※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


参考

負荷テストにおけるアプローチ

  • 制御可能なテスト環境を構築する
  • 制御可能な負荷を生成できるようにする
  • テスト用端末やアプリケーション、負荷テスト・ツールからデータが収集できるようにする
  • 負荷の許容量の改善具合を追跡可能にする

負荷テストツール


パフォーマンスの監視対象

  1. あらゆるハードウェアの使用状況
    1. コンピュータ
      1. CPU使用率
      2. メモリ使用量
    2. ネットワーク・デバイス
      1. イントラネットとは接続しない
  2. J2EE関連
    1. サーブレット平均レスポンス
    2. スレッドプール使用率
    3. HTTPリクエスト数
    4. アクティブ・ユーザ数
    5. DBコネクションプール使用可能数
  3. SQLの平均時間(更新と検索)
  4. HTTPの平均レスポンス
  5. JVM関連
    1. ヒープ使用率
    2. ガベージコレクション(GC)状況