コア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コアパーツの役割

機体に搭載するパーツの大きさを左右するパーツで、防御にも深く関わります。
重量
パーツの重さ。機体の移動速度に影響する。
消費EN
パーツが常時消費するエネルギー量。EN回復速度に影響する。
コスト
パーツのコスト。機体全体のコストは、搭載パーツのコストの合計値となる。
AP
耐久値。機体全体の耐久値は、搭載パーツのAPの合計値となる。
KE防御
KE属性の攻撃に対する耐性。この値が大きいほどKE属性の攻撃によるダメージが減少する。
TE防御
TE属性の攻撃に対する耐性。この値が大きいほどTE属性の攻撃によるダメージが減少する。
熱排出量
リミッター解除時の熱量に影響する。
EN伝達率
チャージを行う武器のチャージ速度に影響する。
規格値
搭載可能なパーツの大きさ。規格値の範囲外のパーツは搭載できない。

オプションパーツ

ラジエータ
コアパーツの熱排出量を大きく引き上げますが、ジェネレータの規格値が低下します。
通常時のジェネレータ性能が大きく低下しますが、長時間のリミッター解除が可能で熱暴走からの復帰も早くなります。
追加リコン
リコンの搭載数が増えます。重量や消費ENも増えた分だけ増加します。尚、このオプションパーツはパージが可能です。
リコンは追加分から先に消費されます。
追加装甲
KE及びTE防御とAPを増加させます。重量や消費ENが増加し、熱排出量は低下します。
EN伝達回路
EN伝達率が増加しますが、チャージ時の消費ENも増加します。また、僅かに重量と消費ENも増加します。
サブジェネレータ
EN出力や容量が増加しますが、重量が増加します。