※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星「…あ、ちょっと待ちやがれです!」
JUM「え?何だ、こんな遅い時間に…。」
翠星「…ちょ、ちょっと晩飯作りすぎたですッ!食えねぇから少し食いやがれですッ!!!」
JUM「え?良いのか?助かったぁ、今日姉ちゃんバイトで居ないから出前頼もうとしてたんだよ。」
翠星「…え?じゃぁ今日は一人なんですか?私も今日は誰も居ないから…晩飯に付きやってやっても良いですよ。」
JUM「あ、じゃぁちょっと待ってろ!今軽く掃除するからな。」
翠星「は、はいです!!(ドキドキ)」
JUM「・・・・」
翠星「・・・・」
JUM「・・・・」
翠星「・・・・・ど、どうですか?」
JUM「美味いよ、この肉ジャガ!お前が味付けしたのか?」
翠星「・・そ、そうですぅッ!私の肉ジャガが食える何て幸せ者ですぅ!良く噛んで喰いやがれですぅ!!(////」
JUM「あぁわかったよ。」
翠星「全く料理作れないで出前頼もうとする事が情けないですぅ!・・・今日みたいな時はまた翠星石が飯持って来てやるしか無いですね~・・・」
JUM「え?良いのか?じゃぁまた来週この日良いか?」
翠星「・・・は、はいッ!ですぅ!(や、やった////)・・・ほら!喰いやがれですぅ!!私の思いをタケ込めてやったですよッ!!」
JUM「思い?」
翠星「なななななな何でも無いですぅ!!!早く喰えですぅ!!」
JUM「あぁ、頂くよ。」
翠星「・・・・・・♪(にこにこ」


担任「よーし席替えするぞー」
翠星石「まぁ~ったくめんどくさいですぅ(今度こそジュンの隣に・・・///)」
JUM「え~っと、12番12番っと」
翠星石「こっちですぅ!ここの席です!翠星石の隣ですよ!」
JUM「なんだお前の隣か しかも一番前・・」
翠星石「光栄に思いやがれですぅ(やったです・・・///)」

翠星石「後ろの席は蒼星石ですぅ」
蒼星石「ボソ) ジュン君の隣だね。嬉しいかい?翠星石」
翠星石「っ!?べ、べべべ別にジュンの隣になれたからって嬉しくもなんともないですぅ!」

JUM「なに内緒話してんだ?お前ら」
翠星石「ななななんでもないですぅ!!前向いてろですぅ!」


ピンポーン、笹塚運送ですー
翠星石「今行くですー」
配達員「桜田JUMさんにお届け物です ハンコお願いします」
翠星石「ほら、これでいいですか さっさと帰りやがれですぅ」

翠星石「ジュンのやつ、何を頼んだですか 気になるですぅ」

・ ・ ・ ・ ・

翠星石「ちょ、ちょっとくらいなら見てもかまわないだろうですぅ」
翠星石「す、翠星石とジュンの仲なんだし、ジュンもきっと怒らないですぅ(ドキドキ」

amazonのダンボールを開けるとエロDVD(苺みるく)がはいっていた

翠星石「きゃあーーーっ!!ななな、なんですかコレは!」
    「ジュンの奴、こんなもの注文してやがったですか!許さないですぅ!」

翠星石「まったく翠星石というものがありながら とんでもない変態です クーリングオフしてやるです」





JUM「笹塚ぁー僕のDVD知らないか?」

「次は数学かぁ…」
翠「そういえば宿題が出てたですぅ」
「えっ、まじで?!はぁ…忘れてた」
翠「まーったく、これだからおまえはチビなんですぅ」
「悪かったな…」
翠「で、でもど~~してもって言うなら見せてやらねぇこともねぇですぅ!」
「本当か?助かるよ!」
翠「こ、この礼はきっちりしてもらうですぅ」
「分かってるよ。…でも翠星石って優しいんだな」
翠「ば…な、なに言ってやがるですぅ!隣のチビが出来てなくて恥をかくのが嫌なだけですぅ!!」
「それでもさ、ありがとう」
翠「……(///////////)」

あえて名前いれなかった。ハァ━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━ン!!!!できたら自分の名前でも入れてくれ


×水銀燈

翠星石「あ、どうしたんですか~?」

JUM「いや、なんか目にゴミが入っちゃって・・・」

翠星石「しかたねぇですぅ、翠星石がとってやるですぅ・・・(眼鏡外すと可愛いですぅ・・///)」

水銀燈「・・・・(ギロリ)」

携帯<マッタ゛ーイワナーイテ゛

翠星石「あ、ちょっとメールですぅ。」

JUM「何だよ、着信まで僕と同じなのか。」

翠星石「た、たまたまですぅ・・・(/////)」

From:水銀燈(suiginto-black.1st-doll@rozen-.co.jp>
Title:ねぇねぇ
本文
ちょっとぉ、廊下でなさぁい・・・?



雛苺カテゴリ SS7からのリンク続編。
J「・・・ん? あ・・・あぁ!! 翠星石!?」
翠「な、なんなのです? 別に私は覗き見なんてしてn」
J「そ、そうだ! その・・おまえにも渡そうと思ってたものが・・・」
翠「・・・な、なな・・・そ、チビ人間ごときが私にプレゼントなんて100万年早いのですぅ!!」
J「なんだとお!? おまえなぁ、いつもいつもそうやって人の厚意を無駄にしやがってえ!!」
翠「こ・・・こここ、好意!?」
J「え? ・・・い、いやっ、別にそういう意味ではなk」
翠「そ、そういうわけなら別に・・・その、もらってやってもいいのですよ?」
J「なっ・・・、いや、まぁいいや。その・・・・ほらよ」
翠「これは・・・カップ?」
J「ああ。そ、その・・・真紅ばっかり自分用ってのも悪いかなと思ってさ」
翠「ジュン・・・」
キュッ
翠星石がジュンのシャツのすそを掴んだ。
翠「ぁ、・・・う、そのぉ・・・・・・」
J「・・・な、なんだ?」
翠「・・・・・ぁ、・・・その、ありがとですぅ」
消え入りそうな声で言うと、翠星石はしゃがんだジュンの胸に顔をうずめた。



×蒼星石+薔薇水晶
デパートにて

翠「たまには蒼星石もスカート履くです!」
蒼「でも・・・ぼくが着ても似合わないよ・・・」
翠「なに言ってやがるです!良いから履いてみるです!」
蒼「ちょ、翠星石っ」

試着中

蒼「着てみたけど・・・なんだかスースーする・・・」
翠「・・・可愛いです!それなら男に間違われないです!」
蒼「そうかな・・・ふふっ・・」


薔薇「・・・・オキャクサマ・・・試着ハ2分マデ・・・」