S68


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SBrowserPacket


C68への返答として、NEXONID絡みの認証等で使用。

Byte(Type);
String(URL);
switch(type)
{
  case 0:
  case 1:
    LongString(Message);
    break;
  case 4:
    Byte(WindowSize);
}

Type 応答タイプ。0=Unknown 1=外部ブラウザオープン要求 3=C68のType1(新規登録時) 4=Unknown 7=C68のType4(ログイン時)
URL 外部で開く、あるいは認証で使用するURL。認証URLの場合、GETクエリとしてmainCodeとsubCodeが必須。idとpwはTypeにより必須。
Message メッセージ(ダイアログで表示される)
WindowSize 不明

メモ

Type == 3のとき、クライアントは指定したURLに対して各%sをある方式で暗号化されたユーザ名とパスワードで置き換えてアクセスする。
アクセス先のURLが200で "1:" を返すと認証が通るようになっているらしい。
mainCodeはゲームタイトル、つまりこの場合アスガルドを指すと思われる7、subCodeはサーバID(セトアだと1)
例:
http://127.0.0.1:10080/confirmNazoUser?id=%s&pw=%s&mainCode=7&subCode=1