※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

絵画では、書写でいう「はらい」のほか、ペンや筆を紙につける際にも筆圧を調節して線の太さを変化させる技法が多く用いられ、それはアニメの作画においても例外ではない。
よく「線のメリハリ」などと表現される。


デジタルで描く場合は、ペンタブの筆圧感知を利用したり、起伏の無い線を消しゴムや背景色で削って再現する事が多い。
ベクター系のソフトの場合、頂点に入り・抜きの情報を記録して再現したり、線ではなく細長い面を使って絵を描くことがある。

ベクター画像で面を使って描いた「入り」を拡大したもの。

アニメの作画では鉛筆を使用しているため、で入りを再現する事は難しいが、できれば習得しておきたい。
Gペン(付けペン)の練習で有名なものに、以下のような線を延々とひくというものがあるので、参考に・・・なるのか?