※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


雛苺「アリスゲームはじめるなのー!!」
真紅「唐突ね雛苺」
雛苺「ルールは簡単なのー!音楽に合わせて椅子の周りをグルグルまわるのー
    音楽が止まったら、一斉に椅子にすわるのー!あぶれた奴がジャンクなのー」
蒼星石「それって、単なる椅子取りゲームじゃ・・・ぐぶぉあ!」
雛苺「ぐだぐだ言う奴は放置して、アリスゲームスタートなのー!!」


×梅岡・薔薇水晶

梅岡「それじゃあ雛苺ー。歌ってみてくれー」
雛苺「(ガタ)でっかいおとこがやってくるー(略)野をこえ山こえ天城越え~」
梅岡「よーしいいぞ雛苺。雛苺は本当に歌が上手いなあ」
雛苺「えへへなのー」
梅岡「じゃあ次薔薇水晶。わかるとこだけでいいぞー」
薔薇水晶「(カ゛タ)テ゛ッタイ(カ゛タ)」
梅岡「おーけー」
JUM「あの・・・」
梅岡「立ってろ桜田ー」

その2
雛苺「・・・少しでも長持ちするようにと、しっかりしっかりわらを
    編んでいきました」
梅岡「はいそこまでー」
梅岡「じゃ、次薔薇水晶。わかるとこだけでいいから読んでー」
薔薇水晶「・・・・・・ワ・レ・ナ・ガ・ラ」
梅岡「・・・はい、じゃ次ー」
梅岡「桜木、今のところを薔薇水晶が言ったとこを抜かして読め」
JUM「え?」
JUM「いや、先生、別に普通に読めばいいんじゃ・・・」
梅岡「廊下に立ってろ」


巴「雛苺は、桜田君の事、好き?」
雛「ひな!ジュンのこと大好きなのぉ!!!」
巴「そう。じゃあ私のことは?」
雛「ともぇのことも大好きなのよぉ!!!」
巴「じゃあどっちが1番好き?」
雛「え・・・ひなぁ、いちばんなんて決められないのぉ・・・」
巴「どっち?」
雛「やぁ・・・やぁなの!巴ちょっと怖いの・・・」
巴「あ・・・変なこと聞いてごめんね、雛苺。お詫びにうにゅう買ってあげるから」
雛「わぁい!うにゅうが1番大好きなのぉー!!!」
巴「・・・・・。」


ノリ「ジュンくーん!みんなー!ご飯できたわよー!」
雛「わーい!今日のご飯はなんなのー?」





ノリ「ドーピングコンソメスープだ!」


J「ただいまー」
苺「あっ、ジュンなの。おかえりなのー」
J「お、雛苺か。ちょうどよk・・・じゃなくて、その・・・なんだ」
苺「ん・・・? ジュン変なのぉ。いつもと違うのー」
J「い、いや・・・ほ、ほらよ。いつも留守番ばっかで悪いな」
苺「う、うにゅーなのぉ! ひなの大好物なのー!!」

翠「あ、あーーー・・・・・!! な、なんてことをチビ人間っ! この私を差し置いて、
  あんなアンポンタンにお土産なんて・・・ぜ、絶対許せないですーー!!」


真紅様、翠星石様、うにゅー美味しゆうございました。
卵焼き、はなまるはんばーぐも美味しゆうございました。

JUM、のり様、ひやむぎ美味しゆうございました。
又いつも洗濯ありがとうございました。

 蒼星石、金糸雀、お気を煩わして大変申しわけありませんでした。

 巴さん、JUM君、のりさん、金糸雀さん、立派な人になって下さい。

 父上様、母上様。雛苺はもうすつかり疲れ切つてしまつて走れません。何卒お許し下さい。気が休まることもなく御苦労、御心配をお掛け致し申しわけありません。雛苺は父母上様の側で暮らしとうございました。

雛苺(2006/01/12)



巴「お嬢様っ・・・お嬢様!朝ですよ。起きてくださいっ」

雛苺「うにゅ~まだ眠いのー」

巴「ジュン様はもう屋敷の前を通りすぎてしまいましたよ?」

雛苺「それを早くいうのー!巴ぇー制服とってなのーっ!」

・・・

雛苺「それじゃぁいってきますなのー」

巴「ジュン君・・・」


雛苺「あー巴。ヒナに内緒でうにゅー食べたのー」

巴「お嬢様、私はそんなことしませんが・・・」

雛苺「うそなの、うそなのー!巴のお顔に大きなあんこの粒がついてるのー」

巴「お嬢様・・・これはホ・・」

雛苺「ずるいの、ずるいのー」

巴「申し訳ございません。すぐにお嬢様の分も買ってきます・・・」

雛苺「わーいなのー」