改修された連動ミサイル
メーカー クレスト
カテゴリ Relation missile
価格 58000
重量 331
消費EN 278
武装タイプ 実弾
攻撃力 780
装弾数 20
命中時熱量 3888
射程距離 450
同時発射数 4
発射間隔 105
弾単価 380
  • 性能の割に重め。
  • 山なり気味の弾道が装備を躊躇わせる。離れて撃とう


E06RM-GAR2

装弾数を増やしたGARの改修型
メーカー ミラージュ
カテゴリ Relation missile
価格 60000
重量 301
消費EN 206
武装タイプ 実弾
攻撃力 765
装弾数 28
命中時熱量 4064
射程距離 450
同時発射数 2
発射間隔 72
弾単価 220
  • 総火力が重量に釣り合っていないが、連動ミサイル最多の14もの発射回数を誇る。攪乱用に擬似鳥ミサする時に重宝する
  • 組み合わせるミサイルをよく考えないと余る
  • ミサイルの物量を長く持続させることができる便利なパーツ


CR-E92RM3

E84RM2の後継機、装弾数を優先させた長期戦型
メーカー クレスト
カテゴリ Relation missile
価格 70000
重量 399
消費EN 253
武装タイプ 実弾
攻撃力 765
装弾数 36
命中時熱量 4064
射程距離 450
同時発射数 4
発射間隔 88
弾単価 220
  • 通称36連動。9回撃てる。高い瞬間火力とまぁまぁの持続力で扱いやすい。
  • やや重いがそれと釣り合う火力
  • クレスト製なのだが、弾の性能はミラージュ製のものと同一。3系の同一デザインの物がミラージュ製だったので、その名残か?


CR-E96RMG

地上魚雷を採用したE84RM2の派生タイプ
メーカー クレスト
カテゴリ Relation missile
価格 38000
重量 405
消費EN 377
武装タイプ 実弾
攻撃力 780
装弾数 16
命中時熱量 3888
射程距離 400
同時発射数 2
発射間隔 120
弾単価 313
  • 総発射回数は8回。魚雷は一定距離を滑走後4発に分裂、最終的に計8発が目標へ向かう。
  • 分裂前の弾頭は僅かな段差にも引っかかってしまう。ちゃんと敵に飛んでいくか、不安定である事を考えると機体負荷は大きく、8回という発射回数も多いとは言えない。
  • 撒き方のコツさえつかめば優秀な削り武器として、そしてフロートキラーとして活躍する。オービットキャノンと合わせた削りは(うまく撒ければ)、対戦相手から すればいやらしいことこの上ない。
  • 背部兵装の地上魚雷を搭載するよりは、こちらの方がいいだろう。
  • ミサイル自体の誘導性はそこまで高くは無い。結果デコイの影響もそこまでは受け難い。


JIKYOH

垂直ミサイルを搭載し、命中精度を高めた新型連動ミサイル
メーカー キサラギ
カテゴリ Relation missile
価格 82900
重量 359
消費EN 327
武装タイプ 実弾
攻撃力 702
装弾数 20
命中時熱量 5103
射程距離 400
同時発射数 4
発射間隔 98
弾単価 285
  • 総発射回数は5回。障害物越しの攻撃に有用。
  • 背部の垂直ミサよりも最高到達高度は低い。併せて使うと時間差で着弾する。
  • 垂直発射式のため、他の連動ミサイルと違い発射時に軸を合わせなくても命中率は期待できる。ただし、相手が近寄ってくると当たりづらくなるのも他の垂直ミサイルと同じ。
  • 引き継ぎなしならライウン撃破報酬で入手。管理局強行偵察ライウン抹殺


FUNI

マイクロミサイルを搭載、威力よりも弾数を優先させた
メーカー キサラギ
カテゴリ Relation missile
価格 95600
重量 224
消費EN 425
武装タイプ 実弾
攻撃力 470
装弾数 40
命中時熱量 2205
射程距離 450
同時発射数 4
発射間隔 104
弾単価 315
  • 常時起動で肩や武器腕のマイクロと同時に打ち切れる。軽さも魅力。燃費がかさむが。
  • デュアル等と組み合わせると、同時に速度の違うミサイルを大量にばら撒ける。
  • E02RM-GARと同じような使い方が出来る。ストッピングパワーが低い分、けん制向き。
  • 弾数の多さからデコイや迎撃ミサ削りに有効。
  • 発電所侵入者排除で拾得



迎撃ミサイル

  • 迎撃率低いけどEN喰わないミサイル型と、迎撃率高いけどEN喰うレーザー型がある。
  • あくまでも保険と割り切るべし。デコイと違ってパージできるのが強み


CR-E81AM

敵ミサイルに反応し、迎撃用ミサイルを自動発射する
メーカー クレスト
カテゴリ Anti missile
価格 37700
重量 164
消費EN 130
迎撃タイプ 実弾
迎撃性能 54
装弾数 60
射程距離 300
発射間隔 10
弾単価 136

CR-E90AM2

ミサイルの迎撃性能を高めたE81AMの改修型
メーカー クレスト
カテゴリ Anti missile
価格 60900
重量 227
消費EN 164
迎撃タイプ 実弾
迎撃性能 60
装弾数 60
射程距離 330
発射間隔 10
弾単価 136

E07AM-MORAY

装弾数の多い、ミラージュ製の対ミサイル迎撃装置
メーカー ミラージュ
カテゴリ Anti missile
価格 69000
重量 312
消費EN 117
迎撃タイプ 実弾
迎撃性能 68
装弾数 72
射程距離 350
発射間隔 15
弾単価 160

SUIGETSU

レーザーを射出する、最新型ミサイル迎撃装置
メーカー キサラギ
カテゴリ Anti missile
価格 41200
重量 197
消費EN 412
迎撃タイプ エネルギー弾
迎撃性能 75
装弾数 42
射程距離 360
発射間隔 15
発射時消費EN 1450


ミサイルジャマー

  • ミサイルの誘導を妨害する。起動までタイムラグがあるためとても使いづらい。


RURI

敵ミサイルの誘導を妨害する電磁波発生装置
メーカー キサラギ
カテゴリ Missile counter
価格 39000
重量 85
消費EN 142
撹乱性能 82
撹乱有効距離 150
発動時消費EN 2213

RENGA

使用時の消費エネルギーを抑えたRURIの後継機
メーカー キサラギ
カテゴリ Missile counter
価格 52000
重量 294
消費EN 202
撹乱性能 80
撹乱有効距離 150
発動時消費EN 1774


追加弾倉

  • 従来の肩装備のものとは違い、自分で操作して装填する必要がある。
  • 武器の弾数が装填数分以上に減ってからにしないと無駄が出る。間違って使ってしまわないように注意。
  • 結構負荷が重い上、使用後はお荷物になるため積むならEXパージ可能なキーアサインにしたい


RYUHZU

右腕ライフル専用予備弾倉、36発×1セット搭載
メーカー キサラギ
カテゴリ Shell magazine
価格 20000
重量 219
消費EN 34
装填時増加弾数 36
装填可能回数 1
装填可能間隔 180
  • あくまでライフル用。スナイパーやリニアには使えない。


BYAKUE

右腕ライフル専用予備弾倉、24発×2セット搭載
メーカー キサラギ
カテゴリ Shell magazine
価格 30000
重量 288
消費EN 52
装填時増加弾数 24
装填可能回数 2
装填可能間隔 180
  • そもそも攻撃性能高くて総火力に不安を抱えるライフルがAA緑しかない。同武器にこれを合わせてしまうと折角の重量と機体負荷の軽さが台無しになってしまう


E01MG-ROE

右腕レーザーライフル専用予備弾倉、12発×1セット搭載
メーカー ミラージュ
カテゴリ EN magazine
価格 15400
重量 125
消費EN 281
装填時増加弾数 12
装填可能回数 1
装填可能間隔 180
  • レーザーライフルの総火力を補強する頼もしい奴...だが負荷がキツイ。とっととパージしてしまおう。
  • あくまでもレーザーライフル用。カラサワ等のハイレーザーライフルには使用できない。
  • ↓のROE2の半分の弾数でこの負荷はきついかも。


E05MG-ROE2

右腕レーザーライフル専用予備弾倉、12発×2セット搭載
メーカー ミラージュ
カテゴリ EN magazine
価格 21400
重量 245
消費EN 474
装填時増加弾数 12
装填可能回数 2
装填可能間隔 180
  • 連続しての補給はできない。12発撃つごとに補充してとっととパージしよう。
  • 軽澤の総火力を約1.66倍にするすごい奴。軽澤はこれを付けて完成系という人も



追加装甲

初心者は防御力の機体評価が上がるため付けたがるが、側面からの攻撃にしか効果がない。注意(乙「側面のみのシールドとはな」)
エンブレムが大きくプリントされるという特徴がある。

CR-E69SS

機体側面からの攻撃に対して、防御力を増強する追加装甲
メーカー クレスト
カテゴリ Side shield
価格 22000
重量 175
消費EN 4
実弾防御 77
エネルギー防御 18
有効範囲 50
断熱性能 183

CR-E82SS2

E69SSの後継機、実弾防御と断熱性能が大きく向上
メーカー クレスト
カテゴリ Side shield
価格 43800
重量 255
消費EN 6
実弾防御 138
エネルギー防御 23
有効範囲 42
断熱性能 411


ENMEI

EN消費を廃した追加装甲、広い有効範囲が特徴
メーカー キサラギ
カテゴリ Side shield
価格 49000
重量 264
消費EN 8
実弾防御 118
エネルギー防御 36
有効範囲 56
断熱性能 196
  • SLPからの新パーツ。AA追加装甲


E03S-TURBOT

使用時にエネルギー壁を展開、機体側面からの防御力を高める追加装甲
メーカー ミラージュ
カテゴリ Side shield
価格 36900
重量 132
消費EN 97
実弾防御 5
エネルギー防御 110
有効範囲 50
断熱性能 432
発動時消費EN 1270

IWATO

エネルギー弾に強い追加装甲、使用時のエネルギーがやや高い
メーカー キサラギ
カテゴリ Side shield
価格 52300
重量 188
消費EN 132
実弾防御 20
エネルギー防御 175
有効範囲 42
断熱性能 555
発動時消費EN 1515


EN回復装置

通称電池。様々な用途に利用されるがこれ自体の負荷が馬鹿に出来ない。使ったらとっととパージ

SAISUI

補助エネルギー装置、機体のエネルギーを回復させる
メーカー キサラギ
カテゴリ EN pack
価格 82000
重量 498
消費EN 54
チャージ量 42000
チャージタイム 120
発動可能回数 2
発動可能間隔 244
発動時発熱量 495
  • 発動回数は少ないが一回当たりの回復量に優れる。FUDOHのような大容量ジェネと相性がいい


JIREN

回復速度が速く、使用回数も多いSAISUIの改修機
メーカー キサラギ
カテゴリ EN pack
価格 115000
重量 412
消費EN 77
チャージ量 33000
チャージタイム 60
発動可能回数 3
発動可能間隔 220
発動時発熱量 680
  • 発動可能回数と重量効率でSAISUIに勝る。こちらが使われることの方が多い
  • 輸送部隊護衛Sランク報酬




コメント

名前:
コメント: