※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~休み時間~
蒼「翠星石も少しは大人になりなよ」
翠「…分かったです」
蒼「えっ?翠星石?」
翠「バタッ」
蒼「翠星石!?翠星石!?」
ジ「ん?どうしたんだ蒼星石?」
蒼「すっ翠星石がいきなり倒れたんだ」
ジ「ヒドイ熱じゃないか、早く保健室に運ぼう」
蒼「う、うん」
 
~保健室~
ジ「あれ?先生いないのかな」
蒼「とりあえずベットに寝かせよう」
翠「ハァハァ……」
 
キーンコーンカー……
ジ「授業終わったね」
蒼「そうだね」
ジ「蒼星石が授業サボるの初めてだね」
蒼「仕方ないよ翠星石がこんな状態だもの」
ジ「それにしても蒼星石とこうして二人きりで話すのって久しぶりだね」
蒼「いつも真紅達が一緒だったからね…あっ真紅達にも翠星石のこと教えないと」
ジ「僕が行ってくるよ蒼星石頼むね」
蒼「ありがとう、ジュン君」
 
~放課後~
雛「苦しそうなの」
金「カナは風邪をひいたことはないかしら」
真「馬鹿は風邪をひかないって言うのだわ」
金「そんなの迷信かしら、毎日ケンコーに気を付けてるからかしら」
真「健康も変換できてないじゃない」
金「兼好くらい出来るかしら」
雛「間違えてるの~」
金「策士の策にはまったかしら、今のは雛苺の言語能力を確かめたのかしら」
真「見苦しいわよ、金糸雀」
ジ「うるさい!!」
真・雛・金「!!」
ジ「少しは翠星石のことも考えろよ」
雛「うにゅ~」
金「悪かったかしら」
真「仕方ないわね、帰るわよ雛苺」
雛「了解なの」
真「邪魔したわね、早く元気になるのよ翠星石」
バタン
ジ「あいつも素直じゃないな」
蒼「大変だねジュン君も」
ジ「そろそろ帰るか」
蒼「今日はありがとうジュン君」
ジ「翠星石を送っていくよ」
蒼「そんな悪いよ」
ジ「大丈夫だよ、行こう」
蒼「う、うん」
バタン
 
金「忘れられてるかしら(T_T)」
 
金「ピッピチカートなっ泣いてなんかいないかしら、早く帰ってみっちゃんの玉子焼きでもかしら」
 
~帰り道~
ジ「こっち?」
蒼「違うよもう一本先の所を左だよ」
ジ「蒼星石の家に行くのは初めてだからな」
蒼「そうだね、いつも僕達がジュン君の家にお邪魔させてもらってるからね、えっ?」
ジ「どうかした?」
蒼「いや、なんかしせ……」
翠「ジー……」
ジ「しせ?」
蒼「ふふっ何でもないよ僕の気のせいみたい」
ジ「?ならいいけど」
蒼「そうだ、翠星石の為に今晩は体にいい料理にしなくちゃ、ゴメンねジュン君僕、買い物をしてから帰るから翠星石をお願い」
ジ「まかされても、俺、蒼星石の家の場所が…」
蒼「あれ?翠星石が起きたみたいだよ」
ジ「えっ?」
翠(蒼星石余計なお世話です)
ジ「翠星石?」
翠「チビ人間におんぶされるなんて最悪です」
ジ「あのな、人が親切にしてるのにその言い方はないだろ」
蒼「そうだよ翠星石、と言うわけでジュン君頼んだよ」
翠「あっ(待ちやがれです)」
 
~翠星石の家まで約300m~
ジ「行っちゃった、翠星石次はどっちに行けばいい?」
翠「…ぎ…」
ジ「えっ?ゴメン聞こえなかった」
翠「……です…」
ジ「ん~そうだ何か飲まないか?さっき公園があったから行こ?」
翠(情けねーです)
 
~公園~
ジ「ちょっと待っててジュース買ってくるから」
 
ジ「はい、ポカリ」
翠「ゴクッゴクッ、落ち着いたです」
ジ「そろそろ行こうか?外にずっといたら余計に悪くなるから」
翠「余ったからやるです」
ジ「いいのか?」
翠「さっさと飲んで帰るです」
ジ「分かったよ…ゴクッ」
翠「ジー……(かっ間接キスです///)」
ジ「何だ?飲みたいのか?なら言えよ、ほい」
翠「ゴクッ(///)」
ジ「翠星石?さっきより顔が赤くなってきたぞ大丈夫か?」
翠「平気…です」
ジ「けど、これ以上いたらヤバいな、捕まれ」
翠「仕方ねーです」
 
~翠星石の家まで約320m~
ジ「急がないとな」
翠「チビ人間…ゆっくり歩けで…す」
ジ「ゴメンゴメン」
 
ジ「ここがさっきの場所だよな?次はどっち?」
翠「み……左です」
ジ「左だね?」
翠(もう少しこのまま…)
 
ジ「次は……翠星石?寝ちゃった」
蒼「あれ?ジュン君どうしてここに?」
ジ「どうしてって翠星石の言う通りに来ただけだけど…」
蒼「たぶん風邪で道を間違えたと思うよ、ふふっ」
 
~到着~
蒼「今日はありがとうジュン君」
ジ「気にしなくていいよ、また明日学校でね」
 
蒼「わざとでしょ?」
翠「…何のことです?」
蒼「今回は特別だからね、いくら翠星石でもこのことは譲れないよ」
翠「私の方が一歩リードしてるです、蒼星石には負けねーです」
 
~Fin~