※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水銀燈「薔薇水晶&そこの人参きってくれるぅ?」
薔薇水晶「(こくり)」
トントントントントントン
薔薇水晶「痛っ・・・・・・」
水銀燈「あらぁ・・・指切っちゃったのぉ・・・?おばかさぁん&」
薔薇水晶「・・・」
水銀燈「血が出てるじゃなぁい・・・まったく・・・(ぱくっ)」
薔薇水晶「!!///(銀ねぇさまが・・・私の指を・・・)」
水銀燈「大丈夫・・・?」
薔薇水晶「///(こくこくこく)」


水「さあ・・・私の手料理よ・・・ありがたくいただきなさぁい・・・。」
皆「「いただきま~す」」
パク・・・
雛「・・・うえぇ~なの~」
金「これは流石に~・・・かしら・・・。」
翠「一体どうしたらこんな味になるですぅ!?」
水「え・・・やだ・・・どうして・・・?」
真「流石はジャンクね・・・(ふふ・・・私の仕業とも気付かずに・・・w)」
蒼「・・・どうしようか・・・。」
真「出前でも頼みましょう・・・仕方ないわ・・・。」
水「・・・・・・」
真「さっさと、片付けて頂戴・・・。」

水銀燈「・・・どうしてかしら・・・グス・・・。」
薔薇水晶「水銀燈・・・・・・。」
水銀燈「あら・・・薔薇水・・・、全部・・・食べたの・・・?」
薔薇水晶「・・・次は大丈夫・・・。また・・・作って・・・?」
水銀燈「薔薇水晶・・・・・・!」
ギュッ・・・
薔薇水晶「//////」


薔薇水晶「水銀燈・・・(トントン)」
水銀燈「なぁに・・・ばら・・・(ぷにゅっ)」
薔薇水晶「・・・・・・ひっかかった・・・・・・」
水銀燈「・・・・・・くだらない事しないで頂戴・・・。」
薔薇水晶「あ・・・。」
スタスタスタ
薔薇水晶「水・・・銀燈・・・」
水銀燈「・・・・・・」
薔薇水晶「(銀ねぇさま・・・怒った・・・)・・・あっ・・・!」
ズシャッ・・・
水銀燈「・・・ばかねぇ・・・転ぶなんて・・・。」
薔薇水晶「・・・・・・」
水銀燈「しょうがない娘・・・ほら・・・」
薔薇水晶「・・・・・・え・・・?」
水銀燈「さっさと立ちなさい・・・手・・・貸してあげるから・・・。」
薔薇水晶「・・・うん・・・ありがとう・・・。」


薔薇水晶「水銀燈・・・」
水銀燈「・・・すー・・・すー・・・。」
薔薇水晶「・・・・・・(銀ねぇさま・・・寝てる・・・)」
水銀燈「・・・・・・すやすや」
薔薇水晶「・・・・・・(キョロキョロ)誰も・・・いない・・・。」
(水銀燈の顔に自分の顔・・・更に言うなら水銀燈の唇に自分の唇を近づける)
薔薇水晶「・・・・・・(ドキドキ)///」
水銀燈「すー・・・すー・・・」
薔薇水晶「(ドキドキドキ)///」
パチ・・・
水銀燈「・・・あらぁ・・・薔薇水晶・・・何をしようとしてるのぉ・・・?」
薔薇水晶「!!!!//////」
ダダダダダダダダダ
水銀燈「いっちゃったぁ・・・。寝ている間に唇を奪おうとするなんて・・・大胆な娘ねぇ・・・うふふふ・・・w」


薔薇水晶「ケホッ・・・ケホッ・・・」
水銀燈「風邪をひくなんて&本当におばかさぁん&」
薔薇水晶「・・・・・・・・・ゴホッ・・・」
水銀燈「ほら・・・お粥よ。たべなさぁい・・・。」
薔薇水晶「あ・・・ありが・・・とう・・・。」
水銀燈「はい・・・あ~ん・・・。」
薔薇水晶「え・・・・・・」
水銀燈「何・・・?私に食べさせられるのは嫌なの?」
薔薇水晶「・・・ちが・・・う・・・。・・・・・・あ~ん・・・///」
水銀燈「ちゃぁんと、食べておきなさい・・・あ~ん」
薔薇水晶「あ~ん//////」

水銀燈「それじゃぁ、もう少ししたら・・・ねるのよ・・・?」
薔薇水晶「あ・・・水銀・・・燈・・・」
水銀燈「なぁに?」
薔薇水晶「・・・・・・・・・・・・・・・」
水銀燈「言いたい事があるなら・・・はっきり言いなさい。」
薔薇水晶「・・・・・・・・・・・・ケホッ・・・」
水銀燈「まったくしょうがない娘ね・・・」
薔薇水晶「水銀燈・・・。」
水銀燈「横にいてあげるから・・・さっさと寝なさい・・・。」
薔薇水晶「・・・うん・・・vおやすみ・・・水銀燈・・・。」
水銀燈「おやすみ」


水銀燈「髪が長いと、朝のお手入れが大変だわぁ・・・。」
薔薇水晶「・・・・・・・・・おはよう・・・」
水銀燈「おはよう・・・あらやだぁ・・・、ひどい寝癖ねぇ・・・。」
薔薇水晶「・・・濡らせば直る・・・」
水銀燈「だめよぅ・・・そんなのじゃ・・・。ちょっと来なさい・・・。」
薔薇水晶「あ・・・・・・」
水銀燈「こぉんなに綺麗な髪なんだから、ちゃんとしないと・・・。」
薔薇水晶「・・・(銀ねえさまが私の髪を・・・)・・・///」
水銀燈「あなたも女の子ならもう少し気を遣いなさぁい。」
薔薇水晶「・・・//////」
水銀燈「はい、できた・・・我ながら上出来だわぁ・・・。」
薔薇水晶「ありがとう・・・水銀燈・・・・・・v」
水銀燈「ほら・・・翠星石が呼んでるわ・・・朝食よ。ちょっと、真紅!私のヤクルト勝手に飲まないで!!」
薔薇水晶「・・・・・・(銀ねえさま&)//////」


薔薇水晶「寒い・・・・・・」
水銀燈「馬鹿ねぇ・・・いくら制服だからって、コートも着ずに来るからよ。」
薔薇水晶「・・・・・・」
水銀燈「家までもう少し・・・頑張りなさぁい・・・。」
薔薇水晶「・・・・・・(ブルブル)」
水銀燈「・・・本当に・・・しょうがないわねぇ・・・。」
ファサ・・・
薔薇水晶「・・・これ・・・」
水銀燈「私のコート・・・貸してあげるわぁ・・・少し大きいけど・・・。」
薔薇水晶「・・・でも・・・それだと・・・水銀燈が・・・」
水銀燈「そう思うなら、さっさと歩いて頂戴・・・。」
薔薇水晶「ありがとう・・・(銀ねえさまの匂いがする・・・)///」


水銀燈「・・・居間がやけに静かだけど・・・。」
真紅「どうやら・・・寝てしまったみたいだわ・・・私もそうするわ・・・。」
蒼星石「ちょっと真紅・・・!3人を部屋にはこぶの手伝ってよ・・・!」
翠星石「しゃーねーです。私たちで運んでやるかです・・・。水銀燈、薔薇水晶を頼むです。」
水銀燈「わかったわぁ・・・よいしょっと・・・。」

水銀燈「寝るのなら最初から部屋で寝てほしいものね・・・」
薔薇水晶「すーすー・・・ZZZZ」
水銀燈「ふふふ・・・可愛い寝顔ねぇ・・・v」
薔薇水晶「銀・・・ね・・・さま・・・」
水銀燈「あらぁ・・・寝言かしら・・・?」
薔薇水晶「・・・大好き・・・すーすー・・・ZZZZ」
水銀燈「一体どんな夢見てるのかしらぁ・・・ふふふ・・・v」

水銀燈「私もよ・・・おやすみ、薔薇水晶」


水銀燈と薔薇水晶は大の仲良し。
水銀燈は何度か薔薇水晶に恋愛相談を持ちかけ、先日晴れて水銀燈とジュンは恋人同士になりました。
しかし、 水銀燈はそれ以来ジュンにつきっきり。二人で居る時間は徐々に少なくなっていきました。

昼休み
薔「…あ、銀お姉ちゃん、一緒にお弁当……」
水「ジュンくぅ~ん! お弁当作って来たのぉ、一緒に食べましょぉ」
薔「……(邪魔しちゃ…、悪いよね……)」
薔薇水晶はそっと立ち去りました。

下校
薔「…銀お姉ちゃん……一緒に帰」
水「ジュン君、途中まで一緒に帰らなぁい?」
薔「……」
薔薇水晶は寂しそうな顔で二人の背中を見送りました。


最初は寂しさを我慢していた薔薇水晶でしたが、ある日、ついに寂しさに耐え切れず泣き出してしまいました。

薔「うぅ…桜田君が銀お姉ちゃんとったぁ~。ヒック…グスッ…」
水「ゴメンね薔薇水晶。あなたの寂しさに気づいてあげられなくて」
水銀燈は優しく薔薇水晶を抱きしめました。
薔薇水晶は、水銀燈の胸の中で沢山沢山泣きました。



色々あったけど、二人は大の仲良しです。


どうやらおやつを食べているようです

薔薇「♪~」
水銀「薔薇水晶、とんがりコーンを指にさしてはだめよぉ」
薔薇「♪~」
水銀「ゼリーは吸い出すんじゃなくて押し出してから食べないとはしたないわよぉ」
薔薇「♪~」
水銀「もぅ、ミルフイユを分解しないの!」

水銀「・・・楽しい?」
薔薇「うん♪銀ちゃんのリアクションが♪」


薇と水のほのぼの学園生活シリーズ
掃除の時間

水「掃除なんてかったるいわねぇ~」
おもむろにほうきを頭の上に乗せる薔薇水晶。
薔薇「・・・・・・・見てみて、枝毛・・・・・・」
水「うふふ。じゃあ私魔法使いのまねするわねぇ~」
ほうきにまたがり、教室を走り回る水銀燈。
水「あっ・・・そうだわぁ、これで野球でもしましょぉ」
薔薇「・・・・・・・・・じゃあ、ぞうきんをボールに・・・・・」
水「じゃあ私バッターするわねぇ。ほうきって便利ねぇ~」
薔薇「・・・・・・・・・ピッチャー・・薔薇水晶・・・いきます・・・・」
水「私の乳酸菌打法なら、必ずホームランだわぁ」

薔薇水晶が投げたぞうきんを打つ水銀燈。・・・・パリーン!!
水「やば・・・・。強く打ちすぎちゃったかしらぁ?」
薔薇「・・・・・・・・・いろいろな意味でアウト?・・・・・」

蒼「ちょっと二人とも!まじめにやってよ!窓まで割って・・・。全然はかどらないよ!」
水「・・・・・・・はぁい・・・ごめんなさい・・・・」
薔薇「・・・・・・・・・・・ごめん・・・・・・」

まじめな蒼星石には逆らえない二人なのでした・・・。でも三人とも仲良し・・・。


銀×薔:ふたりは○○!

DQN女1(以下D1)「アンタさー、いっつも黙ってばっかでマジキモイんだけど」
DQN女2(以下D2)「しかも梅岡から贔屓して貰ってるでしょ?」
薔「わたし・・・そんなつもりじゃ・・・」
DQN女3(以下D3)「うっせーんだよ!マジ黙れよ!」
薔(ビクッ!)
D3「そうやって男子にも媚びてんでしょ?」
D1「マジありえなくない?」
D2「ウチの彼氏も薔薇水晶の事が可愛いとかって言って、マジケンカになったんだけど?どう責任取ってくれるワケ?」
薔「そんな事言われても・・・」
D1「どうせ陰じゃなにヤッてんのかわかんないし」
D2「気弱な振りして、どんなやつにでも股開いてんでしょ?」
D3「調子に乗れないように可愛い顔に傷付けちゃおっか?」
薔「ヒッ・・・!」
D1「それマジ名案!」
D2「アンタ天才かも!トーダイ行けるよ、マジで!」
DQN女達は三人で薔薇水晶を取り囲み、D3がポケットからカッターを取り出す。
D2「アンタ普段からそんなのポケットに入れてるの?」
D1「マジ変質者みたいな?ぎゃははははははは!」
銀「ちょっと、五月蝿いわね」

D3「げ、水銀燈」
薔「・・・・・・」
D1「あ、あたし達が何してたって、アンタには関係ないでしょ!」
銀「確かに――でもね、そこの彼女は楽しんでるように見えないのよ」
D2「楽しんでるわよ!――ねぇ?薔薇水晶?」
薔「わ、わたしは・・・」
D3(楽しんでるって言えよ!脇腹カッターで刺すぞ)
銀「どうなのかしら?そこのあなた」
薔「わ、わたしは・・・楽しんで――」
梅「何やってるんだお前ら、もう授業が始まるぞ」
D1「ちっ!梅岡の野郎、邪魔しやがって」
梅「何だD1!聞こえてるぞ!」
D2「今から教室に戻る所ですー!」
D3(薔薇水晶、お前放課後残れよ)
梅「お前達も早く戻りなさい」
銀「はぁい」
薔「・・・はい」

べ「さて、放課後だ。今日は薔薇嬢が一段と元気が無かったな。銀嬢も薔薇嬢の事を気にしていたみたいだが、あの二人そんな仲だったか?」
笹「状況説明乙!」
梅「笹塚、ベジータ、廊下に立ってろ」
べ&笹「「・・・・・・」」

銀「あら?帰るのかしら――薔薇水晶?」
薔「水銀燈・・・うん、そうよ?」
銀「鞄を机に置いたままで?――なかなか見所のある不良っぷりね」
薔「なにが・・・言いたいの?」
銀「わたし、さっきの答えをまだ聞いてないのよ?」
薔「・・・・・・」
銀「あなた、あぁんな奴等とつるんでて楽しいワケ?」
薔「・・・あなたには・・・関係ない事」
銀「そうね。そうかもしれないわね」
薔「分かったら――口を出さないで!」
銀「あら、こわぁい。そんな顔も出来るのねぇ」
薔「・・・・・・」
銀「わたしね、自分の気に入った玩具を人に弄り回されるのってだぁいっ嫌いなの」
薔「わたしを・・・玩具扱いするつもりなの?」
銀「あら?今更わたしに玩具扱いされた所で何が変わると言うの?あいつらにいいように玩具扱いされてるくせに」
薔「・・・・・・」
銀「わたしね、人形には人形なりの意志ってあってもいいと思っているの」
薔「人形の・・・意志?」
銀「持ち主を選ぶ権利は人形にもあると思うわぁ」
薔「・・・・・・」
銀「あなた、わたしのお人形さんになりなさいな」

D1「ったく、薔薇水晶のやつおせーな」
D2「まさか梅岡にちくったんじゃねーの?」
D3「そりゃないっしょ?あたしが散々脅してやったんだし」
D1「そもそもあいつにそんな度胸ねーっつーの!」
三人「ぎゃははははははは」

銀「相変わらず下品な声で笑う豚どもね」
D1「てめぇ!水銀燈!」
D2「てめえには関係無いっていっただろ!」
D3「薔薇水晶はどうしたんだよ!?」
銀「薔薇水晶も一緒にいるわよ?――ほら、でてらっしゃい」
薔「・・・・・・」
銀「薔薇水晶が今からあなた達に言いたい事があるんだってぇ。耳かっぽじってよぉく聞きなさぁい」
三人「どういうつもりだ、薔薇水晶!」
薔「・・・わたし、もうあなた達とは関係ないから・・・」
D1「テメェ!自分が何言ってんのか分かってるのか!コラ!」
銀「そういう事だから、薔薇水晶には今後一切手を出さないでねぇ」
D3「いくら水銀燈だからって勝手な事してんじゃねえよ!」
銀「五月蝿いわねぇ。おうちに帰ってピザでも食べてればぁ?このデブ」
D3「水銀燈・・・ヌッコロス!」
銀「いいわよ!三人まとめてかかってらっしゃぁい!」
D1「いくぞ!喰らえ!JSアタック!」

D1「馬鹿な・・・D2を踏み台にするとは・・・ガクリ」
銀「すっきりした。さ、行きましょう薔薇水晶」
薔「はい・・・銀姉様・・・」
銀「なぁに、それ?・・・ふふっ、気に入ったわぁ」

二人は肩を並べて歩いていきましたとさ。
おわり。

べ「最近、黒い三連星を見ないんだが・・・」
笹「誰かにこてんぱんにシメられたらしいよ?」
べ「何だと!?あの三人を倒したやつがいるのか!」


薔薇っちとげんしけんの仲間達『オタク訪問』


げんしけん部室


斑目「え~~、突然ですが明日から一二週間程部室が使えなくなりました・・・。」

一同『えぇ~~~~!!??』

笹原「マジっすかそれ!?」
荻上「困りましたね。」
高坂「だねぇ。」
田中「俺達、何もしてないぞ??」
咲「ちょっと待て・・・・何で私を見る?!私は何もしてないぞ!?」
大野「・・・・ま、まあ咲さん前例ありますし・・・あはは・・。」
咲「やっとら~ん!!ボヤ騒ぎの事は謝ったしょ!」
薔薇「???・・・・どゆこと?」
笹原「うん、去年ちょっと色々とあったんだ。」
薔薇「・・・・・ふむむ。」
斑目「まあ、安心してくれ。今回は部室使用停止ではな~い。」
薔薇「・・・・じゃ・・・・何~?」

薔薇っちとげんしけんの仲間達『オタク訪問』

斑目「工事だ。」
荻上「はあ・・・工事。」
久我山「そ、そんな話聞いててたか?」
笹原「いえ、まったく。」
咲「何だ、やっぱ私関係ないじゃん。・・・・大野ぉ~~??」
大野「あうぅ~~~。」
斑目「とにかく突然だったのよ。いきなり呼び出されて『電気と水道工事で部室使えません』だからな。」
田中「きっついな~それ。」
久我山「に、荷物持ち出しできんな、それじゃ。」
大野「あっ!でもそれじゃ今回も『アレ』ですね♪」
咲「無視するな大野~~・・・ってまた『アレ』すんの!?」
斑目「まあ・・・自然とそうなるね・・。」
薔薇「・・・・うぃ?・・・『アレ』??」
荻上「何ですか・・・『アレ』って?」


咲「『オタク』訪問だ。」


薔「…甲子園に行く」
水「…突然どうしたのぉ?」
薔「…汗と涙と泥にまみれたユニフォーム…照りつける太陽」
水「でも…女の子は出場できな…」
薔「!!……グスッ…エグッ」
水「…な、泣かないで…じゃ、野球部のマネージャーになったら?」
薔「…なる!」

水「…というわけなんだけど」
野球部員「…マネージャーは足りてるんだ」
薔「…うう…(泣)」
水「……じゃ、吹奏楽部は?選手達と一緒に戦うのよぉ!」
薔「…半年前、退部した(泣)」
水「…」

水「……じゃ今度、タイガース戦に行きましょう」
薔「…うん…グスッ」


次ページ作らないと