※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」レビュー(満足度:C)

クリア済み(エンディングが複数あると思われる。私は一番簡単なのをしました)

◆良い所

  • 難易度が低い。
レベル上げをしなくてもゲームオーバーになる事はない。

◆悪い所

  • タイトル画面前のオープニングムービーの字が小さくて読みづらい。
ゲーム内でも字が小さくて読みづらいのがあります。

  • 雑魚がやや強く、ボスがHP高いだけで弱い。
(このゲームの戦闘システムだと、HP高いだけの敵はカモ)

  • 戦闘システム
さっさと終わらせたかったら さっさと敵を倒す事もできるが、
倒し方によって4ランクに分かれており
高ランクなほど貴重なアイテムが手に入るシステムとグラスメルクシステムのせいで、
毎回なるべく高ランクで倒すようになる。結果的に戦闘のテンポが悪い。
それと、レーヴァテイルがいないと逃げるコマンドが使えない。
逃げるコマンドを使うと100%逃げれる。

  • メニュー画面が重い。
何度も見るメニュー画面なのに、重いので不便。
アイテム等も画像読み込みで重い。

  • メモリーカードから読み込むのが少し遅い。

◆感想

少し人を選ぶかも?
面白いとは思います。○○のアトリエ系が好きな人なら間違いなく楽しめるでしょう。

シャイニング・フォース ネオやジ・アビスをやった後だからか
戦闘のテンポが悪い。

ストーリーは並。

このゲームの音楽は高い評価を受けているようですが、
ボーカル付きの詩は聞いてて鬱です。
なんでこんなヘンテコなのをずっと聞かされなきゃいけないのかと。