|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

グランディアース年表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆遙か古の時代
ドゥル・コーネ・グランディアース(古く遠い大陸:DK)
Dur Kohne Grandiearth

錬金術から魔法の原型が出来上がり、数々のルーンが人の手によって初めて発見された時期。ドゥルコーネとも呼ばれる。
人間達の戦乱に満ちた古代世界。大体10000年続いたとされている。
人間と龍とエルフは相互間で全く関わりを持たずに独自の文明を築く。

ティウの紋章が「主」と「従」に分かれ、片方がモンスター(主にゴーレム)に引き継がれる習慣はこの時代の末期。
この戦の紋章が機能を停止して人間が徐々に平和を取り戻し、エルフや龍と交流するようになり、ティレ・ローシャン期に突入。

◆人間と龍とエルフの時代
ティレ・ローシャン・グランディアース
Tire Roshan Grandiearth(輝きの大陸:TR)

DKのほぼ一万年後。大陸の最盛期(?)
人間と龍とエルフの相互間交流が始まる。魔法文明の著しい発達。
「幻想魔天楼」の創世神話はこの時代がベースらしい。
こちらが「新訳神話」扱いならドゥル・コーネ期は「旧訳神話」

◆大地崩壊

TR.90000年。
この崩壊から大地を守るために力を使い果たした守護者の1人が行方不明に。
よってここで守護者が引退・代替わりし、守護者の役割もまた変化。
「見守る」から「護る」役割を果たすきっかけに。

世界四柱(エルハス、シゲル、ハガル、ティウ)が出現し、ヒト、エルフ、龍は上の世界へ。

◆ヒトに変化する獣や鳥達の時代
パランデ・ジャネワラン・グランディアース
Parande Janevaran Grandiearth (鳥と獣の大陸:PJ)

世界四柱出現後、大地に残ったモンスターと獣、鳥達が混血して繁栄した世界。
当時の大陸は円形だったらしい。外海はないが内海はある模様。
四柱もまだ視認可能な状態。
ヒトに憧れたモンスター達が自ら魔法で変身(進化)することによってその能力を得る。
進化して文明を手にした獣達によって暦が再発見された年がPJ.1年とされていて、大地崩壊からPJ.1年の間にはかなりの『暗黒時代』が存在する。

ティウの紋章が「双王」によって大地に還元されたのはPJ5023年。
彼ら双王による大陸統一国家が誕生し黄金時代を迎え、精霊界エレ・メタリアとの交流も行われるようになる。
「白き希望の剣」シェアナや「黒き革命の炎」カイゼル、「水の巫女」ピュラ・クセスが下の世界に初めてやってきたのもこの時期。

時代が経つにつれ、彼ら獣達で種族的に弱い者から、「獣」の姿を捨てて日常的に「ヒト」の姿を選び取る様になっていき、PJ.50000年頃にはほぼ「ヒト」への進化を完成させる。
今に至るこの大陸の全ての「ヒト」の祖先はこの時代の彼ら獣達が元の姿を捨て去る、あるいは忘れ去った者達。

◆大陸大分裂

PJ期の間徐々に溜まりつつあった大地の瘡気と、大地を護る「守護者」の戦いにより大陸に巨大な亀裂が生じ、七大陸(アイネカルラ、アルカネイア、グリフィクス、ラド、ヴァリシウス、チェイリ、ドュルク)に分裂。
この際に外海が誕生。

◆現代へ続く

▼LINKS