※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作品の冒頭。
小説・マンガは最初の3ページ、映像作品なら最初の1分間で、観客はその作品を真面目に見るかどうか決めると言われ、大抵の作品では無理矢理でもインパクトのあるシーンや謎の提示を冒頭に置き、観客を惹きつけるのがセオリーとなっている。

しかし日本映画の巨匠黒澤明は『七人の侍』DVD版のインタビューにおいて、「ファーストシーンばっかり凝ってる映画は失敗する。何気なく映画の世界に入る方がいい」と言っていた。