※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アナログでいう「マスキング」をパソコン上で再現したもの。

要らない部分を一時的・便宜的に隠す。
逆に言えば、必要な部分だけを一時的・便宜的に表示するという事。

Photoshopでのみ使用可能だが、Paintmanでも選択範囲をマスク的に使用することはできる。

レイヤーマスク

メニューバー→レイヤー→レイヤーマスク、またはレイヤーパレットの逆日の丸みたいなボタンを押して作る。
レイヤーパレットの右側にマスクが作成され、マスク内の白い部分だけが表示され、黒い部分が消される。より複雑なマスクが作成可能。

グループ化

ソフトによっては「グループ化」の意味が全く違うので注意。
Photoshopでは簡易マスクとして使われる事もある。

メニューバー→レイヤー→下のレイヤーとグループ化、またはCtrl+Gでグループ化する。
下のレイヤーに描かれている内容の輪郭と同じ形を切り出して表示する。

クイックマスク

選択範囲の方が汎用性が高く、説明がめんどくさいので省略。
詳しくは各自調べてください。

選択範囲

選択範囲外は一時的に編集できなくなるため、マスクと同じように使うことができる。

Ctrl+レイヤーをクリックで選択範囲を作るためだけにつくられた画像(レイヤー)の事をマスクと言うこともある。