※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水「切ないわぁ」
水「どうしてジュンのことを考えるとこんなに胸が苦しいのかしら」
くん「それは恋煩というやつでは?」
水「くんくん・・・」
くん「ジュンくんに恋をしているんじゃないか?」
水「そうねぇ」
水「そうかもしれないわねぇ」

水「ジュンは本当のところ私のことどう見てるんだろぉ?」
く「メールしてみればいいと思うお」
水「そうねぇ。さりげなく聞いてみましょう」

to:ジュン
from:水銀燈
title:やっほぉ♪
本文:いきなりメールしてごめんねぇ。
あのね、ジュンって気になってる人とかっている?

く「さりげなくないおw」
水「…失敗したかしら?」

水「メールは失敗ねぇ…」
く「じゃあ、ジュン君の友達にきいてみるといいと思うお」
水「そうねぇ。そうしてみましょう」

ベ「なに?普段のジュンの様子を教えろ?そんなもの知らん。俺はいつも蒼タソのことにしか神経をまわしていないものでな!」

水「うまくいかないものねぇ」
く「聞いた相手が悪いと思うおw」

水「でもジュンは他の子にもモテモテですものねぇ。ライバルが多いわぁ」
く「じゃあ、他のドールたちに話を聞きにいくおww」

真「なに?ジュンの事をどう思ってるかですって?決まってるじゃない。忠実な奴隷人ぎy…もといパートナーよ」

水「…恋愛対象じゃないのかしら…?」
く「さぁ、つぎにいくおwww」

水「次は誰にしましょうかぁ?」
く「雛苺がいいおw」

雛「えー?ジュンのこと?うにゅ~~もちろん雛はジュンだ~いすきなのー!あ、でもうにゅうの方がもっとだいすきなのー!!」

水「…聞く相手が間違ってるんじゃなぁい?」
く「雛苺テラモエス」

水「さてお次はぁだれにする~?」
く「僕は神山満g……ゲフンゲフン、蒼星石タンにするおww」

蒼「え?僕がジュン君の事をどう思ってるかって?そりゃ大事な友達じゃないか。…なに?異性として?……そっ…そんなこと考えたこともないよっ!(タッタッタッタッ…)」

水「…行っちゃったぁ」
く「初々しい反応なかなかいいジャマイカ」

水「つぎはぁ~…翠星石に聞いてみましょう」
く「うはwwww翠星石キタコレwwww」
水「…」

翠「なんですって?あのチビ人間の事?決まってるじゃないですかぁ!からかい甲斐のあるおもちゃなのですぅ!…べっ…別に好きとかそういうんじゃないんですっ!」

水「ふぅん…。そーっかぁ…」
く「ツンデレ可愛いよツンデレw」

水「ねぇ~くんくん。情報収集は(マンドイから)そろそろやめて、次のステップに行きましょうよぉ」
く「わかったお。じゃあ次はライバルたちの使用済みパンツを持ってくるんだおw」
水「パンツ………って、何で私がそんな下着ドロみたいな事しなきゃならないのよぉ…」
く「それは…『女の人は愛する人のことを考えるとパンツが濡れてしまう(参考文献:女子大生家庭教師濱中アイ)』からだおw物的証拠をあつめるおwww」
水「なるほどぉ!流石くんくんね!わかった、あつめてくるわぁ(タッタッタ…)」
く「うはwwww楽しみだおwwww」

水「くんくん~持ってきたわよぉ~。パンツ」
く「うはwwwww誰のだおwwww?」
水「雛苺よぉ~」
く「雛苺キタコレ」
水「濡れてないところを見ると彼女はジュンの事好きではないみたいねぇ…」
く「OKわかったお。取りあえず次のエモノを確保だおwww」
水「わかったわぁ。…で、雛苺のパンツはどうするのぉ?」
く「僕が保存するおwwwwww」

水「くんくん~。また持ってきたわよぉ……って…雛苺のパンツかぶって何してるのぉ?」
く「な…なんでもないお……変態仮面ごっこだお…」
水「…」
く「で、今度は誰のだおwwwwもしや神山満g」
水「今度は海苔のよ」
く「メガネ可愛いよメガネ」
水「これも濡れてないわねぇ」
く「近親相姦イクナイお」
水「ねぇくんくん…あなたの参考にした文献(濱中アイ)って信用できるのぉ?」
く「気にしちゃいけないおwそのパンツを僕に渡して早く次のパンチュを持ってくるおwwww」
水「捕まらなければいいんだけどぉ…(タッタッタ)」
く「メガネっ娘のパンチュwwwwwwっうぇっうぇっwwwwいいにおいだおwwwww」

水「ふぅ…こんなこといつまでも続けてちゃいけないわねぇ…。くんくんは最近なんかおかしいしぃ…」
J「おい、水銀燈じゃないか。どうしたんだ?道の真ん中で呆けて…」
水「あ!ジュン…!…いやその…なんでもない」
水(やだ…ジュンの事考えると…パ…パンツが…)
J「おい、大丈夫か?顔赤いぞ」